MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

TOP_kari

マギ 325話ネタバレ画バレ&326話最新情報 Magi

      2016/11/17

マギ ネタバレ一覧はこちら

マギ 325話 ネタバレ&326話最新情報マギ   画バレ 確定 最新話 速報

マギ 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

・マギ最新325話確定ネタバレ画バレ
・326話ネタバレ画バレはこちら

前回!!

ウーゴ「おかしいなあ。俺の『聖宮』のシステムはなぜあの人間に防御を少し破られたんだろう?それに俺の『マギ』たちはなぜ・・あの人間を恐れて、王に選ばなかったんだろう・・!?」

%e3%83%9e%e3%82%ae%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac324

ダビデ「ハハハハ!!!私は神だ!!!世界を創造しているのだ!!!・・しかし、何かが違う気がする・・?これが運命なのだろうか?本当にこれが私の使命だったのだろうか?」

???「そうだ。おまえはよくやってくれたよ。俺が高みに登るための布石・・それこそが、おまえの『役目』だったんだ。」

ダビデ「そうだったのか・・シンドバッドよ・・・!!」

%e3%83%9e%e3%82%ae%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac324

 324話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-5

シンドバッド「さぁ、世界を作り変えようか」

マギ 325話 ネタバレ 最新 確定

『王佐(おうさ)の賢者』

大いなる謎が解き明かされる激動の聖宮編!!
そして物語は、アリババたちの日常を軸に、大きな唸りを見せ・・!?

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-7

 「物語は、アリババ達の日常を軸に大きなうねりを見せ・・・!?」

ダビデ回想

ナレーション
「ダビデ・アラズ・アブラヒム。
アルマトランにおいてイル・イラーが最初に魔法を与えた人間の中の一人である彼はその瞬間に、
他の同胞達とは違う体感をただ一人得た。

“運命”

全ての事象に必然性がある。この事実に彼だけが気付いてしまったのである」

同胞達の中で考える少年ダビデ
(魔法とは・・・魔法使いとはなんだ?神はなぜ私をお選びになったのか?)

イルイラーの中

ダビデ
「私ですら・・・
更に大きな特異点が神になるための布石に過ぎなかったのだ。
私の役目は終わってしまった・・・」

スポンサーリンク

シンドバッド
「そうではない、お前はここから始まるのだ。
魔法とは世界を前に進める力だ。
では魔法使いとはなんだ?
それは・・・王を支える王佐の賢者だ。
そうだ、神ではなく、王こそが世界を創るのだ。
さあ俺に力を貸せダビデ。
見た事もない世界を俺がお前に見せてやる」

シンドバッドの手をとるダビデ。

ウーゴとユナン

ウーゴとユナンの聖宮に白ルフが吹き荒れてくる

ウーゴ
「なっなんだ!?」

現れたのはシンドバッド

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-4

ウーゴ
「シ、シンドバッド!
馬鹿な・・・【大いなる流れ】の一部になって
自我を保てるはずがない!!」

シンドバッドの背後にはダビデ

ダビデ
7人のジン達が我が王のルフを引き止めていたのだよ
それを私が外から引き上げるのは容易い事だった」

崩れかけるシンドバッドを7人のジン達が手助けする

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-8

シンドバッド
「フルフル、ヴェパール、
ヴァレフォール、バアル・・・
フォカロル、クローセル、ゼパル!!」

ジン達
「金属器の主の肉体が死に、
聖宮へ舞い戻ってきた・・だが我らは再び迷宮へ戻り、
次の王を待つ事は・・もうしない。
ソロモン王は運命の手綱を放棄した。
これでは世界の先が見えない。
生きとし生ける者には、やはり絶対的な指導者が必要なのだ。
そしてそれはシンドバッド王をおいて他にはいない」

ウーゴ
「そんな・・」

ジン達
「ソロモン王は間違っていた」

ウーゴ
「そんなこと・・」

ジン達
「ソロモン王は無責任だった」

涙を流すウーゴ
「・・そんな事言うなよ・・
ソロモンだって王様になりたかった訳じゃないんだよ・・。
王様になれって言ったのは皆なのに、
何でそんな酷い事言うんだよ・・」

そこに現れるソロモン

ソロモン
「お前はよくやってくれた。
俺ももう疲れた。
俺は王になりたくなかった、
静かに本を読んで暮らそう。
後はシンドバッドに任せよう」

ウーゴ
「ソロモン・・僕ももう疲れたよ・・」

ダビデ
「幻影と共に安息の時を過ごすがよい、哀れな巨人よ」

シンドバッド
「流石は俺のマギだ、ダビデ!
よぅし、聖宮の番人の座は我らが貰い受けた」

アルバ
(大変な事になった・・これから一体・・どうなるのよ)

シンドバッドの背後には悪人顔の7人のジン達。

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20325e8a9b1326e8a9b120e69c80e696b0-5

シンドバッド
「さぁ、世界を作り変えようか」

 

1 2

 - ・マギ