MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ワンピース 837話ネタバレ画バレ&838話最新情報

      2016/12/19

ワンピース 837話 ネタバレ 838話 画バレ 確定 最新話 速報

・ルフィーの2016年の懸賞金を大予想!!
・ゾロの2016年の懸賞金を大予想!今年は現状維持か!?
・トランプの暗示!?『10』は新しい仲間!?『A』は死のカード!?

ルフィとクロコダイルが手を組む!!?徹底考察!
・D一族・天竜人・政府日加盟国の関係と謎!みんなの考察まとめ!

・ワンピース最新837話確定ネタバレ画バレ
・838話ネタバレ画バレはこちら

前回のラスト、

四皇ビッグマム海賊団
「スイート3将星」の一角
千手のクラッカー
懸賞金8億6000万ベリー

20160818154040a0f

クラッカー「ママに言わせりゃ過去43人の夫達など」

ワンピースネタバレ836

「血の繋がりもない“他人”だと・・・!!」

涙の巨人「そんな・・・!!だが娘達とは確かに血は繋がっているよね!!やめてくれェ!!!」

ワンピースネタバレ836

ナミ「ルフィダメよ!!!本気で戦っちゃ!!目的が違うの!!早くこの森を抜けてサンジ君を・・・」

ルフィ「おれは本気以外の戦い方知らねェよ!!!」

ナミ「!!!」

ナミは現在、ローラの

  • 母がビッグマム
  • 父が巨人男
  • ビブルカードが鍵

ということをある程度、理解しています。

今回はどんな展開になるのか!!

ワンピース 837話 ネタバレ 最新 確定

ワンピース ネタバレ 837話 「ルフィvs将星クラッカー」

激突!! 四皇幹部”8億”の首!!

クラッカー
「おれはビスケットの騎士クラッカー!!
剣の名は『プレッツェル』!!
この世に2本と無い名剣!!
貴様にも“新世界”の洗礼を与える!!!」

ナミ
「何で手足が増えたの!?
2本とないハズの名剣も!!
一旦逃げようルフィ!!
そいつきっと幹部クラスよ!!!」

クラッカー
「・・・・・・・・・」

ルフィ
「いやだね!!!
ギア”3”!!!」

クラッカー
「!」

ルフィ
「“ゴムゴムの”ォ!!!」

クラッカー
「逃げ場などどこにもない・・・!!!」

ルフィ
「”象銃(エレファントガン)”!!!」

盾で押し返され、
バランスを崩し倒れるルフィ。

ルフィ
「うわっ・・・・・・!!!」

後ろによろめいたルフィに容赦なく斬りかかるクラッカー。

ルフィ
「!!!」

なんとか武装色で防ぐルフィだが、
剣の勢いで弾き飛ばされてしまう。
倒れ込んだルフィをすぐさま走って追いつめるクラッカー。

ルフィ
「くそ!!!」

倒れたルフィに幾本もの剣で容赦ない突きの連打を浴びせる。

ルフィ
「うわっ!!!」

クラッカー
「”ロール”!!!”プレッツェル”!!!」

ルフィ
「オエ!!」

木々を突き抜けて彼方まで吹っ飛ばされるルフィ。


「ギャー
ウォー」

ナミ
「・・・・・・」

ブリュレ
「ウィッウィッ!!」

ナミ
「ヤバイ・・・」

チョッパーの言葉が頭をよぎる。

『相手は“四皇”の一味だ!!
ナメてたのはおれ達だ!!』

ナミ
「ルフィでも部下に圧倒されるなんて!!
ルフィ!!!
逃げてーーー!!!」

だがキングバームとブリュレが立ちはだかる。

ブリュレ
「ウィウィウィ待ちな!!
お前らの相手はアタシだよ!!」

キングバーム
「___と!!
ワシだジュ!!」

ナミ
「!!」

ブリュレ
「わかるよ、急に恐くなったんだろ!?
ウィッウィッ・・・”最悪の世代”!?
何が最悪だ!!
”偉大なる航路(グランドライン)”の前半でもてはやされて・・・!!

ウチの船長こそ”海賊王”になる男だと・・・・・・!!」

ナミ
「・・・・・・・・・」

ブリュレ
「息をまく部下達が絶望する顔は腐る程見てきたよ!!
この2年・・・
何人かママのナワバリに迷い込んで来たねェ!!!」

ナミ
「!!」

ブリュレ
「『キャプテン・キッド』!!
『海鳴りアプー』!!
『ギャング・ベッジ』!!
『怪僧ウルージ』!!
一早く己の立場に気づき傘下に入った『ベッジ』を除いては・・・!!

