MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

終わりのセラフ 59話ネタバレ画バレ&60話最新情報

   

終わりのセラフ ネタバレ一覧はこちら

終わりのセラフ一瀬グレン16歳の破滅 ネタバレ一覧はこちら

終わりのセラフ 59話 ネタバレ&60話最新情報終わりのセラフ  画バレ 確定 最新話 速報 5059

・終わりのセラフ 強さランキングまとめ!

・終わりのセラフ最新59話確定ネタバレ画バレ
・終わりのセラフ60話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)

前回のラストは

グレン
「俺が殺してしまった人間を
すべて元に戻す」

それは唯一残された希望、
そしてそれは最大の禁忌——

終わりのセラフ 58話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

ミカ
「呼び捨てにするなよ」

三葉
「中佐
資料隠しました」・・・・・

終わりのセラフ 59話 ネタバレ 最新 確定

『飼い主はダレカ』

グレンの目的は
禁忌にして希望——!!

右腕がピクッとなる優


「ってそれ
全員が生き返るってことか?」

グレン
「ああ」


「世界中の全部の人間がか?」

グレン
「ああ」


「茜たちも?」

グレン
「そうだ」

シノア
「・・・・・・」

ミカ
「こんなの信じるなよ優ちゃん
できるわけない
こいつに騙されちゃだめだ」


「でも・・・」

グレン
「そうだ」

ミカ
「じゃあ茜や子供たちは
生き返らないよ優ちゃん

死んだ時期が違う
殺したのも吸血鬼だ」


「あ・・・」

鳴海
「確かにそうですね
秀作たちが死んだのも最近だ

死因や時期で指定するなら
生き返らない」

グレン
「・・・・・・・・・」

三葉
「あのここにあるのは
そのための死体なんですか?

この地下室にある
たくさんの死体・・・
ここにあるものが生き返る候補?」

与一
「えちょちょと待ってください
口はさんでいいですか?

じゅあこの八年で死んだ人は
ここに死体がないと
蘇生しないってことですか?

あの・・・僕の姉も吸血鬼に殺されて・・・
埋めたからたぶん
死体って残ってないんですが・・・」

シノア
「・・・・・・」

君月
「でもじゃあこの死体はなんだ?
なんのためにとってあるんですか?中佐」

グレン
「その説明はできる
呪術式の説明資料も
ここにあるはずだ」

シノア
「知識がない奴が
読み込んでいっても

読むだけで一年はかかるだろう
だから・・・
“俺に従え”ですか?」

グレン
「・・・従わなくてもいいが
信じてほしい」

ミカ
「話にならないな・・・・・・
まるで詐欺師だ」

グレン
「嫌な奴はさってもらってかまわない
だが優」


「まじでー
しょーがねーなー」

ミカ
「優ちゃん!!」

ミカ
「まさか受け入れないよね
君を利用しようと・・・・・・」


「でもグレンが困ってるんだ」

ミカ
「行ったら絶対殺されるよ!!」

三葉
(単細胞・・・)


「逆だよ
グレンは全員生き返らせるって
言ってるんだ」

ミカ
「嘘かもしれない」


「だってさ」

ミカ
「ほんとだめだって!!」


「でもじゃあ
茜はどうする?子供たちは?」


「俺は生き返らせたい
お前のことも人間に戻したい

君月の妹も救って
鳴海の家族も——」


「なら離れなきゃいい
この八年でもう十分わかった

こんな世界じゃ家族は
離れちゃだめなんだ

だからミカ
おまえは俺のそばにいろ

俺がやばいと思ったら
おまえが俺を助けてくれよ」

ミカ
「・・・・・・
・・・やばいと思ったら」

グレン
「それでかまわない
俺はそれだけのことを・・・」

ミカ
「黙れ
どうなっても僕はおまえを信じない」

グレン
「ああ」

ミカ
「絶対に信じない」

グレン
「ああそれでいい」

ミカ
「で・・・じゃあなんなんだ
何も説明しないおまえは
ここからどう進める?」

グレン
「俺だけじゃことは進まない
だからまずは

フェリド・バートリーと
クルル・ツェペシを取り戻す」

部屋を出るグレン


「グレン
他の奴らもみんな寝室に運んだぞ」

グレン
「誰か起きたか?」


「いや
・・・けっこう強く殴ったからな」

グレン
「ふーん」


「・・・気絶させたのは
蘇生の件がバレたら消滅するからか?」

グレン
「二度とそれを口にするな」


「・・・わかった
なあグレン」

グレン
「うん?」

グレン
「・・・別に」


「そっか」

グレン
「ああ」


「・・・たぶん
きっと・・・・・・
辛かったろうな」

グレン
「深夜たちが起きたら
キ・ルク攻略の計画を話す
だがその前に」


「修行!?
俺もっと強くなれるのかな!?

