MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

TOP_kari

マギ 326話ネタバレ画バレ&327話最新情報 Magi

      2016/11/04

マギ ネタバレ一覧はこちら

マギ 326話 ネタバレ&327話最新情報マギ   画バレ 確定 最新話 速報

マギ 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

・マギ最新326話確定ネタバレ画バレ
・327話ネタバレ画バレはこちら

前回!!

ソロモン「俺ももう疲れた。俺は王になりたくなかった、静かに本を読んで暮らそう。後はシンドバッドに任せよう」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-5

シンドバッド「さぁ、世界を作り変えようか」

ユナン「どうなると思う?」

アリババ「分からないでも感じるだろう?この世界はもう、以前とは違う」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-6

マギ 325話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

アリババ「モルジアナに振られた・・・」

アラジン「・・・んっつ??」

マギ ネタバレ 326話327話 最新-1.png

マギ 326話 ネタバレ 最新 確定

『強烈な違和感』

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20326e8a9b1327e8a9b120e69c80e696b0-2

「世界の頂点(シンドバッド)が見据えるその【先】の世界へ」

天山山脈
「一見、穏やかな世界だが2人のマギは、とある懸念を・・・」

ユナン
「この景色・・・一見なんの変哲もないけど・・・」

アラジン
「【世界の穴】が広がった跡がある」

ユナン
「でも、穴はまた塞がっている
イルイラーが降りてくる心配は無いみたいだね・・・」

その時、一瞬グラッとするユナン

マギ ネタバレ 326話327話 最新-4.png

アラジン
「どうしたの?ユナンお兄さん」

ユナン
「・・・?」

ユナンもよく分からない様子だが・・・

スポンサーリンク

ユナン
「いや、なんでもないよ」

アラジン
「大怪我した後だから、無理しないでね」

ユナン
「ありがとう、アラジン。僕は一度谷へ戻るね」

アラジン
「送っていくよ」

ユナン
「大丈夫だよ」

アラジン
「うん、僕は煌帝国へ帰るよ」

煌帝国

アラジンが転移魔法で部屋の中に入ってくる

アラジン
「ただいま~」

その時、横になっているジュダルに
アラジンが頭をぶつけてしまう

アラジン
「ジュ、ジュダルくん!?」

マギ ネタバレ 326話327話 最新-3.png

驚いているアラジン

アラジン
「ジュダルくん・・・」

ジュダル
「おい、白龍
誰だよこの馴れ馴れしい野郎は?
このルフの気配はまさか・・・」

白龍
「アラジン殿だ」

モルジアナ
「アラジン、お帰りなさい」

ジュダル
「ええ!? なんで急にデカくなってんだよ!
キモチワリー!」

アラジン
「・・・(怒」

座って話始める

アリババ
「で、アラジンどうだった? 天山山脈は?」

白龍
「天山山脈?」

アラジン
「うん、つい先日魔法使い達は一斉に違和感を感じた
でもそれがなんなのか分からなかった」

紅玉
「同じ頃、天山山脈の空に一瞬
強い光が走ったという報告を受けたわぁ」

アリババ
「それでアラジンとユナンさんが見に行ってくれたんだ」

モルジアナ
「どうでしたか?アラジン」

アラジン
「それがよく分からないんだ」

モルジアナ
「分からない?」

アラジン
「でも感じる・・・機能までとは世界の景色が
変わってしまったような・・・強烈な違和感を・・・」

空気が張り詰めて神妙な顔になるアリババ達

ジュダル
「俺は何も感じねーけどな」

白龍
「お前それでも魔法使いか?」

ジュダル
「ウルセー!」

アラジン
「とにかく当初心配していたマグノシュタットの時のような
異変は今の所なしだよ」

アリババ
「そうか・・・良かった」

紅玉
「・・・」

何か考えている紅玉

アリババ
「紅玉?紅玉!」

紅玉
「え?」

アリババ
「どうした、元気ねーな」

紅玉
「ええ・・・ごめんなさいなんだか考えちゃって
【国際同盟】を離脱するって言ったこと
理事会を予想以上に混乱させてしまったし
本当にこれで良かったのかしらぁ?
今更、不安になってきたわぁ」

アリババ
「その事か、大丈夫だ!お前の独断じゃねぇだろ?
煌帝国の皆でたくさん話し合ってたの俺は見ていたぜ」

紅玉
「ええ」

アリババ
「それに、レームや鬼倭国も賛同してくれているんだろ?
自身持てよ!」

紅玉
「ありがとう、アリババちゃん」

明るい顔になる紅玉

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20326e8a9b1327e8a9b120e69c80e696b0-21

 

1 2

 - ・マギ