ママの顔を見る事もなく・・・
一言の声を聞く事もなく!!
ハジキ出されたよ!!」

「1人くい下がったのは怪僧ウルージ!!
生意気にも『将星』の1人を打ち破った・・・!!
少し前まで『4将星』だったのさ、ウィッウィッ」

ナミ
「!」

ブリュレ
「だがそれが限界!!
ママを怒らせクラッカー兄さんに惨敗した!!
逃げ場なんてないよ!!
今頃どこかで野垂れ死んでるさ!!」

ナミの前に落ちた鏡の中にブリュレの姿が映る。

「いいかい!!
ここが“新世界”の行き止まりさ!!!」

ナミ
「!!?」

ブリュレ
「『四皇』と戦う!?
夢の話さ!!
ママに会う事もできない!!!
お茶会に潜入!?
結婚式を止める!?
仲間を奪い返す!?
夢のまた夢さ!!!」

鏡の中からブリュレがズズズ・・・
と抜け出すとナミの足を掴む。

ブリュレ
「お前達は!!
ママの顔すら拝めずに」

ナミ
「きゃあ!!」

ブリュレ
「この森で死ぬのさ!!!
さァおいで”鏡世界(ミロワールド)”へ・・・・・・!!」

ナミ
「いや!!」

ブリュレ
「”向こう”でゆっくり顔も体も引き裂いたげる・・・」

ナミ
「パウンドちゃん!!」

パウンド
「離れろブリュレーーー!!!」

ナミ
「わ!」

ブリュレ
「ぬご~~~!!!」

ナミ
「ありがとう!!」

ブリュレ
「パウンド義父さん ・・・・・・
いやパウンド!!
これはママへの”反逆”だよね!!!」

パウンド
「・・・・・・!!」

ブリュレ
「終わりだよ!?
もう助からない・・・!!」

ナミ
「“サンダーボルト”」

「”テンポ”!!」

ブリュレ
「ギャアアアァァ!!!」

雷に撃たれ、
黒焦げになったブリュレは失神する。

パウンド
「・・・・・・・・・!!」

ブリュレ
「ウィッ・・・
ウィッ・・・」

戦いを見守るホーミーズたちは成り行きをビクビクしながら見守っている。

パウンド
「ブリュレはまた来る・・・
あいつは鏡のある場所ならどこにでも現れるのよね・・・!!」

ナミ
「ごめん、
私の為に!」

パウンド
「どうせもう・・・うぬは『殺していい』と言われてたのよね。
元・・・”妻”に・・・うゥ・・・」

スポンサーリンク

「己・・・!!
ローラと友達なのか!?」

ナミ
「うん!!
間違いない!!
ローラのママはビッグ・マムだったんだ。
森の木達がこの『ビブルカード』を恐れてるのがその証拠!!
存分に使わせて貰うわよ!!
ローラ!!」

一方、クラッカーとルフィの戦いの巻き添えを恐れて逃げまくるホーミーズ。

ケーキ
「やべー!!
クラッカー様ヤベー!!」


「おい!!
散らばり過ぎて“誘惑の森”の任務を忘れるな!!!」


「逃げてもいいが!!
森に『出口』があっちゃならねェ!!」
「おう!!」

すぐに森を塞ぐように移動するホーミーズたち。

ルフィ
「ゲホ!!
ゼェ・・・ゼェ・・・”ゴムゴムの”・・・!!
”鷹銃乱打(ホークガトリング)”!!!」

クラッカー
「”ハードビスケット”!!!」

ルフィ
「!!!」

ビスケットの盾で全て攻撃を受け止めるクラッカー。

ルフィ
「・・・・・・・・・くそ!!!
硬ェ・・・!!
こいつの”武装色”っ!!!」

ルフィ
「!!!・・・・・!!
ゲホ、ハァハァ、ゼェゼェ・・・・・・」

クラッカー
「ヴィンスモーク・サンジを仲間と思うのならば放っておいてやれ、
奴は強国の王子(プリンス)お前達とは”身分違い”だ!!
気貴き妻を貰い何不自由なくここで暮らしてゆく!!

友の幸せも願えず手前勝手に『仲間を取り戻す』だと・・・!?」

そう言うとルフィを盾で押しつぶす。

ルフィ
「ウ・・・・・・・・!!」

クラッカー
「そんな迷惑な元船長と会った所で高潔な王子は呆れてこう言うだろう・・・・・・」

『帰れ!!
みすぼらしい下級海賊・・・・・・!!!』」

ルフィ
「!!!」


「・・・ププッ!!
プ!!」

ルフィ
「“ゴムゴムの”!!!」

クラッカー
「!?」

「”猿王銃(コングガン)”!!!」

クラッカー
「!!!?」


「・・・・・・・・・!!!」
「ク・・・クラッカー様ァ~~~!!」

クラッカー
「・・・・ウゥ・・・・・・!!」

ルフィ
「サンジをバカにするな!!!
たとえ幸せで帰りたくなくてもあいつがおれ達にそんな言い方するか!!!」

逆襲のギア”4”!!!さぁ恐怖のお茶会へ。サンジを待つ運命は!?

