MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

キングダム 463話確定ネタバレ&464話最新情報

      2016/12/19

キングダム 463話 ネタバレ&464話最新情報キングダム 463話 ネタバレ 464話  画バレ 確定 最新話 速報 463464

・キングダム 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

・キングダム最新463話確定ネタバレ画バレ
・464話はこちら

キングダム 463話 ネタバレ 最新 確定

『離眼の悲劇』

離眼の城主が、先代の紀昌、紀彗の父だった頃の話

混バァ
「あの頃、あの一体は離眼と暗何(あんか)という城が地域の覇権をかけて争っていた
王都カンタンはこれをよくある地方勢力の小競り合いと思っていたようだが、
実際は激しい【戦争】だった

力で圧政をひく暗何のトウカン

kgd463_15
対極に善政で民に慕われ結束の固い離城の紀昌(きしょう)

kgd463_14

兵数で言えば暗何が倍以上、だが戦上手の紀昌と猛者ぞろいの側近衆・練兵された兵団の離眼はそれと互角に戦い・・・

そして更に紀彗、劉冬、馬呈が台頭してきて、戦局は離眼に傾いてきた

紀彗は紀昌の子
劉冬と馬呈は紀昌の腹心の子として、兄弟のように絆が強かった

流れが離眼に傾きだしたため、暗何が決戦に出てきた

それがこの辺りでは有名な、【旦虎の戦い】だ

暗何は離眼の5倍の兵を集めて襲い掛かってきた

だが劉冬、馬呈らが善戦、そして最後は敵をかいくぐった
紀彗が暗何の城主、トウカンを討ち取り離眼が見事に勝利した」

kgd463_13

キョウカイ
(それが本当なら趙将紀彗は相当やる・・・)

混バァ
「・・・その時はこれで一帯に紀昌の善政が広がると喜んだ者も多かったろう
だが長年続いた離眼・暗何の因縁は旦虎の一線では終わりとならなかった」

キョウカイ
「!?」

混バァ
「紀彗軍が残党を追っている時、旦虎の戦いに参加してなかった、
敵将の子、トウキンが仇討ちのため、離眼城を急襲してきたんだ

離城の城内にいた兵士は旦虎から帰還していた負傷兵のみ
中には馬呈・劉冬もいたそうだが2人ではどうにもならなかった

kgd463_11

とにかく離眼は落ち城内にいた女・子供・老人全員が人質となってしまった」

後手に手を縛られている民が涙しながら地面に並ばされている

kgd463_10

混バァ
「そしてトウキンはそれらの命と引き換えに紀昌と将校・兵の投降をせまったのだ」

紀彗過去

紀彗
「なりません父上!!行けば必ず殺されます!!こんな卑劣な手!!」部下
「城主様!!城主様!!」紀昌
「トウキンは成人以下を見逃す条件をのんだ
これ以上はなかろう」

紀彗
「父上・・・」

紀昌の隣のガクイン、カクコウに紀彗が詰め寄っていく

紀彗
「どうしたガクイン!!なぜ父上をお止めせぬ!!
行けばあなた達とて同じく命を・・・カクコウも」

ガクイン
「行かねば城にいる我らの子達が殺されまする」

kgd463_9

紀彗
「!?」

kgd463_8

紀昌
「彗・・・女・子供を人質にして武将の首を取らんとするトウキンの下策をあえて受けることにしたのだ

我々は決して中央にもひけをとらぬ屈強な武将であるがわしは武将の前に離眼の城主でありそして側近達は離眼の大人達だ

親が子供のために命をかけるのは当然のこと
そしてその席を少々早いが、お前に継いで貰わねばならぬ、倅よ」

そうして人質交換に応じた紀昌

紀昌は敵に投降する直前に劉冬、馬呈達にあの木彫の像を渡す

投降してきた紀昌達をトウキンが捕らえる

そして木の柱に縛りつけられ紀彗、馬呈、劉冬の目の前で火あぶりにしようとする

トウキン
「縛り上げろ!!」

紀昌
「トウキン、倅達の命を助ける条件を飲んでくれた事は感謝するぞ」

スポンサーリンク

トウキン
「勘違いするな!!同じ苦しみを味あわせるためだ!!」

kgd463_7

紀昌
「・・・そうか・・・」

kgd463_6

トウキン
「くそっ!!くそォっ!!火を放てェっ!!」

燃やされる紀昌達

kgd463_5

泣いている紀彗達や離眼の人々
紀昌が最後に紀彗に声をかける

紀昌
「離眼の子らを守り抜け。頼んだぞ倅よ」

kgd463_4

紀彗
「・・・っ!!ハッ、か・・・必ず!!」

kgd463_3

その後、紀彗は善政で離眼を復興させる

過去終了

 

混バァが劉冬の持っていた
木彫のお守りの説明をする

混バァ
「これは離眼に古くからある風習の一つ、【守り子】
子供達がね、戦場に出る父達に贈る
お守りみたいなものさ」

キョウカイ
「私を斬った劉冬って奴は三つ持ってたけど子供が三人ってこと?」

混バァ
「そこまでは知らんよ。・・・!?
ってあんた劉冬に斬られたのかい!?
・・・まァいい、とにかくその紀彗軍は強い

かつての五倍の暗何軍を討った紀昌様の時より今の方がはるかに強いって噂だ
さらに黒羊の先へ行かさんとする士気も高い
な・・・戻らずここにいた方がよいと思ってきただろう?」

キョウカイ
「逆だよ。強敵ならなおさら仲間達の元に戻らないと・・・どんな相手だろう」

kgd463_2

夜更けにそれぞれ思惑する3人
紀彗、信、桓騎の姿

kgd463_1

「黒羊、3日目の夜は不気味な程静かにふけた
そしてこの黒羊最大の激戦日となる
四日目の朝焼けは血のように赤かったという
その主戦場となるのは紀彗軍の陣地である・・・」

「想い、焦燥、思惑が渦巻き、夜が明ける黒羊夜の静寂を破り、戦は激しさを増す!!」

以下464話へ続く


スポンサーリンク

 

キングダム 464話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・464話確定ネタバレはこちら

飛信隊野営地

「沈黙の三日目から一夜明け、
怒号が響く飛信隊陣中!!
再び桓騎から理解不能の伝令が・・・!?」

飛信隊の所へ桓騎軍の使いがやってくる
そして、信に桓騎からの伝言を話す

kgd464_5


「何~!?開戦が始まったらその場に待機しろだと!?
昨日は俺たちが作ったチャンスをミスミス見捨てた癖によ!!」

使い
「生意気言うな」

テン
「・・・分かった」


「!?」

テン
「桓騎の命令通り留まろう
戦況から全体を見ると・・・
留まっていれば前日と同じように有利になるはずだ」

山から降りて来る慶舎軍が飛信隊にぶつかる 形になる図


「・・・そうかよ」

テン
「他には?」

使い
「援軍を送る」


「援軍!?」

テン
「・・・信じていいのか?」

使い
「ああ」

信&テン
「・・・」

桓騎野営地

テントの中にいる桓騎
外から部下が叫ぶ「お頭!朝ですぜ!」

桓騎はテントの中で女性達と寝ていた模様
テントから中央丘を眺める桓騎

kgd464_4

それぞれの思惑する顔の描写

・キングダム 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

 - ・キングダム