MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ちはやふる 171話ネタバレ画バレ&172話最新情報

      2016/12/19

ちはやふる 171話 ネタバレ&172話最新情報ちはやふる 171話 ネタバレ 172話  画バレ 確定 最新話 速報

・ちはやふる かるた強さランキングまとめ!!

・ちはやふる最新171話確定ネタバレ画バレ
・ちはやふる172話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)

前回、花野の試合

花野(強くなるんだ。今日が終わったらもう『先輩たちが作ったかるた部』じゃない、私たちのかるた部だ)

村尾(取られた、完全にタイミング合わんかった。当たり札に手は伸ばせてるのに下ろせてない。)

若宮(らしくないなあ、新。いつもの憎らしいくらい安定したイメージはどうしたんや?)

新(いつもどおりや、いつもどおりのあの部屋にいる。でも・・・)

千早(新・・・?)

新(さよならが近いだけや)

ちはやふるネタバレ170

そして今回、

ちはやふる 171話 ネタバレ 最新 確定

■全国大会A級決勝。最強クイーン・若宮詩暢を前に、新は・・・!?

若宮
(新がいつもとちがう。
そないなことどうでもいい。
去年新に負けてから___
A級になってからずっと)

(新とうちに差があるとすれば流れを呼び込む力___。
そのくらいしか思いつかん。
流れ・・・みんな簡単に言うけど、
一人で練習しとるうちにはようわからん。

頼むで、みんな。
うちのところに来て。)

五十嵐
「やすらわで」

若宮は素早く札を払う。


(ううっ、正確)

村尾
(6枚差)

桜沢先生
(今年も素晴らしいわね)

(集中しないとやられるわよ、綿谷くん)

千早
(新・・・。かるたは野球やサッカーと違う。
応援なんかできない。
そんなことわかってるのに、
応援できないのがこんなに辛いなんて)


(新兄ちゃん・・・・・・)

五十嵐
「あらざらん」

この札を新を気にしていた滉は相手の両国に取られてしまう。


(ああもう、滉。しっかりしろよ)


(さすが富士崎・・・
体力ある、落ち着いてる・・・)

両国
(似ているところその①
一対一の勝負であること。
似ているところその②
立ち合いの呼吸が大事なところ。
勝ったら幕内!!)

滉は両国の気迫に圧倒される。


(勝ったら幕内・・・いや、A級・・・)

先生
(松林がんばれ、
綿谷の不調に引きずられんな)


(滉、一枚一枚集中!がんばれ!
・・・がんばれって思うけど、勝ったら弟が先にA級!?
それはなんかイヤ)

滉は次の札も取られる。

桜沢先生
(よし。厚、勝負強いわね)


(落ち着け・・・序盤の差は流れが来たら変わる。
こらえてミスだけはせんように。
でも攻めたいな___「こ」の札分けたい、
自陣整えたい・・・)

五十嵐
「ほととぎす」


(空札)

五十嵐
「なつのよは」


(空札)

五十嵐
「ふくからに」


(また空札)


(滉・・・)


(次こそ、次こそ)


「失礼します」

ここで新が手を上げて席を立つ。

若宮
(なんや、新が空札4枚くらいで間を取った。
やっぱ調子悪いんか?)

顔を上げ、新の方を見た後、滉は正面の両国を見る。

両国を見たあと滉は大きく息を吸う。


「失礼しました」

ここで場面は机くんとヒョロへ。

五十嵐
「あいみての」

ヒョロ
「うきょっ」

五十嵐
「こいすちょー」

ヒョロ
「ふきょうっ」

(応援にもある、
なんなんだ・・・)

甘糟
(勝てよヒョロ、
個人戦一人で勝ち切れ)

須藤
(メダル取ってこい!)

ヒョロ
(取りたい、あげたい。
優香璃さんに、おれの優勝のメダルを・・・!)

須藤
(これまででいちばん集中できてる、いけるぞヒョロ。
でも・・・差がつかない・・・リードはできてない)

(僕だって、今日は負けられない。
「団体戦は個人戦」、「個人戦は団体戦」。
かるたにおいてときどき言われるこの言葉。

しかし、人数が減り、最終的に一対一になる決勝戦はまさに個人戦。)

 

若宮と新

伊勢先生
(詩暢ちゃんの安定感、たいしたもんや。
一札一札にきっちり反応、ミスもない。
しかし)

若宮
(・・・差は5枚のまま、
新の反応も悪くない。)

伊勢先生
(出札次第なだけやないかっ。
詩暢ちゃん、気を抜くな)

若宮
(いつものリラックスとはちがう。
でも、流れなんていう不確かなものにうちは振り回されへんで。
5枚差を永遠の差にしてやるわ)

先生
(ああっ、綿谷も滉も取られたあ)

千早
(新、なにもできない。
どんなに思っても応援の声は出せない、
なんにもできない)

札を拾いに行った新は隣の滉の背中にポンッと手を置く。


「次は取るぞ」


「えっ」

先生
(綿谷が)


(新兄ちゃんが)

山本
(綿谷先輩が。
練習のときも下手で、
団体戦でもうまく声を出せなくて、
一回も出せなくて)


(「よっしゃー」やって言ったのに~~)

村尾
「え、えーと。大きなかけ声はNGや、自重して」


「はい、すみません」

(あの部屋ではもう取らん。
たとえばいまは、団体戦の土壇場、
1勝2敗の場面。滉とおれとで勝つんや、
おれら二人にチームの勝利がかかってる。)

若宮
(なんや新。まさかそこまであんたがそこまで”チーム”にかぶれるやなんてなあ)


(かけ声はそう何度もかけられるもんでない。
ここや、この一枚)

新と滉は同時に札を拾いに行く。
すれ違い様に新はぐしゃっと滉の頭を撫でる。
そして席に座る戻る前に千早の方を見る。


(千早・・・
あの部屋のイメージにい続けたらいま以上の強さは身につかん。
離れたくない、ずっとここにいたい。
千早と太一とかるたした部屋でまた。

ずっと。
でも、好きな子にかるたで負けて、
これまでの自分でいいなんて思えんのや。)

先生
(動きの呼吸が合ってる)


(滉・・・滉、勝て。勝って新兄ちゃんを楽にしろ)

(千早にも、周防さんにも、負けたくない)

若宮
(ふん、おもしろくないけど。おもしろい)

~以下ちはやふる ネタバレ 172話 に続く~



ちはやふる 172話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

新着情報入り次第随時更新予定!

 - ・ちはやふる