~以下ワンピース ネタバレ 838話 に続く~


スポンサーリンク

ワンピース 838話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・838話ネタバレ画バレはこちら

クラッカーがぶっ飛ばされ、ビビるホーミーズ。


「クラッカー様ァ~!!!」


「4・・・あ、3将星が殴り飛ばされるなんて・・・!!」

ルフィ
「ハァ・・・ハァ・・・」

よろめきながらも立ち上がるクラッカー、ルフィはすぐに追撃に飛び出す。

ルフィ
「ゴムゴムの~・・・犀榴弾砲(リノシュナイダー)!!!」

強烈な蹴りが盾を砕き、クラッカーを吹き飛ばしていく。


「ぎゃあぁああああ!!!」
「うわああーー!!!」

クラッカーは木々を突き抜けて森の奥まで一直線に飛ばされる。

ルフィ
「弾む男(バウンドマン)」

バインバインと跳ねながら追いかけるルフィ。進路を塞ごうとするホーミーズだが、ギロっと睨まれ大人しく道を開ける。

ルフィの進路を開けるように木や花が両脇に逸れていくが、よく見るとコソコソと話している。

【ナミvsブリュレ】
ブリュレを仕留めたナミのサンダーボルト・テンポに驚くパウンド。

パウンド
「の、能力者・・・? じゃないよねー?」

ナミ
「いいえ、科学よ。空島のね?」

そう言うともう一度クリマタクトから黒雲を出し、ブリュレに向ける。

ナミ
「サンダーチャージ=テンポ!!」

ブリュレ「ギャアアアアア!!!・・・・・・・・・・・・」

パウンド
「お、おい、もう気を失ってるのよね!」

ナミ
「あなたが『また来る』って言ったんじゃない。念を入れて置かないと、でしょ?」

パウンド
「はわぁ~、女は恐ろしいのよねー・・・」

倒れたブリュレの側に歩み寄り、鏡の破片を拾い始めるナミ。

パウンド
「そ、それは良くないのよね! 鏡があるとまたすぐにブリュレが現れるのよねー!」

ナミ
「でもしばらくは目覚めないわよ、それに仲間が閉じ込められたままなの 放っておく訳にはいかないでしょ」

チョッパー
「ナミ~~~~!!!」

キャロット
「ナーミー~~!!」

ナミ
「すぐに出してあげるわ もう少し我慢しててね」

とその時、背後からそーっと近づくホーミーズに気付く。

ナミ
「!”雷雲=ロッド”!!」

ホーミーズ
「ギャァアアアアアーー!!!」

周囲一帯のホーミーズたちが沈み、残る木や岩、花たちも後ずさりしていく。

ナミ
「不必要に近づいたらまた”流す”わよ」

ホーミーズ
「ひィ~~~!!」

ナミ
「さて」

ビブルカードを掲げるナミ。その紙の放つ光にホーミーズたちがまたしてもビビり始める。

ナミ
「逆らえないって言ったわよね?」

ホーミーズ
「は!?」

【ルフィvsクラッカー】
バインバインと弾みながらホーミーズの開ける道を進むルフィ。木々がヒソヒソ話をしている。とそこで異変に気付く。

ルフィ
「あれ・・・こんな遠くまで飛んだっけ・・・?」

着地した先にはニヤける木の根っこがある。ガッと根っこが突然動き、ルフィの足を引っかける。

ルフィ
「うおっ!!」

バランスを崩し、そのままゴロゴロ転がっていくルフィ。

「うわあああああ!!!」

転がるルフィを大きな木が受け止め、周囲の木々や草がすぐさま手足に絡まりルフィを拘束する。

ルフィ
「何だお前ら!!」


「クラッカー様!!今です!!」

木「クラッカー様ァ!!」

その声に応えるかのように森から飛び出すクラッカー。

ルフィ
「!!」

振り下ろされるプレッツェル。ルフィの目前まで剣が迫るが、剣を握る拳を頭突きで弾くルフィ。

クラッカー
「!!」

さらに右腕を強引に枝から引き抜く。

木「あっ!!」

ルフィ
「ゴムゴムの大蛇砲(カルヴァリン)!!!」

クラッカーの腹に命中するも、さきほどとは違いビクともしない。逆にルフィの拳を剣で斬りつける。

ルフィ
「・・・ぐっ!!」

クラッカー
