MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ワンピース 840話ネタバレ画バレ&841話最新情報

      2016/12/19

ワンピース 伏線考察一覧はこちら
ワンピース ランキング一覧はこちら

ワンピース 840話 ネタバレ 841話 画バレ 確定 最新話 速報

・トランプの暗示!?『10』は新しい仲間!?『A』は死のカード!?
・D一族・天竜人・政府日加盟国の関係と謎!みんなの考察まとめ!

・ワンピース最新840話確定ネタバレ画バレ
・841話ネタバレ画バレはこちら

前回は!

ジャッジ「・・・・・・まったくだ 間違いにも拍車がかかっている_それはこの男の、悪影響か?サンジ」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20839e8a9b1840e8a9b120e69c80e696b0-108

サンジ「!!?・・え・・・・・・!!!」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20839e8a9b1840e8a9b120e69c80e696b0-113

サンジ「こんな悪党(クズ)、今まで会った事がねェ!!!」

ヨンジ「お前のせいだよサンジ」

サンジ「!!ヨンジ・・・・・・!!」

ヨンジ「身分違いの女をつけ上がらせた。ニジに会いてェだろ?勿論その犯人だからな。ついて来い、会わせてやる」

研究者「タイプMHは21人補充を」

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac839

サンジ
「何だ!!?コイツら・・・・・・!!!」

そして今回!

ワンピース 840話 ネタバレ 最新 確定

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-51-06

衝撃の光景・・・!!

サンジとヨンジ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-54-48

ヨンジ
「“これ”が何かって?
各国が恐れる」

サンジ
「・・・・・・」

言葉も出ないサンジ。

ヨンジ
「『ジェルマ66(ダブルシックス)』 その兵士達さ!!」

サンジ
「!!?
何で水の中に・・・!!」

ヨンジ
「『培養液』だ・・・・・・」

サンジ
「みんな同じ顏を・・・・・・!!
こいつら生きてんのか!?」

20160921141330272

ヨンジ
「サンジ
人間は・・・“作れるんだ”!!」

ドヤ顔のヨンジ。

サンジ
「!!?」

ヨンジ
「ジェルマは代々 “科学の国”・・・・・・
父もああ見えて 優秀な科学者だった ──
おれ達が生まれる前は

海外の無法な研究チームに所属し
かのDr.ベガパンクと共に兵器の研究をしていた」

驚くサンジ
「・・・・・・
あいつがベガパンクと・・・・・・!?」

ヨンジ
「若き日のな・・・・・・
その時ベガパンクが成した偉業こそ
生物の『血統因子』の発見・・・!!

こいつは一歩間違うと神の領域に達する
いわば『生命の設計図』の発見だった」

20160921141324ff8

「『世界政府』はこれを危険視してベガパンクを逮捕・・・!!
研究チームは解散・・・!!
いや・・・
政府に買収された

──だが父は政府の手から逃れ
一人この『ジェルマ』で研究を続けた

『命』の・・・“コピー”と“改造”の研究を」

サンジ
「!!」

ヨンジ
「──そしてこの地下施設が生まれたんだ!!
こいつらは全員たった数名の優れた兵士達の“コピー”!!
“複製(クロ−ン)兵”だ・・・!!」

サンジ
「!!?」

ヨンジ
「勿論そんな事は本人達は
知らねェがな・・・!!」

背景には同じ顏をした兵達が街中で笑っている様子。

ヨンジ
「あらゆる国々がウチの軍隊を恐れると同時に 憧れ・・・!!
欲している!!

そりゃそうだ 強くて従順・・・・・・!!
こいつらは死を恐れず裏切らない様プログラムされてる

死んだらまた補充すればいい
20歳の兵士を1人作るのに5年かかる」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-55-19