あそういやクローリーが
終わりのセラフの力を
コントロールすると言ってたけど」

グレン
「”限定解放”だ
数秒だけあの力を使えるようにする」


「へー
ばーんってすごくなれる?」

グレン
「ああ」


「ちなみに俺
暴走してるとき記憶ないんだけど
無差別攻撃してるっぽい」

グレン
「そうだな」


「それってまずくね?
それとも今度は意識もあるのか?」

グレン
「ああたぶん
ぎりぎり」


「ぎりぎりかよ
でもま意識あるならいいや
仲間守れるってことだもんな」

グレン
「リスクもある」


「いいよ」

グレン
「おまえの心と身体への
負担が・・・」


「家族の俺がそうなったとしても
これは必要なことだと
おまえも思ってる」

グレン
「ああ」


「ならいい信じるよ
あ でもリスクのことは
ミカには・・・」


「おわっ!!」

ミカ
「ちょっと優ちゃん
いきなり隠し事ってどういうことだよ」


「あ〜ごめん
リスクあるってミカ」

ミカ
「素直に言ってもだめ」


「えー」

ミカ
「絶対だめ」


「でもしょーがねーじゃーん
強くなんなきゃいけないし」

ミカ
「何がしょーがないのか
全然わかんないよもう〜」

グレン
「薬を使うだけだ」

ミカ
「また薬・・・
その副作用は?」

ミカ
「優ちゃん」


「ん?」

ミカ
「早くも好きにならないって
わかったから
こいつの首切り落としていい?」


「だーめ」

グレン
「暴走 止める
暴走 止める

優が制御できるまで
その繰り返しだ
ミカおまえも手伝・・・」

ミカ
「呼び捨てにするなよ」

三葉
「中佐
資料隠しました」

グレン
「ああ助かる
あいつらは古い『鬼呪』の資料も
読めるからな」

シノア達

シノア
「馬鹿には読めないっー
言われーちゃったーけーどー

ふむふむ
ふむむむむ むむむ」

君月
「馬鹿のままじゃ
仲間は守れないからな

つってこれ全部読んで
理解って無理だが」

シノア
「読めてるんですかね?」

君月
「フリだろ?」

鳴海
「いいから君らもさっさと読め!
この館にいられるうちに
なるべく情報を収集する」

優たち


「ほーこれかー
痛そ〜」

ミカ
「打たなくていいと思うけど」

グレン
「早く打て」

与一たち

三葉
「・・・知るか
もうどこからなにが危ないのかも
あたしにはわかんないよ」

与一
「・・・確かに
でも中佐が帰ってきてくれて

ちょっとだけ
ほっとしたよね・・・」

三葉
「まあ・・・な」

「・・・ウォ」

三葉
「え これって・・・
優の暴走が始まったのか!?」

深夜
「うおわっ
なんだよ!!?」


「グワアアアアアアア!!!」

深夜
「ぐわーってなに!!?」

グレン
「撃て深夜!!
死ぬぞ!!!」

深夜
「首尾は?」

グレン
「失敗だ
優がセラフをコントロールできる
ようになるまでこれを繰り返す」

与一
「嘘でしょ」


「したよな?
ごめん次がんばる」

五士
「死んじゃうよ絶対〜」

与一
「ちょっと君月くんと
鳴海さんも読んでくる」

ミカ
「・・・でも優ちゃんが
これコントロールできれば
キ・ルクに勝てる?」

クローリー
「いや・・・それでも
五分かなぁ」

グレンに話しかけるクローリー

クローリー
「どれくらいの時間
コントロールできるのこれ」

グレン
「成功しても数秒だ」

クローリー
「じゃあ
向こうの方が強い」

三葉
「えええ」

深夜
「だからいったい誰を?」

三日後

キ・ルク
「ん〜囲まれてる 何人だ
十人以上・・・

ああ十三人だ場所もわかる
殺してまわるか?

いや敵の目的はフェリドと
クルル様だろうから・・・
さてどうするか」


「作戦開始まで
あと十秒だ与一」

与一
「う・・・うん」


「七 六 五
やるぞ
おまえが打つと同時に走る」

与一
「撃ちます!!」

キ・ルク
「は なめんなよ」

死闘の幕開け!!

 

〜以下 終わりのセラフ60話へ続く〜



終わりのセラフ 60話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

新着情報入り次第随時更新予定!

・終わりのセラフ 強さランキングまとめ!

終わりのセラフ ネタバレ一覧はこちら

終わりのセラフ一瀬グレン16歳の破滅 ネタバレ一覧はこちら

 - ・終わりのセラフ