MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

弱虫ペダル 416話ネタバレ画バレ&417話最新情報

      2016/12/19

弱虫ペダル ネタバレ一覧はこちら

弱虫ペダル 416話 ネタバレ&417話最新情報 弱虫ペダル 画バレ 確定 最新話 速報

・弱虫ペダル最新416話確定ネタバレ画バレ
・417話ネタバレ画バレはこちら

前回、

坂道(え!?また歓声が大きくなった・・え!?うしろから!?!!誰か来てる!?)

坂道「あの人は・・・・(山岳賞争いでやぶれて・・先頭から遅れてたんじゃ・・!!)」

水田「アナウンスで聞いたんや、うちのチームの勝利を!!このオレがキャプテンを務める京都伏見の勝利を!!おかげで息吹き返したわ!!」

 

観客
「京伏いっけー!!」「京伏すげぇ」「1番をぬいたぁ!!京伏ィーー!!」

そして今回!

御堂筋
「今日のこのレースについてボクから一言言わせてください」

%e5%bc%b1%e8%99%ab%e3%83%9a%e3%83%80%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac416

弱虫ペダル 416話 ネタバレ 最新 確定

弱虫ペダル ネタバレ 417話 「表彰台」

栄光のステージへと登壇するこの男は・・・!!

「上がろうか、一番上のォ___勝者讃える表彰台に。」

インターハイ2日目、優勝 御堂筋翔!

アナウンス
『群馬県榛名山、
ここ榛名湖特設ゲートには、
次々と選手達がゴールしてきています。
福岡城西大濠選手ここでゴール、
序盤は勢いあったんですが。

優勝を知って京都伏見のメンバーも嬉しそうです。
山口代表 山際選手、
奥谷選手も今ゴール』

激動の2日目が終わり選手たちは・・・!?

『九州の雄、熊本第一もすでにゴールしています。』

総北メンバー

総北メンバーも全員ゴールしてテントに戻ると、
前で待っていた今泉が頭を下げる。

今泉
「すいませんでした」

あや
「ちょっ・・・そっ・・・今泉くん!?
そんな全力であやまんなくても。
ねぇ幹、
立派なもんだよね、
がんばった方だよ」

幹は肩に手を置いて首を横に振る。

手嶋
「今泉・・・」

今泉
「すいませんでした、
言い訳はありません。
のこり250mでしかけて最後にバイクを前に投げたんですが
届きませんでした。

全部俺の力不足です。
実力不足です!!」

手嶋
「ゴールを獲るのがエースの役目だ。
ゴールのためにオレたちは___鳴子も全力で走った、
そしておまえに預けた。」

手嶋
「理屈はそうだ___
けどエースてのは毎回勝てるもんじゃない。
全力で預けた___おまえは全力で走った。
それで獲れなかったんなら仕方ないだろ。」

今泉
「・・・!!
オ・・・けどオレが全力で走ったかどうかなんてわかんないすよ!!」

手嶋
「今そこで杉元からおまえのがんばりをとくとくと聞いたよ、
今までで一番いい走りだったって。
最高の強い走りだったって。
そう言って最後は泣き崩れた。」

「結果は悔しいが___
まずは全員が生き残って無事ゴールできたことに安堵しよう」

今泉
「・・・・・・(杉元・・・!!)」

青八木
「まだ明日がある。
チャンスは残せた」

鏑木
「えーと、あれっす。
”ゴートゥヘル”っす!!
”地獄からはい上がれ”です!!」

青八木
「今のは”地獄に落ちろ”という意味だぞ」

鏑木
「まぁじすか!!」

青八木
「コク」

鳴子
「スカせスカせスカせ、
もっともっと限界までスカせ。
ワイの知っとるスカシ男はもっとクールでエラそうや」

今泉は目を丸くする。
隣にいた坂道はニコッと笑う。

鳴子
「ぐっはーマジつかれたわ2日目ぇ!!」

ゴリ蔵
「つかれっす、オホ!!」

鳴子
「おーきに」

手嶋
「キツかったな、長いステージだった」

段竹
「ホント最後おしかったんですよ、ゴール」

鏑木
「段竹が言うのなら間違いないな!!」

今泉
(鳴子___)

アナウンス
『各賞の選手たちはステージにお集まりください。
間もなく表彰式がおこなわれます』

司会者
「では今の気持ちをきいてみましょう、ど・・・あ」

御堂筋はマイクを奪い取る。

御堂筋
「皆さんこんにちは、
ボク御堂筋翔いいます。」

観客
「マイクとった」
「あいつおもしれぇ」
「あいさつしたぞ」

御堂筋
「今日のこのレースについてボクから一言言わせてください」


観客
「え!?」

 