サンジ
「・・・・・・・・・」

ヨンジ
「ここは兵士のストック倉庫(デボ)さ・・・!!
5年でできるのにこいつら全員 まるで20年生きて・・・」

サンジ
「やめろ!!!
もういい!!!」

大声で話しを遮るサンジ。

ヨンジ
「?」

サンジ
「・・・・・・吐きそうだ」

そう言うとその場にドサっと座り込む。
気を取り直してタバコを吸い始める。

『お前が海賊をやってると聞いた時』

サンジ
「!?」

現れたイチジとニジ

サンジ
「イチジ ニジ・・・!!」

ヨンジ
「!」

イチジ
「あの出来損ないも少しはマシに成長したかと思ったが」

ニジ
「相変わらずでガッカリだ・・・・・・!!」

ギロっと睨むサンジ
「・・・・・・!!
ニジ・・・
てめェ・・・!!」

照れるコゼットの顔が頭をよぎる。

ニジ
「ん?」

そしてボコボコになったコゼットの顔。

サンジ
「コゼットちゃんに・・・・・・」

ニジ
「!?」

サンジ
「何してんだァ!!!」

ニジ
「!!!」

20160921141325401

サンジの渾身の蹴りがニジの顔面に炸裂。
冷静なままのイチジと慌てた表情のヨンジ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-55-47

ニジはそのまま蹴り飛ばされてしまう。

サンジ
「大罪だぞ 思い知らせてやる!!!」

折れた首をゴキっと治すニジ
「・・・・・・!!」

イチジ
「待てよサンジ
お前には“東の海(イーストブルー)”に人質がいる事を忘れるな」

サンジ
「!!!」

追撃を加えようとしたサンジの動きが鈍る。

ニジ
「“ステルス”」

消えるニジ。

サンジ
「!?」

ニジは一瞬でサンジの背後にまわると、
そのままサンジを捕らえてしまう。

ニジ
「何だよ お前・・・
あんな“メシ炊き女”を
気に入ったのか?」

ニジの腕を掴むサンジ。

ニジ
「反撃はするな “東の海(イーストブルー)”で血が流れるぞ
“起電(ヘンリー)”
“ニードル”!!!」

電気を発しつつ膝蹴りを放つニジ。

2016092114132786a

サンジ
「おわァ!!!」

さらに電気を纏った拳で殴られノックアウト。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-56-10

ニジ
「それを聞いてりゃ顔面は潰さなかった」

サンジ
「・・・・・・」

もはや立ち上がれないサンジ。

イチジ
「重傷でよければすぐにお前の召使いにしてやるが?
ハハハ・・・・・・!!

改めてお帰りサンジ・・・
我らが『ヴィンスモーク家』へ・・・!!

今一度おれ達の階位(ヒエラルキー)を確認しておかなきゃな・・・・・・!!」

サンジ
「・・・・・・!!」

イチジ
「お前は“失敗作”なんだ」

サンジ
「・・・・・・!!」

幼い頃を思い出すサンジ。

サンジの回想

ジャッジの前に並ぶサンジ達。
兄弟のTシャツには0から4までそれぞれの番号が書いてある。

ジャッジ
「いいかお前達は
私の“最高傑作”だ・・・・・・!!
──研究の粋を集めた科学の操作により
人間を超える存在として生まれた!!

くだらぬ世の情けに流される事もなく
行く行くはそれぞれが軍隊を率いて

科学の力でより進化する
『ジェルマ66(ダブルシックス)』を支配する者達・・・!!!

才能は与えた!!
後は鍛錬だ!!!」

レイジュ イチジ ニジ サンジ ヨンジ
「「はい!! 父上!!」」

高い所から飛び降りる兄弟達を見て震えるサンジ。
凄い速さで走る兄弟達に追いつけないサンジ。
火のついたハードルを軽々と飛び越える兄弟達、転倒するサンジ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-56-29

ジャッジの側には記録をしている研究者達。

水泳を終えたイチジたちはサンジがいないことに気付く。
その頃溺れたサンジは兵士たちに救出されていた。

蘇生を受けるサンジをイライラしながら見てる1、2、4の3人。

勉強時間。
机に亀をのせて可愛がるサンジにイラつく1と4。
ヨンジが亀を蹴りとばし、2人はケンカに。

反撃するサンジだが、
ヨンジに返り討ちにされてしまう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-56-51

そして竹刀を持ったニジとサンジが向かい合う。
振り下ろした竹刀はニジの頭で折れてしまい、
サンジはニジにボコボコにされてしまう。

慌てるレイジュだが、
イチジたちが笑っているのを見ると、
合わせて自分も大笑い。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-57-11

