MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ブリーチ 668話 ネタバレ&669話最新情報

      2016/12/19

ブリーチ 668話 ネタバレ 669話  画バレ 確定 最新話 速報

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

 

・ブリーチ最新668話確定ネタバレ画バレ
・669話はこちら

 

ブリーチ 668話 ネタバレ 最新 確定

死神”最強”と滅却師”最強”が激突!! 互角の力が火花を散らすが一片の刃毀れが戦局に大きな影を・・・!!

斬られた腹を押さえる更木
「・・・何だこりゃ?
どういうこった」

ジェラルド
「何が疑問だ?
我が力は”奇跡(ミラクル)”!!
”奇跡”とは民衆の想いを形にする事!
破壊できぬ我が体躯は民衆の”恐怖”で巨大なものとなり 民衆の”希望”を束ねて剣となした”希望の剣”は折れれば即ち絶望となる!」

日番谷
「・・・何を言ってんだか全く解らねぇが・・・
道理の通じねぇ能力を持ってるって事だけはよく解った」

更木
「そうかよ
要は剣を折らずにてめぇだけ殺しゃいいんだろ?
いちいち解決法を披露するたァ甘めェ野郎だ
後悔させてやるぜ!」

ジェラルド
「有り余る力の差を埋める為に教えているのだ
それも解らぬとは甘い奴!
お前の方こそ後悔することになるぞ!」

そして再びジェラルドに向かっていく剣八。
走る剣八に剣を突き立てるジェラルド。

それをかわし、ジェラルドの顔面に斬りかかるが素早い身のこなしでかわすと左腕で剣八を建物に叩きつける。

「はははははははは」と楽しそうに笑いつつ建物から飛び出す剣八。

剣八
「かわすじぇねぇか!
見た目の割にすばしこい奴だ!!」

ジェラルド
「こちらこそ一握りして潰してやるつもりだったのだがな!
すばしこい奴だ!!」

日番谷
「・・・なんか・・・
こいつら似たモン同士な気がしてきたな・・・」

とその時、ジェラルドの背後から仕掛ける日番谷。

日番谷
「群鳥氷桂(ぐんちょうつらら)!!」

鳥のような形の氷の群れを飛ばしていく日番谷。

ジェラルド
「目障り!
我の相手は貴様では無い!」

ジェラルドが腕を伸ばすが、その前に剣八が体当たりで日番谷を吹っ飛ばす。

地面に叩きつけられる日番谷
「更木っ!何しやがる」

更木
「邪魔すんじゃねェ!!
こっちの科白だ!
てめェらはスッこんでろ!!」

日番谷
「ちっ・・・野郎・・・・・・」

起き上がろうとする日番谷を止める朽木
「止せ無駄だ
道理の通じる相手ではないのは更木も同じ事」

日番谷
「・・・わかってる
・・・だが更木を置いて先に行く訳にもいかねぇ
こいつは更木一人で勝てる相手じゃねぇ
その証拠に ほら見ろよ
更木の奴・・・・・・・・・
とっくに眼帯を外してやがる・・・!
たぶんあいつ自身が本能で解ってんだ
眼帯を外さねぇと勝てねぇ相手だって事をな・・・」

日番谷の背後を見る朽木。

朽木
(氷の華がもう随分と散っている・・・
無理も無い
皆疲弊し切っている・・・
時間が無いのは皆同じ事か―――――・・・)

考え込む朽木に日番谷が言う。

日番谷
「朽木
奴等の隙を衝いて俺があの大男を凍らせる それを千本桜で粉砕してくれ
今迄の感触なら最大出力で骨まで凍結できる筈だ
少し時間がかかる 協力してくれ」

朽木
「・・・・・・・・わかった」

真っ向からぶつかり合うジェラルドと剣八。
しかし若干剣八が押され気味の様子。

ジェラルド
「どうしたどうした! 剣の威力が落ちているぞ!!
まあ当然か!
剣を刃毀れさせずに戦うなど土台無理な事!
戦っていれば刃は毀れ貴様の体にはそうして”絶望”が刻まれる!」

またしてもぶっ飛ばされるが、それでもすぐに反撃に転じる剣八。

ジェラルド
「不屈!素晴らしいなその精神
だが 精神で力の差は埋められぬぞ!」

そのとき、上空を覆う霧のようなものに気付くジェラルド。

ジェラルド
「!ぬんっ」

すぐさま腕で霧を薙ぎ払うジェラルド。
霧は白哉の仕掛けた千本桜だった。

ジェラルド
「朽木白哉!
見えているぞ
そして・・・・・・
日番谷冬獅郎!
お前もな!」

近くの建物の影にいた日番谷に剣を振り下ろすジェラルド。
日番谷はなんとか氷輪丸でガード。

ジェラルド
「全て見えているぞ!!
貴様等が我の隙を衝こうと画策する姿
我は最大・最強・最速の滅却師!!
我は全てを与えられた戦士!!
我を出し抜けるなどと思うな!!」