「覇気を纏えど、踏み込みもない拳で倒れるほど耄碌してはおらぬわっ。未熟者が!!」

プレッツェルを手に襲い掛かるクラッカー。ルフィは絡まる木々から抜け出そうとするが、先ほどよりもしっかりと抑えられていた。

ルフィ
「!! くそっ!!」

プレッツェルがルフィに迫ったその時・・・バリバリバリッと強烈な雷がクラッカーに直撃。そのまま動きが固まる。

ナミ
「雷光槍(サンダーランス)=テンポ!! 間一髪ね!!」

ルフィ
「ナミィ~!!!」

ナミの後ろにはグルグル巻きにされたブリュレを抱えるパウンドの姿。クラッカーはギロっとナミ達を睨む。

クラッカー
「小娘が・・・」

さらに案内したホーミーズ達をも睨む。

ホーミーズ
「ひぃぃいいい~!!」
「マ、ママのソウルが・・・!!」
「ママのビブルカードを! 持っていたので!!」

クラッカー
「言い訳など要らぬ!!!!」

ナミ
「きゃっ!!」

周囲のホーミーズたちから魂が抜けていく。改めてナミを睨む。

クラッカー
「小賢しい真似を・・・邪魔だァ!!!!」

プレッツェルを投げる。

ルフィ
「!」

ナミ
「!!」

ドスッっと素手ででプレッツェルを受け止めるパウンド。剣は掌を貫通して止まる。

ナミ
「!!」

パウンド
「う・・・ぐ・・・!」

クラッカー
「・・・何の真似だ貴様」

パウンド
「お、女に手を上げちゃダメよね・・・」

クラッカー
「・・・・・・・・・ママは男女差別はしない もちろん俺もだ。敵は女も子供も等しく___敵だ!!!」

そういうと再度襲いかかる。

ナミ
「キャアア!!!!」

パウンド
「!!」

剣を手にナミに迫るが、ホーミーズの魂が抜けたことでルフィの拘束が解ける。

ナミ
「ルフィィーーー!!!」

ルフィ
「ゴムゴムの・・・獅子(レオ)バズーカ!!!」

クラッカーはまたしても森の彼方まで飛ばされる。ナミがルフィの姿に驚く。

ナミ
「な、何よそれ・・・!!」

ルフィ
「説明は後だ!! 大丈夫か顔のおっさん!!」

パウンド
「痛いけど、大丈夫よねー。しかしクラッカー君をやっつけるなんて・・・」

ルフィ
「いや、まだだ」

ナミ
「!?今のでやっつけたんじゃないの!?」

ルフィ
「あのオッサン、ただのチンピラじゃねェ・・・!(あと少しで覇気が切れる・・・早く仕留めねェと・・・!!)」

両足で空を蹴って飛び、クラッカーを追うルフィ。一方クラッカーはルフィの予想通り立ち上がっていた。だがかなり足にきている様子。

クラッカー
(ドフラミンゴを仕留めただけのことはある・・・!)

能力を解除し、元通り2本の腕と1本の剣に戻すクラッカー。そこにルフィが到着する。

ルフィ
「ハァ・・・ハァ・・・」

クラッカー
「貴様も限界が近いようだな小僧、ここまでオレを追いつめたのは”怪僧”以来だ」

ルフィ
「海藻?」

クラッカー
「知る必要はない、プレッツェル・ア・ラ・モード!!!」

ルフィ
「ゴムゴムの・・・猿王銃(コングガン)!!!」

先ほどとは違い、武装色で真っ黒になったプレッツェルが真っすぐルフィの拳に向かう。ドドン

ルフィ
「ぐあぁああああ!!!!」

プレッツェルが深々とルフィの拳に刺さっていた。

ルフィ
「畜生!!!」

クラッカー
「ホールケーキアイランドに代々伝わる国宝にして___”最上大業物”12工が一つ、名剣”プレッツェル”!我が覇気と相混じれば、この世に貫けぬもの無し!!」

 

■一筋縄じゃ行かない”四皇”幹部!! ルフィ絶体絶命!?

・ルフィーの2016年の懸賞金を大予想!!NEW
・ゾロの2016年の懸賞金を大予想!今年は現状維持か!?NEW
・トランプの暗示!?『10』は新しい仲間!?『A』は死のカード!?NEW

ルフィとクロコダイルが手を組む!!?徹底考察!
・D一族・天竜人・政府日加盟国の関係と謎!みんなの考察まとめ!

ワンピース 伏線考察一覧はこちら
ワンピース ランキング一覧はこちら

 - ・ONE PIECE