MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ハンター×ハンター 351話ネタバレ&352話最新情報

      2016/12/19

ハンター×ハンター 351話 ネタバレ&352話最新情報ハンター×ハンター 351話 ネタバレ 352話  画バレ 確定 最新話 速報

ハンター×ハンター 強さランキング(念能力解説付き)まとめ

・ハンター×ハンター最新351話確定ネタバレ画バレ
・ハンター×ハンター352話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)
・352話ネタバレはこちら

2016042115173427b

ヒソカVSクロロ!!
脳汁必須!!

ハンター×ハンター 351話 ネタバレ 最新 確定

天空闘技場

満員の観客が詰めかける天空闘技場。

実況
『さぁ─ァ!!! 休みがちの死神がフロアマスター戦として最初に選んだ相手は──!!!』

『同じくフロアマスターとして初めての試合を迎えるこの男!! その名はァァァ』

『クロロォ──ォオルシルフルゥゥ───ウウウ───!!!』

『VSッッッ』

『ヒソカァァア───アアアモロォォ──ゥゥ───ウ!!!!』

リング状で向き合う両者。

ヒソカ
「ようやく 想いが叶ったよ♡」

「ここまで待って馴れ合いみたいな闘いはしたくない☘」

クロロ
「わかってる 追われるのも正直面倒になってきた」

「どちらかが」

「死ぬまでやろう」

ヒソカ
「OK♡」

201604211517364eb

実況
『何ァ~~~~~んと!! フロアマスタークロロがデスマッチを提案んん!!
ヒソカもこれを快諾!! 死闘決定です!!』

『生き残るのは唯1人!! 相手の死が勝利の条件~~~~~~ん!!』

場内の温度も最高潮に。

ヒソカとクロロの間に立つ審判がお決まりのルール説明を始める。

審判
「あらゆる武器の使用は認められる 互いの誇りと名誉を賭けて」

「ッッ ファイッッ」

いきなり”本”を取り出すクロロ。
ヒソカもトランプを持って構えるが、クロロが取り出したのはシャルナークの能力で使うアンテナ。

それを審判の首に突き刺していく。

審判
「え?」

クロロ
(“携帯する他人の運命 (ブラックボイス)”)

ヒソカ
(・・・なるほど・・・♡)

(除念の後ボクをじらしたのは 能力(カード)をそろえるためね・・・・・・♪)

ヒソカはクロロが逃げ回ってたのは”能力”をかき集めるのが目的だったと気付く。

携帯を操作するクロロの左手にはもう一本のアンテナが。

ヒソカ
(もう1本 アンテナを・・・!!)

とそこで操作された審判がヒそかへ襲い掛かる。

実況
『!? !? 審判が!?』

『クロロと共にヒソカを襲う───!?』

ヒソカ
(審判でボクの動きを止め アンテナを刺す気か・・・!)

審判の顔を蹴りあげるヒソカ、そこにクロロの腕が伸びていく。

ヒソカ
(足を 刺しに来た!!)

身構えるヒソカだが、クロロは腕を引っ込めるとヒソカの顔面を狙って蹴りを入れていく。

なんとかガードするも、態勢を崩すヒソカ
(チッ フェイント・・・!!)

さらにクロロは怒涛のラッシュを仕掛ける。
たまらずヒソカは赤ん坊ガード。

20160421151730707

 

ガードしながら考えるヒソカ
(操作系の強み・・・条件を満たせば即詰みだ♠ ケータイ1台だから操れるのは1人のみ? それとも)

(2人同時に操れる? メールの一斉送信で命令を拡散出来るなら十分可能!!)

実況
『スタンプ!!! スタンプ!!! スタンプ!!! スタンプ──────!!!
無慈悲な連続スタンプゥゥ──!!!』

ヒソカ
(アンテナを抜くか審判を壊せばおそらく操作は解除されるが 操作可能なのが1名だけならばクロロはそれを待っている・・・!)

ヒソカ
(伸縮自在の愛(バンジーガム)!!)

ヒソカの右足から審判の顎に伸びるガム。
どうやら先ほどのハイキックの際につけていた模様。

ヒソカ
(最速(MAX)で縮め!!)