ボコボコにしているニジを止めるジェルマ兵。
そんな様子を無言で見つめるジャッジと研究者。

ジャッジ
「・・・・・・・
──なぜサンジだけ弱い
・・・・・・
スコアは開く一方だ」

研究者
「検査の結果が出ました
イチジ様 ニジ様 ヨンジ様に至ってはすこぶる順調

『外骨格』も発現し体のバネも腕力も
すでに成人男子に匹敵する数値

──しかしサンジ様は・・・・・・
申し上げにくいのですが・・・・・・
“失敗”と言わざるを得ません」

ジャッジ
「!?」

研究者
「確かに『血統因子』の操作は4人共成功した筈でした
・・・ ──しかしどういう訳かそれが今生まれたままの形に・・・」

ジャッジ
「つまり?」

研究者
「サンジ様は・・・・・・
ただの人間です」

ジャッジ
「・・・・・・!!!」

その言葉に衝撃を受け、
ギリっと歯を食いしばるジャッジ。

サンジの部屋

『うそつきノーランド』を読んでいるサンジは
皿の側にいるネズミに気付く。

サンジ
「!
食べていいぞ」

ネズミ
「!」

サンジ
「お前の為に作ったんだ」

ガツガツ食べるネズミ。

ネズミの目の前に行き「うまいか?」と聞くサンジ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-11-57-32

そこにやってくるジャッジ。

ジャッジ
「サンジ!!
またネズミにエサを作ったのか」

サンジ「!!」

ジャッジ
「王族が奉仕をするな!!
何度言わせる!!!」

サンジ
「でも・・・
おれは・・・・・・」

ジャッジ
「母ならもう死んだ!!!
亡き者の影を追うな!!
お前は他の兄弟と違って才能がないんだ!!」

サンジ
「・・・・・・!!」

ジャッジ
「ならば10倍100倍の努力をしろ!!!
お前達は私の思い描く

ジェルマ復活の計画の一部なのだ!!!
失望させるな!!!」

料理とネズミを窓の外に放り投げるジャッジ。

サンジ
「あ!!」

窓は割れネズミと料理が落ちていく。

ジャッジ
「二度と料理もするな」

うわああああと大泣きするサンジ。

相変わらずサンジはボコボコにされている。
イチジたちの横で大笑いするレイジュだが、
その後、レイジュはサンジの手当をしてあげていた。

レイジュ
「私も笑わなきゃ仕方ないでしょ!?
止めたらあんたと一緒にイジメられるんだもん! イヤよ」

泣いているサンジ
「イテ」

研究者は
「変わりなし・・・」
と首を振り、しっかりと記録する。

ジャッジ
「将来性“0”か・・・!!
何という無駄な存在」

そして後日

サンジの葬式が開かれる。
兵士たちを前にスピーチをするジャッジ。

ジャッジ
「まさかの遭難とは
・・・悲しい!!
5人揃って『ジェルマ』を背負って
立つ戦士になる筈だった・・・!!

有望な息子を失ってしまった」

そのスピーチを聞き涙を流すジェルマ兵達。

その頃、牢ではサンジが鉄の兜を被せられていた。

サンジ
「え?・・・・・・
外れないよ・・・!!
お前たち

何すんだ・・・!!」

重い鉄仮面でよろめく幼いサンジ。

葬式が行われてる場所では兄弟達が笑っている。

ニジ
「ホントに死んだのか?」

イチジ
「さァな どうでもいい あんな奴」

レイジュ
「・・・・・・
・・・・・・・・??」

いつものように笑顔を浮かべつつも、
内心焦っている様子のレイジュ。

201609211413283ca

そしてサンジは牢へ

サンジ
「待ってよ!!
こんなトコにいるのやだよ!!
出してくれ!!!

