MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ハイキュー キャラ強さランキング決定版まとめ 2017年最新決定版

   

ハイキュー ネタバレ一覧はこちら

ハイキュー キャラ強さランキング 2017年最新決定版

ハイキュー キャラ強さランキング

 

20位 灰羽 リエーフ(はいば りえーふ)

音駒高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :D

レシーブ:D

サーブ :D

音駒高校1年3組。背番号11。ポジションはミドルブロッカー。身長194.3→194.5cm。体重79.7kg。ジャンプ最高到達点345cm。10月30日生まれ。好物はおいなりさんで、最近の悩みは「先輩たちがヘンなアダ名つけようとしてくる」。家族から『レーヴォチカ』の愛称で呼ばれている。日本人とロシア人のハーフで、日本生まれ日本育ちのためロシア語は話せない。また、変人速攻を最短時間でシャットアウトしたプレーヤー。

19位 百沢 雄大(ひゃくざわ ゆうだい)

角川高校
 出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :D

レシーブ:D

サーブ :D

角川学園高校1年6組。背番号9。ポジションはウイングスパイカー。身長201.2→202.0cm。体重88.2kg。ジャンプ最高到達点347cm。4月3日生まれ。好物はやきそばで、最近の悩みは、「レシーブ難しい」。「大は小を兼ねる」の諺Tシャツを着ている。県内NO.1長身のエーススパイカー。バレーボールは高校から始めた初心者。まだレシーブは苦手(出来ない)。
烏養(烏野C)曰く「来年・再来年が怖い選手」。

18位 日向 翔陽(ひなた しょうよう)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :D

レシーブ:C

サーブ :D

本作の主人公。烏野高校1年1組。背番号10。ポジションはミドルブロッカー。身長162.8→164.2cm、体重51.9kg。ジャンプ最高到達点327→333cm。6月21日生まれ。好物は卵かけごはんで、最近の悩みは「ボールが片手で掴めない」。
最大の武器は変人速攻、名前の由来は、「サイン無し・合図無し」という「とんでもないコンビプレー」であることから、烏養繋心が二人を「変人」と呼んだこと。青城の選手達は「神技速攻」と呼び、烏養一繋は「マイナステンポ攻撃」と呼ぶ。当初は速攻自体を打ったことがなかったため、影山が送るトスを信じて目を瞑ってスパイクしていた。日向自身のトリッキーな攻撃は勿論のことだが、マイナステンポの速さに警戒する相手ブロッカーを自身に集中させて、味方スパイカーをフリーにする「最強の囮」としても活躍する、いわば烏野の攻撃のキーマンである。

17位 田中 龍之介(たなか りゅうのすけ)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:B+

ブロック:B

トス  :C

レシーブ:B

サーブ :B

烏野高校2年1組。背番号5。ポジションはウイングスパイカー。身長177.2→178.2cm、体重68.8kg。ジャンプ最高到達点322→324cm。3月3日生まれ。好物はメロンパンで、最近の悩みは「校内で迷ったらしき1年女子に教室を教えてあげようと声をかけたら泣かれた」。姉の冴子は同校卒業生。切味のあるパワースパイカーだが、表情や口調とは裏腹に視野の広いプレーをし、ブロックアウトやコースの打ち分けが上手い。メンタルが強く、試合時のムードメーカーでチームメイトに適切なフォローをする。自身が追い込まれた時でもハイテンション(気合い)を保ち、逆にチームの危機を救うスパイクを幾度も決める。「次期エース」として期待されている。

16位 五色 工(ごしき つとむ)

白鳥沢高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :C

レシーブ:B

サーブ :B

白鳥沢学園高校1年4組。背番号8。ポジションはウイングスパイカー。身長181.5cm。体重69.5kg。ジャンプ最高到達点328cm。8月22日生まれ。好物はカレイの煮付けで、最近の悩みは「もっと鋭いクロスを打てるようになりたいです」。「次期エース」と期待されているウィングスパイカー。1年生で唯一のスタメン入りしているだけあり、パワーだけでなくテクニックも持ち合わせている。影山が「キレキレストレート野郎」と言うほど、ストレート打ちが上手い。

15位 東峰 旭(あずまね あさひ)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :C

レシーブ:B

サーブ :B烏野高校3年3組。背番号3。ポジションはウイングスパイカー。身長184.7→186.4cm、体重75.2kg。ジャンプ最高到達点330→333cm。1月1日生まれ。好物はとんこつラーメンで、最近の悩みは「学生ですって言っても信じてもらえなかったり、1年生に怖がられたり、『見た目そんななのになんか弱い』って同級女子に勝手にガッカリされたり、あと進路どうしようとか、キャプテンが怖いとか(以下省略)」。エーススパイカー。3枚ブロックを打ち破るパワーに加え、乱れたトスでもスパイクを決める技術を持ち合わせる。インターハイ県予選後、ジャンプサーブを習得した。西光台中の東峰とそこそこ有名だった。性格は温厚で小心者。人一倍責任を感じ、傷つきやすいガラスのハートの持ち主。