ヒソカにラッシュを仕掛けるクロロの背後から高速で審判の身体が迫る。

20160421151731af6

審判に対処している間に脱出するヒソカ。

クロロは審判の背後へと姿を隠すように移動していく。

ヒソカ
(審判を盾にアンテナを刺す機会をうかがっている・・・♦
操作できるのが単体でも複数でもベストの戦略だね☘)
(瞬殺可能なやり方を敢えてボクに見せたのは・・・
アンテナを継念い警戒させ 精神(こころ)を削るため!! つまりは長期戦の宣言!!)
(とても嬉しいよクロロ・・・♡)
(受けて 勃つ・・・♡)

審判のパンチをかわし、懐に潜り込むヒソカだが
そこで審判の胴体がボッと弾ける。

ヒソカの顔に血しぶきが迫っていく
「!!」

ヒソカ
(爆破・・・!? 血がやばい!?)

(発動(バンジー)!!)

爆発し、崩れ落ちる審判の背後には両手に妙な刻印の浮かんだクロロの姿が。

20160421151733562

クロロ
「”番いの破壊者(サンアンドムーン)”」

ヒソカ
(本を 持っていない・・・!)

クロロ
「ご覧の通り両手を使う能力だ」

「左手で太陽(プラス)の刻印を押し 右手で月(マイナス)の刻印を押す」

「互いの刻印が触れ合うと爆発する・・・今が審判の左手と背中に刻印を押した」

「刻印自体は一瞬で押せるが威力を最大にするには対象者に3~5秒ほど触れ続ける必要がある」

「一瞬の刻印なら今程度の爆発で済むが 完全な爆弾なら傍の人間も粉々に吹き飛ばす」

「流星星(故郷)で 手に入れた能力だ」

ヒソカ
「・・・・・・親切だね♦ 舐めてるのかい?」

「それとも すごく舐めてるのかい?」

クロロ
「後出しはしない 晒したカードで闘うよ」

「ただの殺し合い(ゲーム)だからこそ 闘い方(スタイル)は大事だろう? 勝敗なんかよりはるかにな」

ヒソカ
「勝敗には拘ってくれないか? ボクが萎えるからね♠」

クロロ
「もちろんそのつもりだが お前はどうだ?」

ズズ・・・と新たな能力を発動するクロロ。

クロロ
「オレの手役を見た後でも勝負(コール)するかよく考えろ」

「”栞のテーマ(ダブルフェイス)”」

「今実演したように 栞を挟む事で本を閉じてもそのページの能力を維持できる」

「更に開いたページの能力と併用することも可能だ」

2016042115173427b

ヒソカ
(キミが気持ち良く闘えるならそれでいいよ♡)

(戦(バトル)は舞(ダンス)・・・! 息を合わせないとね・・・♪)

「揚げ足とっていいかな?」

「『栞』と『挟むページの能力』と『開いたページの能力』 それだとダブルじゃなくてトリプルじゃないの?」

クロロ
「それを言うなら本(これ)も含めてクアドラプルだな この栞は本に付属するオレの能力で盗んだものじゃない」

「『盗んだ能力を2つ同時に使える能力』という事だ ちなみに栞は1枚しかない」

「コンボが可能な能力は強力だが 栞の本領は前者だ」

改めて栞を本に挟み、本を消すクロロ。

クロロ
「元々右手で本を持つことが前提の”盗賊の極意(スキルハンター)”だったが」

「両手を空けないと発動しない能力を盗んだ事で調整を余儀無くされた」

「おかげで厄介な制約は増えたが 能力発動時の体術向上の効果は甚だ大きい」

サンアンドムーンを発動するクロロ。

クロロ
「両手が自由な状態で能力を1つ使える 素晴らしいと思わないか?」

「これをふまえてあと3つ 能力を紹介しよう」

ヒソカ
(・・・確かに 面倒(素晴らしい)な・・・♡)

クロロ
「1人殺るに当たり使用する能力数新記録だ」

「誇りに思っていいよ」

~以下ハンター×ハンター ネタバレ 352話 に続く~



ハンター×ハンター 352話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・352話ネタバレはこちら

クロロVSヒソカ

クロロがダブルフェイス
【栞のテーマ】を発動する!

