MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガの考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・のマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

キングダム 455話 ネタバレ ※新着情報随時更新

      2016/12/19

 キングダム 455話 ネタバレ 確定

 

キングダム 最新 455話 ネタバレ 新着情報

 

『主攻なる助攻』
飛信隊がいくつかの隊に分かれる
テンと信が別々の隊になる

キングダム 455話 確定ネタバレ

岸沿いにいる飛信隊

 


「後で会おうぞ!!」

テン
「うん!向こう岸で」

緊張している渕の姿


「渕さん!!」

ビクッっとする渕が信の方へ振り向くと
そこには目を合わせる信と渕がいた。


「オレ達の力、趙の奴らに
見せつけてやろうぜ!」

笑いながら拳を突き出す信


「存分に!!」

少し緊張しながらも興奮気味な表情で拳を突き出す渕

渕と別れる信

飛信隊は信、テン、渕の3隊に別れて行動する事に

 

趙軍:馬呈サイド


向こう岸を見ている馬呈達

趙軍
「将軍!!」

馬呈
「ああ、戦る気のようだな
クソバカ共が
一人残らず、沈めてやる」


飛信隊サイド

この作戦に至った経緯の説明が入る

ナレーション
(手がかりは・・・
昨日、斥候に出たキョウカイだった

キョウカイ達は昨日、
川を馬で渡って進んでいる

つまり川のどこかに足が届く浅瀬が
対岸まで続く場所がある

案の定、岐鮑に見てもらったら
それらしい場所が【二つ】あった

無論、この二カ所に兵を集中して
渡河(とか)を企る

まずは浅瀬の広い中央
ここにヒヒョウ・カクビ兵ら

屈強な兵士を集結させ
大戦力とする

率いるのは隊長 信)

【テン回想】

テン
「だが信達が進む先は・・・
凹地になっている」


「凹地!?」


「?」

テン
「凹地、上から見たくぼ地のことで
ここを攻めたら対岸全てから
集中砲火を浴びてしまう

川底の道がつながる先が
ちょうど、凹地なんだ

だから当然・・・
敵からは格好の矢の的


この凹地を行く作戦は・・・
下策中の下策・・・」


「!?」

テン
「信の隊が凹地を進軍して
注意をそらした所で・・・

もう一方の隊・・・私率いる隊が・・・
もう一つの道を進軍していく

今度は凸地の所を目指して進む

だがこの凸地は狭いため
大群が遅れない・・・
上陸戦では不安がある

だから、少数精鋭で挑む」

テンサイド~主攻側~

向こう岸を見ているテン

テン
「・・・」

飛信隊
「カリョウテン!!
こっちの配置は出来たぞ!!」


【信サイド~助攻側~】


飛信隊の甲冑同士が当たり
ガンガンと響く

ガロ
「るっせーな」


「根性ッッ!!
見せろよてめぇら!!」

信を筆頭に川に入っていく飛信隊


「っくぞォォ!!」

飛信隊
「ヌオオオ!!」

すぐに趙軍が無数の矢を放ってくる

飛信隊
「!!」


「来たぞォー!!」


【馬呈サイド】

馬呈
「ほーう、川底の道に気付いたか
だがあいにくそこは
凹地なんだよなァ・・・」

劉冬の言葉を思い返す馬呈

劉冬
【もし川底の道に気付く奴らなら
凹地を『助攻』に使う
本命は右の凸地を狙う部隊だ】

馬呈
(おっかねェな、劉冬
全部、お前の言葉通りだ)

馬呈
「行くぞ!!敵の主攻部隊の頭を
岸で叩き割る!!」

趙軍
「オオ!!」

馬呈達は信達の川沿いから
テン達がいる川沿いに移動し始める

だがテンは・・・この事を読んでいた

【テンの回想】


テンが川沿いの地図を広げ
信達に攻略の説明をしている

テン
「そして・・・ここからが問題だ」

一同
「!?」


「ここから!?」

テン
「きっと・・・この2手じゃ
この川は攻略出来ない」


「なっ、何っ!?」

テン
「3手目
この川には勝負のカギを握る
【3つ目の場所】がある」


「!?渡れるのか!?」


「でも、先程は2つしかないと・・・」

テン
「・・・そこは浅瀬じゃない
むしろ全くの真逆・・・

もっと上流の方にある激流で、
深く、対岸も絶壁の場所」

一同
「!?」

テン
「だがそれゆえに、敵もいない」
キングダム 455 ネタバレ 確定 キングダム 455話 ネタバレ 確定 感想 予想 最新 キングダム 456 ネタバレ 確定 キングダム 456話 ネタバレ 確定


渕サイド


テンが言った3つ目の場所は・・・
川の流れが激しい場所だった

その場所に到着した渕達
流れが激しすぎて絶句する

前回、テンと一緒に川を調べた【岐鮑】
空は泳ぎも得意ということで川に入る

激しい激流の中を泳いで行き、
なんとか対岸まで到達する

岐鮑がロープを対岸沿いに繋げた
これに掴まり渕達は渡ることができる

だが、臆してしまう渕達

一同
「こんなものがあったとしても
この流れに入るのは
間違いなく自殺行為だ」

渕&一同
「・・・(汗」

冷や汗が出て、生唾を飲む一同
意を決して渕が前に出る


「よ・・・よし、行くぞ」

土南(どなん)
「おっ、お待ちを副長!!」


「!?」

土南
「まずは私が・・・
あの男(岐鮑)程ではありませんが
私も泳ぎが得意です」


「土南!?」


ロープを掴みながら川に入っていく土南
だが腰ぐらいまで川に入った瞬間、
足を水にとられ流されそうになる


「土南ッ!!」

土南
「だっ、大丈夫です!!」

何とか両手でロープにしがみつく土南

土南
「ぐっ」

土南
(な、何だこの・・・流れは・・・)

川の流れが強すぎてロープから
片手を離してしまう土南

土南
「ぐっ!!」

一同
「ああっ!!」


「いっ、一度戻れ!!土南」

土南
「うっ・・・ブッ・・・」

土南の顔が水に浸かってしまう


「戻れ!!土南!!」

一同
「土南っ!!」

必死に水から顔を出す土南

土南
「ボァ!!ボァ!!副ちょ!!ブッ!!
ここは・・・無・・・ゴボッッ!!」


「土南!!」

次の瞬間、土南がロープから
手を離してしまう

一同
「あっ!!」

土南の姿が見えなくなる
絶句している一同


「土・・・南・・・」

飛信隊
「じ・・・十歩も進まずに土南が・・・
こ・・・ここを本当に渡るんですか・・・
・・・・・・副長・・・・・・」


「・・・・・・・・・(汗」


(足が・・・)

足がすくんで動けない渕

その時、急に川の色が
赤く染まっていく

一同
「かっ・・・川が赤く・・・
上流の方からだ!!」


「!?これは・・・全部血だ・・・」

一同
「!?」


「上流で戦っている仲間達の・・・
信殿達の血だ!!」

一同
「!?」


「っ・・・川如きにひるむなっ!!

ここのために仲間達は
血を流しているのだ!!

私に続けっ!!
ここに飛信隊の橋をかけるぞ!!」

一同
「オオ!!」

川に入っていく渕達

【随時、追加更新】

煽り
「人をも寄せ付けぬ激流を目前に
決意を固める渕さん!!
飛信隊の勝利は彼の双肩に懸かる!!」



 

 - ・キングダム