MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

七つの大罪 222話ネタバレ画バレ&223話最新情報

      2017/06/26

七つの大罪ネタバレ一覧はこちら

七つの大罪 222話 ネタバレ 223話  画バレ 確定 最新話 速報

・七つの大罪闘級ランキング完全版はこちら
・七つの大罪十戒メンバーの闘級・能力まとめはこちら

・七つの大罪最新222話確定ネタバレ画バレ
七つの大罪 223話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

ゼルドリス
「呪われし女神エリザベス
未だ我が兄を苦しみ続けるか」

【呪い】とは一体・・・!?
秘められし女神の謎が、
ついに明かされる——!!

メリオダスですら、
告白をためらう秘密

それは恋人にかけられた
禁断の呪いの事なのか・・・

七つの大罪 221話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

目を覚ますマーリン

エスカノール
「マーリンさん!!」・・・・・・・

七つの大罪 222話 ネタバレ 最新 確定

『呪われし恋人たち

ゼルドリス
「未だ我が兄メリオダスを
苦しめ続けるか
呪われし女神エリザベス・・・」

エリザベス
「兄?あなたは
メリオダスの・・・弟・・・?

私が・・・・・・
・・・・・・女神?」

ゼルドリス
「フン・・・・・・
呪いは本当らしいな」

エリザベス
「転・・・・・・
・・・生?
私が・・・?

それじゃ・・・三千年前
メリオダスと一緒だった
エリザベスという女性は・・・」

エリザベス
(なぜかしら・・・
初めて会ったこの人の言葉が
嘘じゃないと思えるのは)

ゼルドリス
「無論貴様だ」

ゼルドリス
「・・・?
何がそんなに嬉しい?」

エリザベス
「夢見たい・・・・・・・・・
そうだったらいいなって

思っていたことが
まさか本当に・・・・・・

私ずっとずっと・・・・・・ずっと
メリオダスと一緒だったのよ
それがどれだけ———」

ゼルドリス
「奴を苦しめていると思う?」

エリザベス
「私が・・・あの人を
苦しめている・・・?
どうして・・・・・・?

メリオダスはいつだって・・・
私の傍にいて・・・
私を想ってくれる」

ゼルドリス
「ならば全て思い出せ!!!
その時貴様は
己の罪深さを思い知るんだ!!!」

寝ているディアンヌ

ディアンヌ
「んにゃ?」

キング
「ひどい目にあった〜・・・」

バン
「服弁償しろよな〜〜♪」

メリオダス
「!
この魔力は・・・エリザベス!?」

ディアンヌ
「わ・・・何?この光?」

豚の帽子亭内

目を覚ますマーリン

エリザベス
「ハッ ハッ ハッ」

エスカノール
「マーリンさん!!」

慌てて入ってくるメリオダス達
「何があった!?」

マーリン
「エリザベス女王が
ゼルドリスの支配から
解き放ってくれた礼を言う」

エリザベスが別の部屋に行き
涙を零し始める心配するホーク

ホーク
「え・・・エリザベスちゃん!?
どうしたの!?