倒れている剣八に誰かが囁く。

『なにしてんの』
『ねえ』

スポンサーリンク

20160331151041998s
現れたのはやちる
「なにしてんの
剣ちゃん」

剣八
「・・・・・・・・・やちる」

倒れている剣八の腕を取るやちる
「ほら剣ちゃん
起きてつづきやろ
つづき ほら」

剣八
「やちる・・・
お前ェ今までどこに・・・」

やちる
「剣ちゃんが
剣ちゃんがあたしをちゃんと使えば
剣ちゃんが斬れない奴なんていないんだから」

やちるが掴んだ更木の腕から霊圧がみなぎる。

剣八
「・・・何だ?
お前ェ何をした・・・?
・・・・・・力が・・・・・・・・・」

やちる
「ほらー!
剣ちゃんなんにも知らないんだから!
―――――その力の名前はね
”卍解”だよ」

20160331151042e59

遂に明かされる―――――

 

~以下ブリーチ ネタバレ 669話 に続く~


スポンサーリンク

ブリーチ 669話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

やちる「卍解だよ」

そう言って剣八の手を取るやちる。

剣八は突然のやちるの言葉に戸惑う。

やちる「あたしはね、剣ちゃんの斬魄刀なの」

その言葉に、剣八はいつかのやちるの言葉を思い出していた。
意識の奥底に潜んでいたやちるの言葉。

『なれるよ剣ちゃん強くなろう いっしょに』

『あたし知ってるもん一番強いのは剣ちゃんだもん』

『だからもっともっと強くなろうよ 二人で・・・』

剣八(2人で──か)

剣八「やちる」

名前を呼ばれたやちるが嬉しそうに剣八の顔を覗き込んでいる。

【やちるの回想】

やちるナレーション:
あたしには名もなく 親もなかった

あたしがいたのは北流魂街79地区 “草鹿”
あたしはそこで血以外の色を見た記憶がない

周りは皆 人よりも獣に近い連中ばかりで
赤ん坊のあたしなんていつ踏み殺されてもおかしくなかった

そこへあなたはやって来た

北流魂街80地区”更木”

最も深い闇の底から

剣を振るう剣八の描写。

やちるナレーション:
あなたはあたしの血塗れの世界を 一瞬で切り刻んで
そしてあたしに 名前をくれた

あの時あなたが現れなければ 今のあたしはここにはいない

そう あの日からずっと
あなたはあたしの 世界の全て

少し大きくなったやちるの描写。

ナレーション:
いつも嬉しそうに 楽しそうに戦うあなたを見て
その姿に何故だか嬉しくなる私を感じて

私は気付いた

私はあなたの力になるために生まれて来たことを

さらに一護に敗北し、横たわって斬魄刀に話かける剣八の描写。

剣八「随分長いこと・・・・・・待たせちまったな・・・」

「なあ・・・お前は何を今さらと思うかも知れねえが・・・」

「今からでも俺に 教えちゃくれねえか・・・」

「お前の───」

「────名を」

何も答えない斬魄刀。
そんな様子を横で見ていたやちる。
やちるナレーション:
剣ちゃんはあの時初めて名前を聞いたんだよね
でも、教える訳にはいかなかったの・・・

卯ノ花隊長も言ってたでしょ

剣ちゃんは自分の力に封をしてたって

技術開発局に眼帯を造らせている剣八の描写。

やちるナレーション:

でも 今なら教えてあげられる

もう剣ちゃんは昔の剣ちゃんじゃないから

自分で枷を背負ってたあの頃の剣ちゃんじゃない──

もう大丈夫

───あたしがいなくても

【回想終わり】

やちる「立って 剣ちゃん」

剣八の手を取り、霊圧を送っていくやちる。

剣八(なんだ─・・・この霊圧は・・・!)

立ち上がる剣八。

全霊圧を注いだやちるは剣八の手を握りながら、少しずつその姿を消していく。

剣八「おい、やちる・・・?」

やちる「お別れだよ 剣ちゃん」

剣八「何言ってんだお前─・・・」

やちる「これであたしの役目は終わり」

「だから最期に名前を──呼んでほしいな」

剣八「名前・・・」

やちる「それがあたしの本当の名前」

「そして剣ちゃんの卍解の名前だよ」

「今のなら─・・・分かるでしょ?」

さらに姿が消えていくやちる。

剣八「やちる─・・・」

やちる「・・・・・・・・・」

剣八「───”夜散(やちる)”」

・669話はこちら

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

 - ・BLEACH