 

御堂筋
「あ、失礼しました。
今のはちょっとマイクの調子が悪かったようです。
さてボクは今日最後ギリギリの闘いをしました。最後までがんばれたのは、」

観客
「一瞬キモってきこえたよ」
「ハハ、まさか」

御堂筋
「観客の皆さん、チームメイト、
サポートの皆さん、
そしてこの2人の強い強いライバルがぁ~~~~
ライバルたちがいてくれたぁ~~~~」

「プク、ボクは勝つことができましたぁ!!キ モォ」

観客
「いや、キモって言ってるよ」

「な・・・あいつ・・・さっきから何言って・・・」

御堂筋
「キモ キモ キモ キモ キモ キモ キモ キモ」

「お客さんがっかりやで!?
もっといろんな表情見せな!!
カッコつけとるの!?
悔しいんやろ!?
本当は腹ワタ煮えくり返るくらい!!

タイムマシンあったら戻ってやり直したいくらい!!
でも残念でした、ブッブー。
キミたちの敗北!!
この結果はどんな代価を払っても変えることはできません!!

彼らは僅差で負けました。
しかしロードレースにおいて僅差かどうかなんて何の意味もない。
差ではない、順位!!
1kmも10kmも数cmも同じ。

ロードレースは勝ちか負け、地形・戦略・知略」

「ボクははるかに勝っていた。
今日、走った全ての人間の中でボクが誰よりも正しかったことを証明しました!!」

今泉・悠人
「・・・・・・・・・」

観客
「いや・・・確かに言ってることは正論だ!!」

「勝ちってそもそもそれの証明だろ、
それをはっきり言い切った!!」

「なんかすごい、全てにおいて独特だよあの人」
「裏表がない!!」

「いいぞ京伏!!」
「強いぞあいつ!!」
「京ー伏 京ー伏 御堂ー筋!!」

「あいつ全てがカタ破りだ!!」
「あんなマイクパフォーマンス初めてきいた!!」

観客
「王者交代だ・・・
いや王者というよりあいつ・・・
支配者だ!!」

「最強の快進撃をつづけた箱根学園を退けた!!」

「去年の覇者、総北をやぶった。
それもたった1人で。
レースの支配者、御堂筋 翔だ!!」

壇上から降りようとする御堂筋を雑誌の記者が取り囲む。

御堂筋
(人は弱い___せやから強い者へと強烈にあこがれる。)

アナウンス
『続いて、スプリント賞と山岳賞の表彰です。
泉田選手___葦木場選手___』

手嶋
「『敗北』か・・・
どちらにしても明日が最後のレースになる。
あの壇上のヤツらとまともにやりあわなきゃならない」

青八木
「ああ」

手嶋
「そしておまえと走れる最後のレースになるな、一。
・・・・・・・・・オレたち3年はこのインターハイで引退だ」

青八木
「ああ、純太」

手嶋
「オレはさ、思ってるんだ。
小さな望みだ。
明日のレース中___いや、終わってからでもいい。
青八木、おまえと2人での走り・・・

体動と呼吸を合わせてやるアレ、
このインターハイでできたらと思ってるんだ。
2人の同調直列走法(ストレートツイン)を」

突然青八木はヒザをかかえてしゃがみ込む。

青八木の脚を襲うのは疲労か、怪我か・・・!?

~以下弱虫ペダル ネタバレ 417話 に続く~


スポンサーリンク

弱虫ペダル 417話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・417話ネタバレ画バレはこちら

坂道
「あ、鳴子くん。
じ、実はね、明日のために寒咲さんが・・・
あ、通司さんが登り用の軽いギア交換しといたよって言ってくれたから

そのお試しにちょっと走ってこようかなって」

鳴子
「ほーーっ」

坂道
「・・・ていうのもあるけど、
明日が最後でしょ。
今年のインターハイ。」

「落ち着くかなって」

鳴子
「カッカッカ!!
小野田くんらしいわ!!
けどもっと小野田くんらしいんは、
超絶ナントカアンドナントカヒメのCDを
ヘビロテで聞きまくるんかと思ったけどな!!」

坂道
「はわ!!
その手があったねーー!!
ああ、どっちにしよ」

鳴子
「カッカッカ、のりかかった舟や。
とりあえず回してきーや。暗いで気ぃつけやーー」

坂道
「うん」

・417話ネタバレ画バレはこちら

弱虫ペダル ネタバレ一覧はこちら

 - ・弱虫ペダル