MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ブリーチ 678話 ネタバレ&679話最新情報

      2016/12/19

ブリーチ 678話 ネタバレ 679話  画バレ 確定 最新話 速報

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

・ブリーチ最新678話確定ネタバレ画バレ
ブリーチ 679話はこちら

 

卍解した一護!!!

 

一護
「卍解
『天鎖斬月』!!!!」

201606161801325f2

 

しかし圧倒的な実力差!!!

ユーハバッハ
「既に 頭を過ってるだろう
それが正解だ
“未来は変えられる”
お前はそう言ったな
『全知全能(ジ・オールマイティ)』は“未来を視る”力では無い
“未来を改変する”力だ
さあ 絶望してくれるなよ 一護」

20160616180131be4

一護は勝てるのか!?

 

ブリーチ 678話 ネタバレ 最新 確定

■挫折、敗北、蹉跌、その全てを――――――

一護
「―――――“絶望”が何だって・・・?
よく知ってるぜ・・・・・・・・・
今まで何度もしてきたし・・・・・・・・・
今まで何度も―――――
乗り越えてきたんだからな!!」

背景には虚に殺された母の姿。

■超える!!

斬月を高く振り上げる一護。
膨大な霊圧が噴き出していく。

一護
「卍解
『天鎖斬月』!!!!」

201606161801325f2

しかし次の瞬間、何故か振り上げた斬月が折れていた。
鎖も斬られている様子。

201606161801282f2

一護
(何だ?天鎖斬月が 折れてる―――――!?)

見下ろすと、空中に手を伸ばしているユーハバッハの姿。

ドッと折れた斬月が地面に突き刺さる。

突然の事態に一護が固まる。

一護
(何だ 何が起きてる!?
折られたのか?
いや あいつの霊圧は感じなかった
あそこからあいつは動いてない筈だ!!)

ユーハバッハ
「 一護、そう恐い顏をするな
お前の力に敬意を表したのだ
新たな『天鎖斬月』
”恐るべき卍解”だ
そう判断したから――――――」
“未来で折っておいたのだ”」

またしても固まる一護。

ユーハバッハ
「何を言っているか解らぬか
だが 一護
理解に時間を割く暇など無いぞ
“油断はせぬ”と言ったろう」

ユーハバッハはいつの間にか折れた一護の角を持っていた。

20160616180129dee

それを一護へと投げつける。

刀で弾いた一護の背後にユーハバッハが。

ユーハの攻撃をかわした・・・と思いきや、構えた一護はすでに斬られていた。

わき腹を切られ、叩きつけられた一護に再度ユーハバッハが迫る。

振り下ろされた刀をギリギリのところで三天結盾がガード。

一護
「井上!!」

しかしまたしても一護は斬られており、胸のあたりから血が噴き出している。

一護
「・・・・・・・・・・・・!」

織姫
「防いだのに・・・・・・!なんで・・・・・・」

そのまま力なく投げ出されてしまう一護。

ユーハバッハ
「・・・疑問は無かったのか?
”ただ未来が視えるだけで”
お前が足を踏み下ろす全ての場所に 寸分違わず罠を仕掛けられる事に」

苦悶の表情を浮かべながらも、なんとか起きようとする一護。

ユーハバッハ
「既に 頭を過ってるだろう
それが正解だ
“未来は変えられる”
そうお前は言ったな
『全知全能(ジ・オールマイティ)』は“未来を視る”力では無い
“未来を改変する”力だ
さあ 一護 絶望してくれるなよ」

20160616180131be4

■圧倒的実力差!!