14位 月島 蛍(つきしま けい)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:B

ブロック:A

トス  :C

レシーブ:B

サーブ :C

烏野高校1年4組。背番号11。ポジションはミドルブロッカー。身長188.3→190.1cm、体重68.4kg。ジャンプ最高到達点332→334cm。9月27日生まれ。好物はショートケーキで、最近の悩みは「高校に入ってまた下の名前の読み方を色んな人に聞かれること」。唯一のメガネ部員。バレー部のNO.1長身のミドルブロッカー。試合中、誰よりも冷静で状況の把握と分析に秀でる智略型プレーヤー。春高予選の決勝戦では、巧みな駆け引きとリードブロックで、トータルディフェンスの司令塔かつ前線の盾として活躍した。天童の「ブロックは読みと嗅覚だよ?」の問いに、「ブロックとはシステムです」と自信を持って答えた。武田監督曰く「烏野の理性」。宮城県1年選抜強化合宿メンバー。

13位 影山 飛雄(かげやま とびお)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:B

ブロック:B

トス  :S

レシーブ:B

サーブ :A

本作のもう一人の主人公。烏野高校1年3組。背番号9。ポジションはセッター。身長180.6→181.9cm、体重66.3kg。ジャンプ最高到達点335→337cm。12月22日生まれ。好物はポークカレー温卵のせで、最近の悩みは「動物に嫌われているような気がする」。日向の相棒。県内トップの強豪校の白鳥沢学園を受験して落ち、名将・烏養監督の復帰を耳にして烏野高校へ進学して日向と再会する。中総体で戦って以来、彼の抜群の身体能力に一目置いていた。全日本ユース代表合宿選抜メンバーで、烏野の攻撃の司令塔である。
最初の変人速攻では、目を瞑ってスイングする日向の打点へピンポイントに合わせる「神技トス」を繰り出していた。インターハイ予選で青城に破れた後、夏休み前の合同合宿では、目を開けて戦いたいという日向と激しく衝突する。だが及川の忠告からスパイカーに合わせる最大限の努力をしようと決意、烏養(C)考案の「打点で止まるトス」を特訓して完成させた。これによって日向の空中での選択肢が増え、変人速攻は大きく進化を遂げていく。春高予選の攻守に渡る活躍から全日本ユース代表合宿メンバーに選ばれるが、合宿で出会った宮に、「おりこうさん」なプレースタイルを見抜かれて苦悩する。

12位 中島 猛(なかしま たける)

和久谷南高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :B

レシーブ:A

サーブ :B

和久谷南高校3年1組。背番号1。ポジションはウイングスパイカー。身長173.4cm。体重65.8kg。ジャンプ最高到達点324cm。8月20日生まれ。好物はずんだ餅で、最近の悩みは「親父の生え際が日に日に後退してる気がする」。エーススパイカー。技巧スパイカーでスパイク時に腕を振る角度を変えてブロックアウトを狙う。烏養(烏野C)曰く「県内では、かつての小さな巨人にプレーが最も似ている選手」である。身長の低さに悩んでいた時期、春高での「小さな巨人」のプレーを観て勇気づけられた。「小さな巨人」と同じ背番号(10番)の日向を意識している。

11位 岩泉 一(いわいずみ はじめ)

青葉城西高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B

トス  :B

レシーブ:B+

サーブ :B+

青葉城西高校3年5組。副主将・背番号4。ポジションはウイングスパイカー。身長179.3cm、体重70.2kg。ジャンプ最高到達点327cm。6月10日生まれ。好物は揚げ出し豆腐で、最近の悩みは「あと1cm…いや せめて7mm…!」。エーススパイカー。パワーとテクニックを持ち合わせ、勝負所で決めるメンタルの強さも持っている。長年、及川とともにバレーボールをしてきたことから安定感のあるコンビ振りを見せ、影山から「阿吽の呼吸」と表現された。小学生の頃からの仲である及川からは『岩ちゃん』と呼ばれている。及川にはよくからかわれるが、彼に辛辣な言葉を浴びせることもある。

