MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

マギ 348話ネタバレ画バレ&349話最新情報 Magi

      2017/05/12

マギ ネタバレ一覧はこちら

マギ 348話 ネタバレ&349話最新情報マギ   画バレ 確定 最新話 速報

マギ強さランキングまとめ最新最強決定版はこちら

・マギ最新348話確定ネタバレ画バレ
マギ 349話ネタバレ画バレはこちら

前回のラスト!

アリババ
「でも、俺ってすごいんですよ。
一度死んだんですよ。そして生き返りました。

だから、シンドバッドさんとも
アラジンともぜんぜん違う・・・・・・

mg347_15

別の作戦を思いついたんですけど!」

mg347_16

不敵!!アリババらしい妙案が!?

マギ 347話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

アリババ
「フッ・・・みんな・・・
どうして思いつかないのか疑問ですね・・・」

アラジンとアルバ
「・・・!?」

シンドバッドは無表情

アラジンとアルバ
「!?」・・・・・・

マギ 348話 ネタバレ 最新 確定

『大魔法の可能性』

世界の運命を占う、アリババの作戦!?
急転を告げる怒涛展開!!

アリババ
「俺はアラジンとも
シンドバッドさんとも
全然違う・・・

別の作戦を思い付いちまい
ましたけどね!」

アルバ
「別の作戦だって!?
君なんかが?」

アリババ
「いやいや、アルバさん
俺って凄いんですよ

そりゃもうシンドバッドさんや
アラジンより凄いんです」

アルバ
「ええ?」

アリババ
「いいですか?
一度死んで生き返った人間が
どこにいますか?

人として死に、神と一つになり、
そして再び人に戻って来たのは
古今東西、俺だけでしょう!」

アルバ
「・・・いや・・・私とか・・・」

アリババ
「精神体じゃないですか!
でも俺は生き返りました!

それはいろんな人が
協力してくれたからです」

アリババ
「そしてそれこそが・・・
この俺の力なんです!!」

アルバ
「なんだって??」

シンドバッド
「・・・・・・」

アリババ
「確かに!
俺個人はジンドバッドさんやアルバさんより
能力はありませんよ!

でも、みんなでやればシンドバッドさん一人より・・・
アルバさん一人より・・・

ものすごいことができると思うんですよね
自信があります。

アルバ
「・・・・・・・・・」

アルバ
「・・・みんなでやるなら
君の【自信】じゃないんじゃ・・・」

アリババ
「みんなを巻き込んで
凄い事をしでかすのが
俺の力なんですってば!

そして残念ながら
シンドバッドさんやアルバさんも
俺に巻き込まれる人間の一人です」

シンドバッドとアルバ
「!?」

アリババ
「俺の商会が成功したのだって、
シンドバッドさんが
助けてくれたからじゃないですか

俺一人じゃ売れなかったと思うな!
なんで助けてくれたんですか?
よくわからないでしょう?」

シンドバッド
「ほう。確かに」

アルバ
「えっ!?
シンドバッド・・・様」

シンドバッド
「聴く価値はありそうだ
話したまえ」

アリババ
「その前にアラジンもここに
呼んでくださいシンドバッドさん
そうでないと意味がありません!」

第三の迷宮「ゼパル」

アラジン
「えっ?
あれ?なんで?
ゼパルとの戦いは?」

アリババ
「よぉアラジン、
話があって、転送したんだ!」

アラジンが合流し
作戦を話し始めるアリババ

アリババ
「上位世界へと続く
世界の天井を壊す

でもこれだと
今生きてる人達は死んで
全員ルフになっちまいます」

アラジン
「そうだよ
そんなの良くない!

みんな自分の意志で精一杯
生きているんだから・・・」

アリババ
「一方、アラジンの作戦は・・・
【横を繋げる作戦】です

【聖宮】を壊して
ルフの色分けを無くす

でもこれだと
シンドバッドさんの言う通り

【運命】はどこかの神様に
握られたままです」

アルバ
「じゃあ、どうしろっていうのさ」

アリババ
「フッ・・・みんな・・・
どうして思いつかないのか疑問ですね・・・」

アラジンとアルバ
「・・・!?」

シンドバッドは無表情

アラジンとアルバ
「!?」

アラジン
「縦の壁も横の壁も?
どういうことだいアリババくん?」

アリババ
「つまりこういうことさ!
俺は一度死んだ。

ベリアルの鎌で別の次元に飛ばされた
そして戻ってきた
つまり、次元を超えたんだ」

シンドバッド
「・・・そうだ」

アリババ
「でもシンドバッドさんは
そのためには【巨大な力が必要だ】と言った・・・
果たして本当にそうでしょうか?」

アラジン
「あれっ?じゃあつまり、
おじさんの夢は別にみんな殺さなくても
達成できるってこと?」

アリババ
「そうだ!
でもそれだけじゃ足りねぇ
ルフの在り処はバラバラなままだ!」

アラジン
「ルフの在り処?」

アリババ
「アラジン、お前が言っていた
ルフに白も黒もなくなる方がいいって

その通りだ
【聖宮】を壊せば、俺たちの世界だけは、

分け隔てのねぇ楽園になるだろう
でも俺はアルマトランの人たちも助けたい」

アラジン
「アルマトラン?」

アリババ
「そうだ・・・
イルイラーの中に
閉じ込められている人達がいる

アルサーメンになって
異次元を彷徨っている奴等もいる


いつ、どの世界で
どうやって死んだかで
バラバラにされている

これは、どうにもできねぇ
世界の悲しい絶対法則なのか?

