MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

デイズ 163話ネタバレ画バレ&164話最新情報

      2016/12/19

デイズ 163話 ネタバレ&164話最新情報デイズ 163話 ネタバレ 164話  画バレ 確定 最新話 速報

・デイズ最新163話確定ネタバレ画バレ
・164話ネタバレ画バレはこちら

前回!

 

風間妹
「観客にとってはある意味ここからが本番なんですよ、王者の初戦ですから。」

入場口ではピッチに向かって頭を下げる選手の影が見える。引き上げる聖蹟メンバーもその姿に足を止める。

観客「来たー!!梁山だーー!!」

 

いよいよ王者の出陣!!

そして今回は

中野
「おい、リョースケ。終わってないぜ」

「そんなもんだろ」

高木はニヤリと笑う。

中野
「相変わらずビッグマウス」

 

デイズ 163話 ネタバレ 最新 確定

DAYS ネタバレ 163話 「疑問」

■やる時は!それが大人だ!!

南部監督
「宿を延長した!!
俺の自腹で!!
全員分だ!!
俺の自腹で!!」

知念
「うおおおおお、
南部 最高ー!!」

新納
「太っ腹ーー!!」

神村
「聖蹟は今夜は宴、
と言いたいところだが・・・」


「梁山(あれ)を見たらそんな気分になれんだろう。
目の前で8対0の試合を見せられては・・・」

ガアッと自動ドアの開く音がする。

神村
「ん?相庭どこへ行くんだ?そっちは出口だ!!
今日はここに泊まるんだぞ!!」

相庭
「野暮用」

神村
「は!?」

中澤監督
「ミーティングは以上だ。
夕食まではまだ時間がある。
各自、自由時間だ。解散」

選手たち
「うす!!」

選手たちは静かにミーティングルームを出て行く。

中澤
「・・・・・・」

佐藤
「また大柴と同室になっちまった。」

大柴はビデオを見て一言も言葉を発しない。

佐藤
「(・・・楽観的な大柴ですら・・・いや、こいつだからわかるのか。梁山の恐ろしさが・・・・・・)
梁山の10番・・・こいつはさすがに知ってんだろ?

U-12からずっと日本代表だし。
化け物軍団の中ではひときわ線が細いが・・・」

大柴
「ま、まあまあ上手いな・・・知らなかったぜ」

佐藤
「ウソだろ?CMにも出てるぞ」

大柴
「知らん」

佐藤
「『良介良い香り』洗剤の!!」

別の部屋では君下と鈴木も梁山のビデオを見ていた。

鈴木
「ダイヤモンドの中盤の底。
ワンボランチだな。
無尽蔵のスタミナと強固なフィジカルを活かして、
生方の言ってる通りピッチのどこにでも顔を出す。
夏のIH最優秀選手か・・・」

君下
「・・・・・・ふん。・・・
ちっ、珈琲が冷めきってやがる・・・」

臼井
「そして、十傑第3の男」

臼井の部屋には3年DF陣が集まっている。

臼井
「碇屋と加藤の2枚看板が梁山の中心に間違いないが、
このマルコをどう止めるかが明日の試合における最重要課題だな。」

速瀬
(大学・・・いや・・・
すぐにでもプロで活躍できるんじゃ・・・)

灰原
「・・・・・・」

国母
(一人じゃ無理だよな、
二人がかりで止められるかどうか・・・)

一年トリオ
「やべーよ梁山、人材豊富すぎんだろ」

「わはは、笑うしかねー」

つくし
「・・・」

風間は新納との試合後の会話を思い出す。

新納
『梁山の志村千槽。最強の一年だ』

風間
「・・・・・・」

猪原
「他に2トップの守屋と長作のコンビに、
左サイドの黒柳と三浦もいい。
ベンチにも何故控えという奴が何人もいる。」

TV
「明日の注目は梁山対聖蹟でしょうか?」

今帰仁
「あ、TVでもやってます」

TV
「力関係からいったら十中八九梁山といった感じでしょう。
何せ十傑が三人もいますし、あと・・・」

ブッと猪原はTVの電源を切る。

 

