MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

トーキョーグールre 126話ネタバレ画バレ&127話最新情報

      2017/06/03

トーキョーグールre 126話 ネタバレ 127話  画バレ 確定 最新話 速報

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら
・東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

・東京グールre 最強クインケランキング
・東京グール強さランキングはこちら

・東京喰種re最新126話確定ネタバレ画バレ
東京グールre127話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

金木の頭を
優しく撫でてあげるトーカ

シーツの乱れの模様が
蝶の羽のように見える

トーキョーグールre 125話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

金木
「依子ちゃん
綺麗だったね」

トーカ
「・・・うん・・・
・・・ありがとう
連れてきてくれて」・・・・・・

トーキョーグールre 126話 ネタバレ 最新 確定

『指輪』

快晴の大安、今日は・・・

教会の中のような所

白いタキシードの武臣と
ウェディングドレスの依子が
扉の前に立っている

扉がが開けられて、
武臣とが依子が外に出る

階段を降りて来る2人を
出席者達が見守る

祝いの紙吹雪が舞い、
祝福の拍手が降り注ぐ

クインクス班の
髭丸、シャオ、才子の喜んでいる

少し涙目嬉しそうな表情の倉元

祝福して叫ぶ望元

望元
「ボーイッ」

黒磐の奥さんが
嬉し涙を流している

黒磐が奥さんを
手で抱き寄せながら涙を流している

鈴屋、半兵衛、ミズロー、
半井、御影も出席している

鈴屋が結婚式の料理を
つまみながら見ている

依子がブーケを取り出し
空高く投げる

そのブーケは五里

照れくさい表情の五里
次こそはと拳を握る穂木

嬉しそうな表情の
武臣、依子

六月も微笑みながら
拍手をしている

そんな六月を瓜江が
見つめている

瓜江と六月

式場の隅の木陰のベンチに
六月と瓜江が座っている

六月
「来ないと思っていた
瓜江くん忙しいから」

瓜江
(来るつもりなかったが・・・)

六月
「政さんが
やってた職務の資料

瓜江くんが
まとめてるんでしょ?」

瓜江
(お前が来ると聞いてな)

瓜江
「まぁな・・・」

チラッと六月を見る瓜江

瓜江
(六月・・・)

瓜江の脳裏に六月の部屋の
ナイフに刺された
大量の写真がよぎる

瓜江
「・・・」

六月
「幸せそうだったね
黒磐くん

依子さんも
とっても綺麗だった・・・

私たちにも・・・
ああいう幸せが
【あった】のかな?・・・」

瓜江
「・・・あるさ
米林なんかは
想像つきやすいしな」

瓜江
(料理はしないだろうが)

六月
「あはは
才子ちゃんは
いいお母さんに
なりそうだね」

瓜江
「・・・たまには帰ってこいよ」

立ち上がる六月

六月
「行ったんだ」

瓜江
「?・・・」

六月
「先生がよく行っていた店に・・・
そしたら・・・いたよ【彼】が」

瓜江
「!佐々木が・・・か?」

六月
「瓜江くん、私・・・
先生を止めたい」

瓜江
「・・・止める・・・?」

六月
「彼は生きてる
そして・・・【喰種側】に
立っていた」

瓜江
「!それじゃあ
【CCG】の発表と同じ・・・」

瓜江
(・・・とすれば佐々木が
生きていようが
ただの裏切り者・・・

局の対応は
【確保】ないしは【殺害】・・・)

六月
「私はそんなこと望まない」

瓜江
「・・・」

六月
「私はただあの家に・・・
皆の元に帰ってきて
欲しいんだ」

瓜江
「それは・・・無理だ」

六月
「分かってる・・・
でも諦めたくないから」

瓜江
「奴を構えば・・・
お前も同罪になるかもしれない」

六月
「かまわない」

イラッとする瓜江

瓜江
「構えよ!」

六月
「かまわないんだよ!!」

怒鳴った瓜江に
更に大声で怒鳴る六月

六月
「【オッガイ】の
教習担当を打診された」

瓜江
「!」

六月
「和修局長に呼ばれてさ
一気に昇進だよ

【オ隊】はCCGの
最重要任務を担う
局の最高峰だ

最重要任務にも
関われる・・・」

瓜江
(佐々木の捜索にも・・・か?)