いやいや、そんな事はない!
その全部を繋げられるかも
しれねーのが・・・

俺の大魔法なんだ!」

アラジンとアルバ
「大魔法・・・!!?」

アリババ
「そうだ!俺の
【次元を繋げる魔法】なら・・・

俺達を隔てる
【世界の縦の壁】も

【ルフの横の壁】も
壊して繋げられる!

【運命】を誰にも支配されず
ルフのに差もなくなる・・・!

どうだ!
全部解決じゃねーか!」

アラジンとアルバ
「おお!!?」

シンドバッド
「・・・・・・・・・」

その様子を見ているジン達

その様子を見ているジン達

ジン達
「あら・・・なんだか話しが
予想外の方向に?
シンドバッド王はどうするのだろう?」

ウーゴ
「ブツブツ・・・」

ジン達
「!?」

ウーゴ
「だめだよ・・・・・・

だめだめだめ
だめだめだめ

そんな魔法は許されない!!
絶対に不可能だよ・・・!」

聖宮の奥には、神を支えるウーゴ。
運命を超える為の壁は高く・・・

~以下マギ ネタバレ 349話 に続く~


スポンサーリンク

マギ 349話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

マギ 349話ネタバレ画バレはこちら

アラジン達の所へ
やってくるウーゴ

ウーゴ
「そう・・・次元を繋げる魔法ぐらい
ずっっッと昔に俺が考えたさ!!

でもあれには神一体分の
魔力(マゴイ)が要るんだ!!

だから今また
次元と次元を繋げるためには・・・

ソロモンの創った世界を
全部ルフに還す必要が
あるんだよッッ!!!」

アラジンとアリババ
「・・・」

アリババ
「で、でもよぉ
ウーゴくん」

アラジン
「ウーゴくんは
完全に壊れちゃった
わけじゃない

混乱しているけど
ウーゴくんなんだ・・・!」

落ち着くウーゴ

ウーゴ
「ねえ、
聞いてくれるかい?
アラジン」

アラジン
「うん」

ウーゴ
「そもそもね・・・
世界の盾の壁を
壊しちゃだめなんだよ!

世界の向こうにも
世界があるんだから・・・

壁の向こう側に人に
迷惑だろう?」

アラジン達
「!」

アルバ
「はぁ??」

アルバ
「順番を入れ替えて
【あのお方】を貶めたくせに
よくそんな事が言えるわね!」

ウーゴ
「怒らないでよ、
アルバ!」

アラジン
「うーん・・・?」

アリババ
「そう言われてみれば・・・?」

アリババ
「僕達はイルイラーの事を
物凄い悪者だと
思っていたけれど・・・

よく考えたら、
僕達の思い込みなのかも
しれないね

だからソロモン王は【運命】を
バラバラにしたのかな・・・?」

アリババ
「えっ?」

アラジン
「壊すって、いつまで
壊し続けるのさ!?

終わらない戦争と
同じじゃないか!」

アルバ
「そうだ、お前達は
傲慢なんだ!

【あの方】をただの
エネルギー体か何かだと
思っているようだけど違う

意志はあるのよ!
私達と同じよ!」

ウーゴ
「いや、同じではないよ
上位世界の者達は

俺達の【運命】を一捻りに
できる力を持っている・・・

だから俺もアリババくんと
シンドバッドの意見に賛成だ
世界の縦の壁は壊すべきだ・・・」

アルバ
「私は反対よ!!
そうやってまた異次元の
神の力を奪い

新たな世界を想像し
続けようというの!?
ソロモンのように・・・

私は永遠に
滅ぼし続けるわよ!」

アリババ
「ね、粘着質!」

シンドバッド
「・・・・・・」

ウーゴ
「『運命』は勝ち取るべきだ!!
世界の縦の壁は壊すべきだよ!」

アラジン
「いいや、『運命』は
独立すべきだ!!

世界の縦の壁はむしろ厚くして
僕達の世界を守るべきだよ!」

ジンドバッド
「・・・・・・・・・
・・・・・・・・・」

シンドバッド
「さっきから聞いていて
疑問に思うんだが・・・

君達はなぜ、外の世界と
コミュニケーションを
取れない前提で喋っているんだ?」

一同
「コミュニケーション?」

シンドバッド
「世界を国に例えてみてくれ」

アラジン
「わからないよ
おじさん。説明して」

ジンドバッド
「世界の縦の壁は【国境】だ
するとアラジンと
アルバが言うのは【鎖国】

アリババとウーゴが言うのは
【侵略】だろう?」

一同
「・・・・・・・・・
・・・・・・・・・」

アラジンとアリババ
「・・・たしかにそうだな」

シンドバッド
「だが、異世界の生命体達も
俺達と同様に・・・

意志を持ち、社会を築き、
異世界の存在に怯えている
だけかもしれないじゃないか

言語が通じないだけで・・・・・・
ちょうどアルマトラン時代の
異種族達と同じようにな

その場合、俺達が取るべき
行動はなんだ?」

アラジン
「・・・・・・」

マギ 349話ネタバレ画バレはこちら

マギ強さランキングまとめ最新最強決定版はこちら

マギ ネタバレ一覧はこちら

 - ・マギ