MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

TOP_kari

暗殺教室 172話ネタバレ&173最新情報

      2016/12/19

暗殺教室172ネタバレ暗殺教室173最新ネタバレ情報

・暗殺教室最新172話確定ネタバレ
・暗殺教室173話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)
暗殺教室 173話ネタバレ&174話最新情報

殺せんせーvs二代目死神。
因縁の師弟超速バトル!!

バトルは白熱してゆく!!
展開はいかに!!

暗殺教室 最新172話のネタバレ3

暗殺教室 172話確定ネタバレ

一撃一撃が衝撃波(ソニックブーム)を生む・・・規格外の闘いが開始された

目にも止まらぬ速さでぶつかりあう2人。
生徒達はその衝撃波に飛ばされないよう耐えようと必死の様子。

渚も暴風雨に耐えつつ戦いの様子を見守る。

動きは全然見えないけど これだけはなんとかわかる
殺せんせーが圧倒的に押されている

二代目に地面へ叩きつけられ、飛びあがると同時にまた叩きつけられる殺せんせー。
さらに投げ飛ばされた先に柳沢が回り込む。

倍の速度を持つ『二代目』の攻撃と身体も頭脳も超人となった柳沢の援護(サポート)

柳沢が腕の内部から爆弾を取出し、殺せんせーの飛ばされる軌道上へ仕掛ける。

暗殺教室 最新172話のネタバレ

目論見通り撃墜される殺せんせー。
さらに倒れる殺せんせに襲い掛かる二代目死神。

さらに柳沢も飛び道具(クナイ)を投げつける。

柳沢
「絶望だろうモルモット!!」
「2人×触手×天才×憎悪の力!!」
「お前ごときの力をとうに超えているぞ!!」

必死にクナイを避ける先生が二代目に捕まり、地面に投げ飛ばされる。
まるで隕石のように巨大なクレーターができるほどの威力。

遠くから見守るイリーナと烏間も衝撃波から身を護りつつ、戦いを見ている。

切ない表情のイリーナ

イリーナ
(捉えられない音速バトル)
(けど私には見える)
(あの2人に暗く滾った情念が)
(この世で一番強い殺意は・・・愛を巡って産まれた殺意)
(自分の愛を踏みにじった標的の 心も体も全てズタズタに引き裂くまで・・・決して彼等は満足しない)

殺せんせーの回想

「僕に殺しを教えて下さい!!」

暗殺教室 最新172話のネタバレ2
幼い二代目が死神に頼み込んでいる。

死神
「本気かい 私がさっき殺したのは君の父だよ?」

二代目
「関係ないです!!」
「裕福な暮らしで満たされなかったものが何か・・・父を殺したあなたを見てはっきりしました」
「僕もあなたの技術(スキル)が欲しいんです!! たとえ死ぬほど努力しても!!」

そう言って目を輝かせる少年。
そして2人は夜の闇へと歩き始める。

善悪の区別のつかない少年だったが その目には才能と 彼なりの夢と希望が溢れていた【回想終わり】

二代目にボコボコにされつつそんなことを思い出していた殺せんせー。

殺せんせー
(ここに至って 明日と正気を捨てる前に)
(育て方はあったはずなのに)

スポンサーリンク

二代目に逆に向かっていく殺せんせーだが、能力が違い過ぎる二代目にボコボコに反撃される。
文字通り手も足も出ない状態だった。

E組もそれぞれ武器を構えていたが、千葉が持っていた銃を落としてしまう。
カルマですら為す術なく固まってしまっていた。

次元が違う
違いすぎる戦い
僕らが1年してきた努力が・・・全て無意味と思えるほどの
烏間先生すら手を出せない音速の対決
増して僕等が何かできるはずもなく
逃げる事すらできない足手まとい
・・・僕等は
殺せんせーの
最大の

息を切らし、膝をつく殺せんせーに二代目の触手が迫る。
絶体絶命・・・と思いきや、殺せんせーは自分の触手でうまく攻撃をいなし始める。

暗殺教室 最新172話のネタバレ3

さらに二代目の連続攻撃を見事に躱して見せる先生。

中村
「・・・・・・かわし・・・始めてる?」

そこに左眼を光らせた柳沢が迫る。

柳沢
「フン ならばこれはどうだ!!」

 暗殺教室ネタバレ173話ネタバレ暗殺教室173確定暗殺教室ネタバレ

殺せんせーは地面に触手を突き刺すと、柳沢の光が届かないように地面を抉って土煙でブロック。

暗殺教室 最新172話のネタバレ4

その隙に二代目の懐へ。
襲い来る触手を至近距離で受け止め始める。


(最小限の力で攻撃を逸らし)
(土を使って光を防ぎ)
(間合いを詰めて威力を殺す)
(戦力差を工夫で埋めて示す姿)
(・・・先生はどこまでも先生です)

二代目の触手を掴んで止めている殺せんせー。

殺せんせー
「こればかりはっ・・・年季の差です!!」

二代目の攻撃を捌ききった殺せんせー。

殺せんせー
「道を外れた生徒には・・・今から教師の私が責任を取ります」
「だが柳沢 君は出て行け」
「ここは生徒が育つための場所だ 君に立ち入る資格は無い!!!」

その言葉にイラっとくる柳沢。

柳沢
「・・・まだ教師なぞを気取るかモルモット」
「・・・ならば試してやろう」

パチンと鳴らした指を合図に二代目が妙な動きを見せる。

柳沢
「わからないか?」
「我々が何故”この”タイミングを選んで来たのか」

二代目が生徒達の前に立つ。
その腕には今まで以上のエネルギーが宿っていた。

柳沢
「パワー重視の全開攻撃を かわせない生徒達を標的に」
「全員死ぬまで操り出し続ける」

慌てる殺せんせー
「いけないッ・・・」

柳沢
「守るんだよな? 先生って奴は」

襲い来る二代目の触手の前に飛び出す殺せんせー。

ドンっと大きな光が放たれて次週へ。

凶気の触手が生徒を襲う・・・!!

以下173話へ続く


スポンサーリンク

暗殺教室 173話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

暗殺教室 173話ネタバレ&174話最新情報

 

 - ・暗殺教室