瓜江
「なぜそこまでする・・・」

六月
「なぜ?
愛してるんだ
佐々木上官を」

そう笑顔で言う六月

六月
「どうしようもないんだ」

六月の目に涙が浮かぶ

六月
「どうにかできるんだったら・・・
私はどうなってもいいよ」

瓜江の元から立ち去る六月
白目で立ち尽くしている瓜江

病院

清子の病室を
晋三平が訪れている

清子
「三ちゃん
行かなかったの?」

晋三平
「うん」

清子
「顔を出しておくものよ
そういう所から
信頼関係が生まれるの

それにせっかく
おめでたい日なんだから・・・」

晋三平
「おめでたい?」

清子お足にかかっている毛布を
バサッとはぎ取る晋三平

清子の両足は膝のあたりから
切断されていた

晋三平
「これから先、俺に
おめでたい日なんてないよ
アイツを殺すまでは・・・」

穏やかな表情で
晋三平に声をかける清子

清子
「・・・三ちゃん
伯母さん寒いわ
シーツをかけて頂戴」

晋三平
「ごめんね」

清子
「私も地行博士に【鉄の脚】を
つけてもらおうかしら
鈴屋くんみたいに」

晋三平
「行くよ」

晋三平が上着を取って
立ち去ろうとする

晋三平
「・・・伯母さん
伯母さんの復帰祝いには

アイツをクインケにして
持ってくるから」

晋三平が病室から出ていく
外を眺めてため息を吐く清子

公園

公園のベンチで、
背中合わせに座る宇井とオカヒラ

オカヒラ
「・・・宇井特等
私と話しても
気休めになりませんよ」

宇井
「【オッガイ】の補佐隊に
見憶えのある体躯の奴が
多いと思った

・・・お前が存命している事が
私の望みが叶う確証になる
オカヒラ」

オカヒラ
「・・・」

宇井
「お前はロゼ戦で
確かに命を落としたはずだろ

嘉納明博の
手によるものだな?・・・」

オカヒラ
「特等・・・あなたがこうして
近づいたのは・・・

・・・有馬貴将?

それとも伊丙上等の
為ですか?

可愛らしい少女でした・・・
随分振り回されたのも
いい思い出です

希望は・・・確かに必要です
しかし・・・死者は
生き返りませんよ」

宇井
「・・・忠告どうも」

ベンチから
立ち上がるオカヒラ

オカヒラ
「・・・行きます
薬の時間です

時間(これ)を過ぎると
【また】死んで
しまいますので」

去っていくオカヒラ

宇井
(オカヒラ・・・
つながれた命・・・
薬を握るのは死神・・・

それでも・・・

【死神】も
【神の一種(ひとつ)】なら

私はすがるよ)

背景には旧多を目に熱狂的な局員達

式場近くの森

森の中から式場を
見下ろすトーカと金木

金木
「依子ちゃん
綺麗だったね」

トーカ
「・・・うん・・・
・・・ありがとう
連れてきてくれて」

トーカ
(つくりものだったのかな
【あの手】・・・)

金木
「局員の式場の定番
何か所かに限られるから
元捜査官で良かった」

トーカ
「カネキ」

金木
「ん?」

鎖を通した指輪を
金木に手渡すトーカ

指輪の内側には
【ARATA HIKARI】の文字

金木
「アラタ・・・ヒカリ・・・?」

トーカ
「父さんと母さんの

これ握ってると
二人のこと思い出せるから

いつも力もらってた
・・・宝物だから
アンタにあげる」

金木
「えっ、いいの?・・・」

トーカ
「ん」

金木が鎖付き指輪を
首にかける

金木
「・・・じゃあ僕は・・・
これを見て

トーカちゃんのこと
思い出すね」

トーカ
「・・・」

金木
「行こうか、皆が待ってる」

地面にはムカデ

二人を繋ぎとめるもの
それは・・・
次号、動く【黒山羊】!?