猪原
「ふん」

今帰仁
「・・・・・・」


高木
「・・・・・・」

中野
「3本の矢とはよく言ったものだな」

加藤
「いや、それよりもぉ。
オプションの多さが気になるなぁ。
選手権に限らずIHの予選の試合も見てみよう」

ザッと部屋から出ようとする足音が聞こえる。

中野
「おい、リョースケ。終わってないぜ」

「そんなもんだろ」

高木はニヤリと笑う。

中野
「相変わらずビッグマウス」

加藤
「ああはなりたくないねぇ」

中野
「あ、マルコも出て行った」

加藤
「ほっとけ、続きだぁ」

水樹
「えー、いっぱい食べましょう」

夕食を前に選手達はしん・・・と静まり返り、一向に箸が進まない。
しかし、水樹だけがいつも通りばくばくとご飯をかきこむ。

つくし
「・・・・・・」

来栖
「・・・・・・あ、明日敗けたらこれが最後の晩餐になるわー。なんつって~~~」

両端から白鳥と新渡戸に挟みうちで攻撃される。

来栖
「痛てー何すんだ、ギャグだろギャグ!!」

新渡戸
「バカかてめえは!!」

白鳥
「空気読めよ、空気を!!」

来栖
「お前らがまともにとると本当にギャグじゃなくなるだろうが!!」

「前半で試合を決めて引っこんだが、
碇屋の1ゴール2アシストはいずれも高校生離れしていた。
加藤のロングシュートの先制点。

マルコの高速クロスでの3アシスト、
更に自らが持ち込んでのダメ押し点。
ポゼッションも70%を越えていたし、
たまに来るカウンターも志村の餌食。

唯一のピンチもGKは完璧にセーブ。
あれを見てナーバスになるなというのが無理なのかもしれない。」

水樹
「なんで?」

臼井
「いや、だから」

「君下よりキックの上手い奴がいるのか?
大柴よりいいFWなんて見たことがない。
灰原だってそれぐらいの活躍できるだろう?

梁山が強いのは当たり前だ、
ここまで勝ち上がってきたんだから。
それでも聖蹟は俺の自慢のチームだ。
勝つだろ、明日も。」

新渡戸
「食え!!食え!!残すなよ!!」

来栖
「梁山だと思って平らげろ!!」

白鳥
「恐るるに足らず!!」

来栖
「あれ?そういえば生方は?」

新渡戸
「さあ?」

犬童
「なんでお前がここに?」

保科
「来てはいけない理由はない」


「負けたのにまだ東京に?」

相庭
「うるせー、いちゃ悪いか」

保科
「俺はただ・・・」

「しに来ただけだ」

犬童
「考えることは同じってわけだ」

■実力者が終結!巻き起こるは未曾有の化学反応!?

~以下デイズ ネタバレ 164話 に続く~


スポンサーリンク

デイズ 164話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

小百合
「ああ、そういえば舞台袖に隠れてたんでしたっけ?」

つくし母
「期待に溢れる私たち保護者の目が。
つくしは高校でサッカー部に入って友達や仲間の話もたくさんするし、すごくたくましくなた。

それはとても嬉しいことだし素敵なことだと思う。
初戦と今日の試合を見るまでは私もずっとそう思っていた。」

小百合
「違うん・・ですか?」

つくし母
「サッカーをしているつくしは・・
何かから怯えて逃げているようだった。」

つくし母
「頑張った、よくやった、
交代する時みんながつくしそう拍手を贈ってくれたけど、
あれはつくしにとっては・・
恐怖だったんじゃないかしら。

頑張って、ダメで、また頑張って、
失敗して、それを幾度繰り返すのかしら・・
親として辞めてもいいと言うべきか、
頑張って乗り越えろと言うべきかわからないの」

小百合
「のぞみさん・・」

・164話ネタバレ画バレはこちら

 - ・DAYS