20160921141609a24

置いてかないで!!
こわい!!
死んじゃうよ!!!」

地下深く、
暗い牢屋にサンジを一人残し、
兵士たちが去っていく。

サンジ
「お父さんを呼んでよ!!!
お父さん助けて!!
殺されるよーっ!!!」

兵士
「国王様のご決断です・・・・・・
サンジ様を“生まれなかった”事にしたいと・・・・・・」

サンジ
「!!??
・・・・・・・・!!? な”んで?」

ポロポロと涙を流すサンジ。

サンジ
「出して・・・くだざい お父さん!!!
ごめ”んなざい・・・!!!
よわく生まれでごめんなざい・・・!!!」

「助けて!!!
お父さん助けて!!!
おどうさ―――ん!!!」

それはあまりにも悲しい運命(さだめ)――

~以下ワンピース ネタバレ 841話 に続く~



ワンピース 841話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・841話ネタバレ画バレはこちら

ボコボコにされたサンジ

しかし、サンジ。そしてプッツンする。

ニジに反撃を開始!

唖然とするレイジュとヨンジ。
イチジは冷静に見ている。

そこへジャッジが。

モニターを持ち出し、そこにはゼフの姿とジェルマン達。

サンジの勢いが止まる。

再度返り討ちにあうサンジ。

ゴタゴタがしばらく続く。

しかし!

イチジがサンジをかばう!

呆気にとられる一同。

そこでイチジの衝撃の一言が!

バレ候補

『料理長ファンティーヌ』

鉄仮面を付けられたサンジが
牢獄に入れられてしまう

サンジ
「うわぁぁぁ~ん!
助けて~!ごめんなさ~い」

泣き叫ぶサンジだっだが
誰も助けに来なかった

ジャッジは地下にサンジを閉じ込めた事で、
ジェルマの汚点が無くなり安堵する

イチジ、ニジ、ヨンジはサンジの事を忘れ
いつもと変わらない特訓に励む

ニジ
「こうすりゃ周りの景色と同化して
消えた様に見えるぞ!」

ヨンジ
「すげー!俺もやってみよ!!」

レイジュ
「…」

レイジュはサンジ死亡の事で
何か引っかかっていた

暗い地下牢で泣き疲れているサンジ

サンジ
「…どうして俺は
皆と違って生まれたんだ…?

俺も皆と同じだったら…
こんな事にならなかったのかな…?」

その時、地下牢に小さな穴を発見する
その穴からはネズミが出入りしていた

【ある日】

ジャッジと兵士が会話している
その話を偶然聞くレイジュ

サンジが死亡したのは嘘で、
地下牢に閉じ込められている事を

レイジュ
(サンジが地下牢に!?)

