MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ベルセルク 350話ネタバレ画バレ&351話最新情報

      2017/06/21

ベルセルク 350話 ネタバレ&351話最新情報ベルセルク  画バレ 確定 最新話 速報

・ベルセルク最新350話確定ネタバレ画バレ
・ベルセルク351話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)

前回、

ファルネーゼ
「すごい・・・!」

シールケ
「夢 ですから!」

bs349_14

キャスカとの絆を確かめながら
記憶を辿る旅は更に過酷に・・・!?

ベルセルク349話ネタバレ画バレはこちら

今回は!

ファルネーゼ
「ほら
欠片を集めた影響かもしれません」

シールケ
「・・・で
なんて?」

キャスカ
「あいたいひとが
いるの——」・・・・・・

ベルセルク 350話 ネタバレ 最新 確定

『記憶の欠片』

ファルネーゼ
「御師匠様あれを!
・・・剣と兜?」

シールケ
「・・・のようですね」

ファルネーゼとシールケ
「!」

ファルネーゼ
「・・・少年?」

シールケ
「誰でしょう?」

ファルネーゼ
「・・・これは
少年のころのガッツさん?

戦ってる・・・
なんで?

・・・伝わってくる
キャスカさんの強い闘争心

敵同士・・・
だったんでしょうか?
あの二人」

シールケとファルネーゼ
「殺され・・・!」

ファルネーゼ
「人形がまた・・・
どうやらこの方法で
間違い無い様ですね」

シールケ
「この調子で
どんどん欠片を集めましょう」

ファルネーゼ
「はい!
頑張ってくださいね
犬のガッツさん」

シールケ
「これは・・・」

ファルネーゼ
「旗・・・
軍旗ですね」

ファルネーゼ
「戦・・・!?
やはり戦士だったのですね
キャスカさんは

何でしょう?サメの騎士?
キャスカさんむかついてます」

ファルネーゼ
(仲間との一体感
責任をはたした充足感と

昂揚感に
満たされてる・・・)

ファルネーゼ
「また剣
別の物ですね」

グリフィス
(君に守るものがあるなら
その剣をとれ)

ファルネーゼ
(頭を殴られた様なこの感じ
・・・私がガッツさんに
抱いたものに似ている)

ファルネーゼ
(キャスカさんの中で
今何かが変わった)

シールケ
「あれは何でしょう?」

ファルネーゼ
「植物でしょうか?」

シールケ
「・・・どちらかと言えば
虫の様ですね」

ファルネーゼ
「やっぱり・・・・・・!」

シールケ
「襲って来ますね」

シールケ
「今の内に!」

シールケ
「・・・シャンデリアが」

ファルネーゼ
「空から下がってます・・・
さすがは夢ですね」

ファルネーゼ
「晩餐会?」

シールケ
「すごい人の数」

ファルネーゼ
(戸惑い・・・
湧き上がって来る歓喜

仲間達との
栄光の瞬間

・・・でも何だろう?
後ろ髪を引かれる様な
一抹の不安と淋しさ?)

ファルネーゼ
「え・・・!?
今・・・あの方が倒れて・・・」

シールケ
「強い動揺を感じました」

ファルネーゼ
「洞穴・・・?」

ファルネーゼ
(ガッツさんに向けられた
いら立ち悔しさ・・・嫉妬?)

シールケ
「雪?
・・・折れた剣」

ファルネーゼ
「!
あの二人が戦う!?」

ファルネーゼ
(この二人の間に
割り込めない無力感・・・

切なさで
胸が引き裂かれる様

・・・そして
この背中を見つめて

湧き上がってくる
この感情は・・・・・・・・・
・・・やはり)

シールケ
「毛玉・・・」

ファルネーゼ
「ぶ・不気味です」

シールケ
「キャスカさんが生理的に
受け付けない物なのでしょう」

シールケ
「疾く
現れよ
水底の貴婦人」

ファルネーゼ
「空から滝が・・・・・・
もう何を見ても驚きません」

ファルネーゼ
「また戦ってますね
この二人・・・あ!」

ファルネーゼ
「御師匠様は見てはいけません!」

シールケ
「え・でも
後学のために・・・!」

ファルネーゼ
(・・・やっぱり
そのようですよね・・・・・・

・・・いいえ
始めから分かっていた事
・・・・・・・・・

溢れる思い
愛しさ切なさ)

ファルネーゼ
「・・・そう
この胸いっぱいに満ちているのは
キャスカさんの思い・・・・・・」

ファルネーゼ
「キャスカさんだけの・・・・・・・」

沈まない
黒い太陽の下

シールケ
「・・・・・・・・・・・・
まだまだ先は長いです
進みましょう」

茫漠とした薄闇りの中
私達の旅は続く

ファルネーゼ
「一月・・・まさか一年・・・
・・・一日も
過ぎていない様な気も・・・」

シールケ
「・・・・・・分かりません
夢の中では時の流れなど
在って無い様なものですから

ですがこの人形の欠片も
残す所もあとわずか

旅の終わりも
近いのだと思います

・・・そして
どうやら私達は
あの”針山”へ導かれている様です

あれが最終目的地と見て
間違い無いでしょう」

シールケ
「とてつもなく濃い瘴気に
覆われています

あれは恐らくキャスカさんの
心をバラバラに砕いた元凶を
象徴するもの

近く程に今までの魔物達とは
比べものにならない

強力な敵が
出現すると思います

油断しないで
気を引き締めて行きましょう」

ファルネーゼ
「はい」

人形の中の
キャスカを覗き込むファルネーゼ

ファルネーゼ
「・・・脅えてる?」

ファルネーゼ
「大丈夫
きっとうまく行きますよ」

キャスカ
「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

ファルネーゼ
「・・・え?
御師匠様
この子何かしゃべってます!」

シールケ
「!」

ファルネーゼ
「ほら
欠片を集めた影響かもしれません」

シールケ
「・・・で
なんて?」

キャスカ
「あいたいひとが
いるの——」

ファルネーゼ
「・・・会いたい人
・・・それって」

シールケ
「たぶん・・・・・・」

ファルネーゼ
「きっと
会わせてあげます
あの人の願った事ですから」

導かれる様に旅を続ける一行を
針の山で待ち受けている者は・・・。

~以下ベルセルク ネタバレ 351話 に続く~



ベルセルク 351話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

新着情報入り次第随時更新予定!

ベルセルク ネタバレ一覧はこちら

 - ・ベルセルク