どこか痛いの!?
下痢でもした!?」

エリザベス
「違うの・・・・・・・・・
・・・・・・ただ・・・
嬉しいの」

ホーク
「・・・・・・・・・
エリザベス・・・ちゃん?」

出発するホークママ

馬に乗ったマーガレット、
ヘンドリクセン、ドレファスの3人が
メリオダス達を見送る

マーリン
「昨晩言った通り
俺たちの目的は人質の救出と
キャメロットの解放だ

ところがーーーだ
事はそう単純じゃねえらしい」

メリオダス
「だよなマーリン?」

マーリン
「現在キャメロットは
直径百マイルに及ぶ次元のひずみ

———”瞬間移動(テレポート)”も
“絶対強制解除(アブソリュートキャンセル)”
すら拒む———により守られている

これを破らぬ限り
キャメロットへの侵入は不可能だ・・・」

バン
「んで?当然
方法はあんだろ〜な♪」

マーリン
「ああ・・
王国より南東に250マイル

そこがこのひずみの発現地点と
特定した」

ディアンヌ
「リオネスから250マイル?
そこに何があるんだろ!?」

キング
「イスタール・・・
いやそれよりずっと南か・・・」

メリオダス
「城塞都市コランド
何百年か前に大虐殺があって
滅びた廃都だ」

エスカノール
「だ・・・だだだ・・・
大虐殺ぅ〜〜?
そんなところに行くんですかぁ?」

ゴウセル
「南東・・・じゃあ
あそこも通過するよね・・・」

メリオダス
「ん?何がだゴウセル?」

ゴウセル
「少し寄り道を
してほしいんだ」

バン
「王女さんあとで
エレインを看てやってくれるか?」

エリザベス
「ええ!」

バン
「あいつ・・・口には出さねえが
大分しんどいみてぇでよ・・・」

エリザベス
「バン様・・・」

キング
「コランド・・・コランド・・・
どっかで耳にした名前だな

ねえキミは知ってる?
・・・・・・

・・・・・・・・・あれ?
ヘルブラム?」

エレイン

エレイン
「・・・珍しいわね
私のところへ来るなんて

あなたには兄の傍にいるよう
お願いしたじゃない

ヘルブラム」

ヘルブラム
「たまにはいいじゃないの」

ヘルブラム
「それよりいいのかいエレイン?」

エレイン
「何が?」

ヘルブラム
「このまま彼らを
向かわせちゃって」

エレイン
「どのみち残された時間は少ないわ
死者であるあなたが
見えるのがその証拠よ

今の私はさしずめ
生者と死者の間ってとこかしら」

エレイン
「・・・私はただ
バンが心配なだけ・・・

向かう先にある気配に気づいた時
彼がどうなってしまうのか——
それだけが心配なの・・・」

世界か、恋人か!?
この敵を倒せば、エレインは死ぬ。
バンに決断の時、迫る——。

~以下七つの大罪 ネタバレ 223話 に続く~


>次回へ続く→



七つの大罪 223話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

七つの大罪 223話ネタバレ画バレはこちら

『とまどう恋人たち

エレインを治療するエリザベス

その後、エリザベス、エレイン、
ディアンヌでお茶会

エリザベスが記憶の事で
悩みがある事を打ち明ける

エリザベスの記憶を
ディアンヌが取り戻そうと
協力してあげる

ひょっとしたら…
辛い前世の記憶が
蘇るかもしれない

でも幸せな記憶だって
必ずあるよ!!

ボクも…ゴウセルも
そうだったもん!!」

エリザベス
「…うん」

微笑むエリザベス

ホークママ

荒野をホークママが進んでいる
近くを飛んでいる赤い魔神が
それに気付く

赤い魔神が襲いかかろうとするが
鼻息で仕留めるホークママ

ホークママ
「ブゴッ!」

エスカノールとマーリン

エスカノール酒場で
酒を飲みながら
考えているマーリン

マーリン
(無事でいてくれ…
アーサー)

コップを拭きながら
マーリンを見るエスカノール

エスカノール
「ハァ…」

エスカノール
(マーリンさん…)

切なげな表情のエスカノール

ゴウセル

ベランダにいるゴウセル

ゴウセル
「城塞都市コランド…

この距離で既に
強い魔力を感じる
間違いなく【十戒】だ

それだけじゃない…
何か不自然な気配に
満ちている…

でもその前に…」

キングとヘルブラム

外で座りながら話す
キングとヘルブラム

キング
「ねぇ、ヘルブラム
さっきはどこに行ってたのさ?」

ヘルブラム
「あっと!
それよりお祝いが
まだだったよね~
ハーレクイン?」

キング
「お祝い?」

ヘルブラム
「でっかわいコちゃんとのコト…
よかったね!おめでとう!!」

手をパチパチするヘルブラム

キング
「で…でっかわいコちゃん
じゃなくて、ディアンヌ…!」

ヘルブラム
「そしてそして
や~っと生え始めた、

お世辞にも立派とは
言い難い羽のコトも…」

キング
「失礼だなぁ!!
も~何が言いたいのさっ!?」

ヘルブラム
「だーかーらー
キミはずっと俺っちの
親友って事さ!」

キング
「…?ヘルブラム…?」

メリオダスとバン

屋上で話すメリオダス、バン

バン
「なあ、団ちょ
悪ィが今回の任務
(ミッション)だけは
抜けさせてくれねぇか~?」

メリオダス
「…ああ、いいぜ」

すんなりと言うメリオダスに
顔を向けるバン

メリオダス
「エレインの事だろ?
次元のひずみとやらを作ってんのは
十中八九、メラスキュラだ

魔神王を
【信仰】するあいつは、

間違っても交渉のきく相手じゃねえ
必ず戦う事になる…
…でも奴を殺せば…」

バン
「エレインはもう限界だ…
メラスキュラを
倒さずともいずれ…

だからせめて最期の瞬間は
一緒にいてやりてぇ…」

メリオダス
「バン…
お前の気持ちは…」

バン
「分かんのかよ♬
好きな女を二度も
死なせる気持ちが」

メリオダス
「…」

七つの大罪 223話ネタバレ画バレはこちら

・七つの大罪闘級ランキング完全版はこちら
・七つの大罪十戒メンバーの闘級・能力まとめはこちら

七つの大罪ネタバレ一覧はこちら

 - ・七つの大罪