【真夜中】

レイジュが兵士の目を盗んで
サンジの地下牢までやってくる

真っ暗な地下牢では
鉄仮面のサンジがネズミと寝ていた

サンジがレイジュに気付いて起きる
しぃーと指を立てるレイジュ

サンジとレイジュがしばらく会話する

サンジは一生このままなのか問うが
レイジュは何も答えられない

サンジは自分は
ジェルマの戦士になるより
美味しい料理を作って

皆に食べてもらいたいと、
レイジュに話し始める

レイジュ
「…どうして料理を?」

サンジ
「昔、お母さんが作ってくれた料理が
とっても美味しかったから」

そのサンジの言葉で
レイジュが母親の事を思い出す
サンジは料理が好きだと言う

レイジュがサンジと別れ
自室に戻っていく

その時、地下から出てくる
レイジュの様子をある人物が
見ていた

【翌朝】

料理長【ファンティーヌ】
(コゼットの母)に
レイジュが話しかけられる

ファンティーヌ
「レイジュ様…少し宜しいですか?」

レイジュ
「…?」

人気がない所に移動した2人
ファンティーヌがキョロキョロと
周りを見渡すした後言う

ファンティーヌ
「…わたくし知っているのです
サンジ様がいる場所を…」

レイジュ
「…!!」

ファンティーヌ
「ご兄弟のお食事とは別に一食分…
食事を作っているのです

それはこっそりと
地下牢へと運ばれています

おそらくサンジ様への
お食事では無いかと…」

レイジュ
「…なんでそれをわたしに?」

ファンティーヌ
「昨夜、見たのです
レイジュ様が地下牢から
出てくる所を」

レイジュ
「…(汗」

ファンティーヌ
「ジャッジ様に報告しようなどとは
思っておりません

レイジュ様はいつも
傷ついたサンジ様の

お手当をしている事は
わたくしは知っております」

レイジュ
「!」

ファンティーヌ
「…サンジ様は亡き奥様に似て心優しく、
料理好き…

の場所にも何度も出入りしては
楽しそうに料理を作ってらっしゃいます

普段ご兄弟に無下に
扱われていると聞くたびに
心が痛むのです…」

レイジュ
「…」

ファンティーヌ
「レイジュ様、貴方様も奥様に似て
お優しい心をお持ちです」

レイジュ
「!?」

ファンティーヌ
「レイジュ様…わたくし…
サンジ様を助けたいのです!」

レイジュ
「!!」

ファンティーヌ
「どうか、お力を貸して
いただけませんか!」

バレ候補

サンジ「………」

ニジの攻撃に倒れたままのサンジ。
だがほとんどダメージはない様子。

追撃を加えようとしたニジをイチジが止める。

イチジ「そろそろビッグマムのところへ行く時間だ」

「サンジ、お前もさっさと準備をしろ」

「お前のような出来損ないでも、ようやく俺達の役に立てるんだ」

そう言ってサンジを残し、笑いながら部屋を後にするイチジ達。

場面かわり、部屋で煙草をふかしながら天井を見上げるサンジのもとにレイジュが寄ってくる。

レイジュ「着替えないの?」

視線の先にはフリフリの襟付きシャツとスラックスが。

無視して煙草を吸い続けるサンジ「………」

レイジュはサンジの胸元にできた真新しい傷に気付く。
よく見るとシャツをまくった腕にも傷が。

レイジュ「……子供の頃と同じね。随分なやられよう…」

「あなたが、昔と違っていくら強くなろうとも彼らには逆らえない」

「いい加減大人になりなさい」

サンジ「………」

レイジュ「ここに来る途中で麦わらの子にあったわ」

サンジ「!」

ようやく反応を見せるサンジ。

サンジ(くそ…! ルフィの奴やっぱり来やがった…!!)

「あいつら全員来てんのか!? ナミさんもか!?」

レイジュ「泥棒猫ね、えぇいたわ」

サンジ「!」

レイジュ「全員はいなかったけど…どうしてもあなたを連れて帰りたいようね」

サンジ「クソ…確かにあいつらが大人しく待ってる訳ねェか」

レイジュ「安心なさい 既にビッグマムの手が回っているわ」

サンジ「!! てめェらナミさんに指一本でも触れてみ─…」

レイジュ「あなた次第よ」

サンジ「!!」

レイジュ「この意味が分かるでしょ?」

「彼らは助けに来たみたいだけど……実際は”人質”を増やしただけ」

「その”猫ちゃん”は東の海(イーストブルー)で拾ったのよね?」

谷間からナミの写真を取り出すレイジュ。
その写真をサンジに投げ、「着替えなさい」と言い残して部屋を後にする。

レイジュ「………」

複雑そうな顔で部屋を後にするレイジュ。

【レイジュの回想】

サンジのことを誰も気にしなくなった兄弟達と食卓を囲んでいる。
談笑する3人と作り笑顔のレイジュ。

サンジのことが気がかりになってどこ落ち着かない様子。

食事が終わり、レイジュは部屋へ戻ろうとすると、一人のジェルマ兵が別の食事を持ってちかへ行こうとするのを見つけこっそり後をついていく。

(ここは?)

付いていくと、そこは鉄格子のついた薄暗い部屋。

遠目にその中にいる鉄火面をつけた何者かを見つけるレイジュ。

随分と痩せ、服もボロボロになり、食事を運ばれ鉄火面を取るとそれがサンジであることに気付く。

「…!」

あまりの変わりように言葉を失うレイジュ。

・841話ネタバレ画バレはこちら

・ルフィーの2016年の懸賞金を大予想!!
・ゾロの2016年の懸賞金を大予想!今年は現状維持か!?
・トランプの暗示!?『10』は新しい仲間!?『A』は死のカード!?

ルフィとクロコダイルが手を組む!!?徹底考察!
・D一族・天竜人・政府日加盟国の関係と謎!みんなの考察まとめ!

ワンピース 伏線考察一覧はこちら
ワンピース ランキング一覧はこちら

 - ・ONE PIECE