~以下トーキョーグールre ネタバレ 127話 に続く~



トーキョーグールre 127話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

トーキョーグールre 127話ネタバレ画バレはこちら

『はじめ』

東京の夜は更けて・・・

住宅街にある一軒の
こじんまりとした飲み屋

オーナーらしきおじさんと
バイトっぽい眼鏡の若者

オーナー
「おつかれさん
今日で店も十年か・・・」

バイト
「ですねぇ」

オーナー
「早いなあ
月日が経つのは・・・

常連さんも久々に
顔出してくれてさ」

バイト
「憧れるなあ・・・
そういうの

僕もいつか自分の店が
持ちたいッス」

オーナー
「冷やかしに行くよ
ははは」

外を歩くオッガイ達

オッガイ
「・・・根暗班長がいねーで
気楽だなぁ

オッガイ
「だね」

オッガイ
「策敵の精度は下がっけど」

オッガイ
「いたいた【喰種(グール)】」

そう言って
飲み屋に入って行くオッガイ達

オーナー
「ん?」

オッガイ
「トルチョックしようぜ」

オッガイ
「トルチョック」

「【トルチョック】

スタンリー・キューブリック監督の
【時計仕掛けのオレンジ】の中の若者言葉
しばく、叩く、制裁するの意味」

バイト
「いらっしゃいませ・・・?」

ドカァ!!!

オーナー
「あ」

バイト
「!?!?」

いきなり赫子で
オーナーの後頭部を
突き刺すオッガイ

血を吐きながら
オーナーが沈む

バイト
「ぎゃああああ!!」

叫ぶバイトの頬を
乱暴に掴むオッガイ

黛(=オッガイ)
「うるせえよ
喰種対策局『オッガイ』隊
黛(まゆずみ)でーす

捜査活動のご協力・ご理解に
感謝します

大方一見客(いちげん)に
目ェつけて
食い漁ってたんだろワラ」

別の場所のスーパー

買い物客で賑わう店内が
騒がしくなる

店員
「えっえっ・・・ちょっ
お客様・・・ッ」

客達
「なに?どうしたの?
オイッ!!」

ドンッ

客達
「店員さんが刺されたって
うわあああ!!血ィ出てる!!
ウソ?」

血を流す店員

店員
「お、お客様・・・
一体なに・・・」

血を流しながら
這いつくばる店員の首に
ナイフを突き立てる六月

六月
「ん?処分
【喰種】だろ」

高架橋

喰種の死体が
地面に転がっている

オッガイがおじさんの
首根っこを掴む

おじさん
「はなせぇ!!」

オッガイ
「死」

おじさん
「な・・・やめ・・・!」

おじさんの首に
赫子を当てて跳ねるオッガイ

地面にビチャビチャと
血が飛び跳ねる

旧多

リフトに乗っている旧多が
捜査官達に叫ぶ

旧多
「みなすわあ~~~~ん!!
23区の【喰種】の殲滅率
もうすぐ90%ですゾ~~!!」

電光掲示板には
【殲滅率 88%】の表示

旧多
「この調子でドンドン×100
平和にしていきましょうネー!!」

宇井、鈴屋、クインクス達も
喰種を殲滅している

宇井
「待ってろよ、私が必ず」

瓜江
「追いつめろっ!
にがすなよ!
オッガイのバックを!」

髭丸
「ハイ」

才子
「りょ」

地面に倒れている喰種達

旧多
「あらやだ
どんどん平和になってる」

【甲】という子供が
街中を走っている
甲を追う捜査官達


「はっ はっ」

捜査官が銃を取り出し発泡
銃弾は甲の足をかすめる
その場に倒れ甲


「!!くっ・・・」

捜査官
「確保!」

振り返った甲の両眼は赫眼

捜査官が甲に近づいた瞬間、
捜査官の首を切り裂くナキ


「!」

ニイッと笑うナキ

トーキョーグールre 127話ネタバレ画バレはこちら

・ピエロと宗太(フルタ)の目的は!?ヒデの登場も間近?徹底考察!

・東京グールre 最強クインケランキング!
・東京グール強さランキングはこちら
東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら

 - ・東京喰種:re