10位 澤村 大地(さわむら だいち)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:B

ブロック:B+

トス  :B+

レシーブ:A+

サーブ :A

烏野高校3年4組。主将・背番号1。ポジションはウイングスパイカー。身長176.8→176.7cm、体重70.1kg。ジャンプ最高到達点310cm。12月31日生まれ。好物はしょうゆラーメンで、最近の悩みは「教頭のカツラが飛ぶ夢を頻繁に見る」。目標は全国大会優勝。突出したプレーヤーではないが、堅実なプレーをする。及川(青城主将)や大平(白鳥沢)などの強豪校の選手達からの評価は高い。チームの土台としてリーダーシップに優れており、中学時代も「勝とうとしなきゃ勝てない」と主将としての責任を果たそうとしていた。春の高校バレーに出場した烏野高校バレー部員に憧れて同校に入学した。実直で温和な性格だが怒ると非常に怖い。部(部員)のことを第一に考えているため信頼は厚い。誰に対しても穏やかに接するが、東峰(3年)には「へなちょこだから」という理由で容赦ない対応をとる。

9位 青根 高伸(あおね たかのぶ)

伊達工業高校
出典 NAVER

スパイク:B

ブロック:S

トス  :B

レシーブ:A

サーブ :B+

伊達工業高校2年A組。背番号7→1。ポジションはミドルブロッカー。身長191.8cm→192cm、体重88.2kg。ジャンプ最高到達点335cm。8月13日生まれ。好物は栗きんとんで、最近の悩みは「電車に乗って座席に座ると両サイドに誰も座ってくれないこと」。県内屈指のミドルブロッカー。二口(2年主将)とコンビの『鉄壁』の一角。他校のエースを見るとロックオンを意味する指差し癖があり、彼らの攻撃を封じてきた自信を持ち合わせている。無口かつ無表情、眉毛がないので周囲から怖がられるが、本人は密かに気にしている。一言しゃべるだけ周囲は驚く。

8位 天童 覚(てんどう さとり)

白鳥沢高校
出典 NAVER

スパイク:B+

ブロック:S

トス  :B+

レシーブ:A

サーブ :B+

白鳥沢学園高校3年2組。背番号5。ポジションはミドルブロッカー。身長187.7cm。体重71.1kg。ジャンプ最高到達点327cm。5月20日生まれ。好物はチョコのアイスで、最近の悩みは「周りの皆がジャンプを読まなくなってきたこと」。県内屈指のミドルブロッカー。「読みと嗅覚」のゲス(guess)ブロックを得意とし、「ゲスモンスター」という異名を持つ「天才ブロッカー」。自身と正反対のプレーヤーである月島(烏野)を普通の方と見下すも、有能なブロッカーとして認めている。

7位 西谷 夕(にしのや ゆう)

烏野高校
出典 NAVER

スパイク:-

ブロック:C

トス  :B+

レシーブ:S+

サーブ :-

烏野高校2年3組。背番号4。ポジションはリベロ。身長159.3→160.5cm、体重51.1kg。ジャンプ最高到達点300→302cm。10月10日生まれ。好物はガリガリ君(ソーダ)で、最近の悩みは「無し!!」。レシーブの技術に優れ、後方からチームを鼓舞する『烏野の守護神』。抜群の反射神経と勘の良さを併せ持つ「天才リベロ」である。リベロに対する情熱は人一倍強い。インターハイ県予選後、アタックライン手前からのジャンプトスを試みたがオーバーハンドが苦手と分かり、菅原に指導を受けている。
「四字熟語」のロゴTシャツを愛用しており、レパートリーは豊富である。田中とは煩い2年コンビとして扱われ、共にマネジャーの潔子(3年)を崇拝している。潔子から唯一平手打ちを食らったことで、田中と山本(音駒)から師匠扱いされている。

6位 黒尾 鉄朗(くろお てつろう)

音駒高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:A+

トス  :B

レシーブ:A+

サーブ :A

音駒高校3年5組。主将・背番号1。ポジションはミドルブロッカー。身長187.7cm。体重75.3kg。ジャンプ最高到達点330cm。11月17日生まれ。好物はサンマの塩焼で、最近の悩みは「寝癖がとれない」。都内屈指のミドルブロッカー。巧みなスパイクもだが、鍛えられたレシーブも評価が高い。ブロックの技術にも定評があり、身近なブロックの名手として烏養(烏野C)から名前が挙がるほどで、偏屈な月島(烏野)も素直に指導を受けた。
チームメイトを律することができる責任感を持ち、信頼も厚い。リエーフ(1年)や他校の月島に助言をするなど、面倒見が良く、気さくで世話好きな一面がある。

ハイキュー 投手最強キャラランキング<東京編>TOP5

 

5位 強羅 昌己(ごうら まさき)

生川高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:A+

トス  :B

レシーブ:A

サーブ :A+

生川高校3年生。主将・背番号1。エーススパイカー。強烈なジャンプサーブを武器にしている。小鹿野(森然主将)から「タラコ(唇)」と呼ばれているが、彼を「ブロッコリー(頭)と呼んでいる。黒尾(音駒主将)から「食べ物に失礼だろう」とツッコミを入れられる。夏休の合同合宿(埼玉)最終日、バーベキューの肉を取りづらそうにしている仁花(烏野)に、紳士的に声をかけた時「私、美味しくないです」と彼女から返された。。