クロロ
「【蛇咬の舞】(だこうのまい)」

実況
「無数の紙吹雪が
蛇のように死神を襲う!!」

紙吹雪をかわすヒソカ

ヒソカ
「残念・・・◆
ボクね蛇との関係性は
密接なんだ」

そして次の瞬間、
ヒソカの背中に
アンテナが突き刺さる

ズズ・・・
と新たな能力を発動するクロロ

クロロ
「【廻天(リッパーサイクロトロン)】」

クロロが右腕を回す

クロロ
「回数と威力の加減について
俺にもまだ感覚が掴めていないが・・・
俺の全力(本気)で殺してやろう」

ヒソカ
「それは楽しみだね~◆」

審判のアンテナがクロロの体に刺さる

アンテナを自分に刺すと
自動操作モードとなり、この間の記憶はないが、
クロロ自体の記憶は保たれている

クロロはヒソカを見て何かを察する!

クロロ
「お喋りはここまでのようだ」

ヒソカ
「どうやらそのようだね!
次のターンでどちらか the end♪」

クロロ
「・・・」

ヒソカ
「お礼にボクの能力(正体)も
紹介してあげるよ
薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー」

ヒソカの背中に刺さったアンテナが
剥がれ落ちる

クロロ
「悪感・憎悪・殺意
【相手がどんなに訓練して隠しても
そのウソ全てを見抜けるほどの・・・」

ドッキリステクチャーを発動したヒソカ
顔の皮膚がボロボロ剥がれる描写

クロロ
「どう見ても意志の疎通の図れぬ表情」

奇声を上げるとともにヒソカがクロロを襲う
両者の拳と拳がぶつかり合う

切断されたクロロの右腕が宙を舞う
リング背後まで吹き飛ばされるクロロ

クロロ
「・・・?【ヘルベル】の感染者」

予言を思い返すクロロ

予言
「死神が貴方のそばに佇む限り
誇りか裏切りしか答えはないだろう
貴方の優位は揺るがない
遺る手足が半分になろうとも
天空に備える階段を降りてはいけない
きっと待ち人に会えるから
【双尾の蛇 ヘルベル】」

回想

彼らはヘルベルによってほぼ壊滅

日常生活に戻れた者は3名
(一人はビヨンド=ネテロ)

クロロの元へ駆け付けたジン

ジン
「やっぱあんたかい、
尋ね人ってのは
妙な噂を耳にしてな、で、あんたを捕らえに来た」

クロロ
「ジンさん・・・」

ジン
「おう!悪ガキ!久しぶりだな」

バレ候補

クラピカがテレビを見ている場面から始まる。
画面にはヒソカとクロロの試合が。

クロロ(選挙にも姿を見せなかったヤツが
今になって何故メディアに露出する)

(何か思惑があるとしか考えられない)

(──もう念を外されてずいぶん経つ)

背景には除念されているクロロの姿。

(以前程ヤツらに憎しみは感じない)

(──救われた、ということか)

「クラピカ」

ミザイストムに声を掛けられ、テレビを消すクラピカ。

ヒソカvsクロロ

距離を取るクロロ(他の団員の能力も使える、と考えているだろうな)

ここでクロロの回想

ある理由で団員と連絡を取っていなかった
きっかけは1通のメール

宛名はマチからだが、本文は見えない。

流星街に戻るクロロ。
変わり果てた街。変わり果てた団員。

右手だけ残し、他の四肢が全て欠損している状態のシャル。

クロロ
「シャル…」

シャル
「おそらく──強力な操作系能力者」

シャルはオートパイロット中の為、
操作は免れた。
右手をスキルハンターに伸ばすシャル。

他の団員は全員操られた模様
全団員の後ろ姿。

マチの首がありえない方向に曲がって振り向く。
顔の半分は蟻になっていた。

クロロ
(シャル──…お前の能力も連れて行くよ)

スキルハンターを握りしめる団長の姿で次週へ。

ハンター×ハンター 強さランキング(念能力解説付き)まとめ

 - ・HUNTER×HUNTER