 

~以下ブリーチ ネタバレ 679話 に続く~


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブリーチ 679話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

ユーハバッハ
「さあ 一護 絶望してくれるなよ 」

一護
「なん・・・だと・・・?」

そんな一護の背後に人影が。

「やれやれ、酷い取り乱しようだ」

一護
「!!お前は・・・?」

織姫
「月島さん!?」

月島
「これくらいのことで動じるような君じゃなかったはずだろう
それに忘れたのかい?
目の前の男に未来で折られた君の卍解なら
”僕が過去に打ち直してあげた”だろう?
ほら」

一護の手元を指差す月島。
そこには完全に元通りになっている斬月が。

一護
「なん・・・だと・・・?」

月島
「礼を言うなら鍛えなおしてくれた二枚屋くんに」

そこに駆け寄ってくる織姫。

織姫
「月島さん!来てくれたんですね」

月島
「当然だよ ”仲間”の危機だからね
直に阿散井君とルキアちゃんも到着するはずだ」

ユーハバッハ
「月島秀九郎か」

月島
「・・・・・・君と会った覚えはないんだけど」

ユーハバッハ
「お前は知る由もあるまい
何故お前を特記戦力から外したのかもな」

月島
「うん、知らないな」

ユーハバッハ
「私の力と唯一”対極を成す力”を持つお前だけは、この手で斬ると決めていたからだ」

ゴゴゴゴゴ・・・・と物々しいオーラを放つも、全く動じる様子のない月島。

月島
「ふーん・・・いきなり特記戦力とか言われてもよく分からないけど、一つ思い出したよ
君、昔山本の爺さんが倒した滅却師の親玉だね?」

ユーハバッハ
「―――――─何・・・・・・?」

月島
「爺さんは当時君を倒したことについて少し含みのある言い方をしてたから気になってたけど、こういうことだったのかな」

ユーハバッハ
(・・・どういうことだ
この如何にも山本重國とは旧知の仲であるかのような物言い―――――
いつ、どこで、誰に挟んだ
―――――それに奴は何故、一護の卍解を打ち直すことが出来た?
霊王宮に打ち上げられる直前、志波空鶴の屋敷で一護に能力(ブックオブジエンド)を使っていたのか?
それとも―――――)

月島
「いつ僕が能力を使ったのか分からない、って顔をしているね」

ユーハバッハ
「!!」

驚くユーハバッハだが、すぐに答えにたどり着く。

ユーハバッハ
(―――――成程な
貴様は個の生物・無機物ではなく、この世界そのものにその力を挟み込んだと言うことか
銀城空吾から譲渡された一護の力がそれを可能にした・・・!)

ユーハバッハの表情で、正解だと悟る月島。

月島
「なんだ、ネタばらしは最後にしようとしていたのに、つまらないな
そう、僕がこの世界に栞を挟み込んだ時点で 全ての未来は過去のものとなった
僕自身、自分の力がここまで高まるとは驚いたよ」

ユーハバッハ
「抜かせ
お前と一護の力を持ってすれば、この程度造作もないことだろう」

月島
「―――――ところで、君が見通した未来で僕の能力を知ったと言うことは
その未来の僕が君にネタばらしをしたと言うことだ」

ユーハバッハ
「・・・・・・」

月島
「肯定と受け取るよ
そこでもう一つ質問だ
そのときの君は、一体どんな姿だった?」

ユーハバッハ
「・・・・・・・・・」

月島
「視えているはずだ
僕に斬られ、骸となって横たわる君自身の姿が」

ユーハバッハ
「・・・・・・」

月島
「どうした?
何も答えてくれないのか? それとも―――――」

ユーハバッハ
「眩しいな」

月島
「・・・・・・?」

ユーハバッハ
「月島秀九郎よ お前の表情は直視し難いほど希望に満ちた顔だ
確かに私が見通した未来は 貴様が夢想する希望に満ちた未来と大差ないのかもしれぬ
しかしその未来は訪れぬ」
貴様は私に傷一つつけることは出来ぬだろう
月島秀九郎 絶望するがいい
私の聖文字(シュリフト)、全知全能(ジオールマイティ)の前では」

ユーハ・月島
「 ”見通した 力は全て 通じない” 」

ユーハバッハ
「!!」

月島
「―――――って、さっき僕らの前で説明してただろ?」

ユーハバッハ
「・・・・・・」

月島
「余計な問答はやめよう
”すでに知っている”会話を繰り返すなんてナンセンスだ
2分後、君はもうこの世にはいない」

斬魄刀を抜く月島。

月島
「・・・卍 解」

ブリーチ 679話はこちら

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

 - ・BLEACH