4位 孤爪 研磨(こづめ けんま)

音駒高校
出典 NAVER

スパイク:C

ブロック:C

トス  :S

レシーブ:A

サーブ :A

音駒高校2年3組。背番号5。ポジションはセッター。身長169.2cm。体重58.3kg。ジャンプ最高到達点295cm。10月16日生まれ。好物はアップルパイで、最近の悩みは「夏は暑いし冬は寒いこと」。鋭い観察眼で対戦相手の動きを予測し的確な対処をするクレバーなプレーヤー。黒尾(3年主将)曰く「音駒の背骨で脳で心臓です」と言わしめる智略型セッター。影山も一目置いている。バレーボールは幼馴染の黒尾がやっているから続けているという変わり者。リエーフ(1年)のフォローを頼まれた時は露骨に嫌がる(面倒臭がる)。
マイペースな性格で他人と関わるのが苦手のゲームっ子。遊び相手は黒尾ぐらいしかいなかったというくらい内向的だったが、日向とはすぐに打ち解けて話すようになる。

3位 木兎 光太郎(ぼくと こうたろう)

梟谷学園高校
出典 NAVER

スパイク:S

ブロック:A

トス  :B

レシーブ:A

サーブ :S

梟谷学園高校3年1組。主将・背番号4。ポジションはウイングスパイカー。身長185.3cm、体重78.3kg。ジャンプ最高到達点339cm。9月20日生まれ。好物は焼肉で、最近のなやみは「……なやみって漢字でどう書くっけ??」。全国トップ5のエーススパイカー。パワースパイカーに見られがちだが、コース打ち分けの上手い技巧スパイカーである。超インナースパイクは烏野高校メンバーを唖然とさせた。
黒尾が無理やりに引き込んだ月島(烏野)を気に入り、彼を何度も自主練習に付き合わせる。途中参加の日向も気に入り、スパイクの多様性を教え、さらに必殺技フェイントを伝授した。

2位 及川 徹(ぼくと こうたろう)

青葉城西高校
出典 NAVER

スパイク:A

ブロック:B+

トス  :S+

レシーブ:A+

サーブ :S+

青葉城西高校3年6組。主将・背番号1。ポジションはセッター。身長184.3cm、体重72.2kg。ジャンプ最高到達点335cm。7月20日生まれ。好物は牛乳パンで、最近の悩みは「烏野のマネちゃん(潔子)に声かけたらガン無視された」。誰彼構わずあだ名を付ける。攻撃型セッター。華麗なトスと強烈なジャンプサーブを武器としている。プレーレベルの高さもさることながら、高いコミュニケーション能力も併せ持ち、味方選手それぞれの性格やクセを掴んで試合に活かす司令塔である。
「チームの力を100%引き出せるセッター」として牛島(白鳥沢主将)からも一目置かれ、練習を偵察した影山に「一生勝てないかも」と思わせた。県内トッププレーヤーと称されているが、「凡人」としての努力の結果であると自覚している。そのため『天才』」と呼ばれる選手(牛島や影山)を異常なほど忌み嫌っていた。

1位 牛島 若利(うしじま わかとし)

白鳥沢学園高校

出典 NAVER

スパイク:S+

ブロック:A

トス  :B

レシーブ:A

サーブ :S+

白鳥沢学園高校3年3組。主将・背番号1。ポジションはウイングスパイカー。身長189.5cm。体重84.8kg。ジャンプ最高到達点345cm。8月13日生まれ。好物はハヤシライス。通称「ウシワカ」。日本ユース代表。全国トップ3のエーススパイカー(レフティ)。県内トッププレーヤーとして圧倒的な強さを誇っている。鷲匠監督の持論を体現するパワーと高さのプレースタイルでチーム得点の約40%を稼ぐ。他の技術も高く、無駄の無い動きを見せ、レシーブの動作を日向が参考にしている。
世間からの呼名は「怪物やバケモノ」であるが、チームメイトは『超バレー馬鹿』と思っている。春高予選の決勝戦の終盤、稚拙な技術の選手と見下していた日向に「異質なモノ」を感じ、プレーヤーとしての本能が敵意を剥き出しにした。

 

いかがだったでしょうか?
今後もランキングの入れ替わりが激しいと思うので随時更新していく予定です!



ハイキュー キャラクター人気投票ランキング決定版まとめ 2017年最新決定版

ダイヤのA 最強キャラランキング!総合能力版まとめ!

ハイキュー ネタバレ一覧はこちら

 - ランキング系