MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ハイキュー 252話ネタバレ画バレ&253話最新情報

      2017/05/11

ハイキューネタバレ画バレ一覧

ハイキュー 252話 ネタバレと253話最新情報ハイキュー 252話 ネタバレ 253話  画バレ 確定 最新話 速報

・ハイキュー最新252話確定ネタバレ画バレ
ハイキュー 253話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは、

烏野太鼓を持った一同

冴子
「待たせたな!」

hc251_17

久々の冴子姐さん登場!!

ハイキュー 251話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

武田
「間に合ってくれて良かった・・・!」

烏養
「うん」

両チームの応援団が
音を響かせる中、タイムアウトが終了・・・・・・・

ハイキュー 252話 ネタバレ 最新 確定

『後ろ盾

冴子姐さんもついに参戦!!
春高2回戦烏野VS稲荷崎、
第1セット超ヒートアップ!!

点差、広がる・・・

尾白アランがサービスエースを決め、
点差を広げられる烏野

烏野 4ー7 稲荷崎

稲荷崎応援団
「ナーイッサーアーラーンー!!
ナイッサーアラン!
いいぞいいぞアラン!」

ガッツポーズのアラン

実況
『稲荷崎高校早くも
今日2本目のサービスエース!!』

烏野高校1回目のタイムアウト

カップル女
「ああ~」

カップル男
「オーイ、早々に稲荷崎の
空気じゃんかよ~」

ナレーション
「稲荷崎高校 監督
黒須 法宗」

黒須
「侑、初っ端のサーブ
微妙やったなぁ~?」

宮侑
「!(ギクッ!」

黒須
「応援に気ィ散らすなんて
なぁ~?」

後ろでは宮治と尾白が
ニヤニヤしている

タイムアウト中も
稲荷崎応援の音楽は
鳴り続ける

ミカ
「すごーい!かっこいー!」

大将
(すげえ圧迫感
相手にしたくねぇ~・・・)

その時、烏野応援席から
太鼓の音が鳴り響く

観客達
「!!」

烏野の選手達も観客席を見上げる

烏野メンバー
「!!」

田中
「・・・」

日向
「冴子姐さん!!!」

嶋田と滝ノ上
「姐さんっ!」

ウインクする冴子

嶋田マート(25)
滝ノ上電気店(25)
田中冴子(21)

他試合の観客達
「和太鼓だ!
かっけー・・・!ああ・・・!」

回想

木下
「・・・練習って何の?」

田中
「和太鼓チーム作ってんだよ
祭りとかになると張り切ってんぞ」

木下
「へーカッケー」

【回想終了】

カップル女
「私は吹奏楽の方が好きかなー」

カップル男
「いやいや、
やっぱ【和】っショ!」

胸を押さえる日向と西谷

日向と西谷
「ううっ・・・!
カッコ良すぎる・・・!」」

澤村
「新種の死因だな」

武田
「間に合ってくれて良かった・・・!」

烏養
「うん」

両チームの応援団が
音を響かせる中、タイムアウトが終了

尾白2回目のサーブ

稲荷崎応援団
「ナーイッサーブー!!」

冴子に言う嶋田

嶋田
「だが遅えよ!」

冴子
「ごめーん!
道わかんなくなっちゃって」

滝ノ上
「てっきりまた朝まで
呑んでたのかと」

冴子
「5時まで呑んでたけど
出発は予定通りだったよ」

嶋田と滝ノ上
「・・・」

尾白が強烈なサーブを放つ
田中が二の腕で
なんとかレシーブする

田中
「んぬらっ!」

少し乱れたようだが、
影山が滑らかな動きで
ボール下に入り、速攻で日向が決める

日向
「ッシャアイッ!!」

田中
「サンキュー!!」

ミカ
「すごーい!はやーい!」

大将
「!?全国コワッ!」

冴子
「行くよ!」

たんったんっ
どんどどんと
太鼓を鳴らす冴子達

烏野応援団
「いいぞいいぞ翔陽
押せ押せ翔陽もう1本」

観客席を見る日向

日向
「うおおっ!!」

笑顔でブイサインをする冴子

日向サーブ
西谷OUT、月島IN

嶋田
(サーブの瞬間は
無音が理想だけど

あの勝手にリズムを
作られんのは阻止したい)

滝ノ上
「相手を掻き消す
大音量とかじゃなくていいんだ

サーバーの耳に稲荷崎の作る
【拍子】以外の音が
入ってくれさえすれば・・・」

親指を立てる冴子

白鳥沢戦の時の事を思い出す冴子

冴子
(白鳥沢戦(あんとき)は
本っっ当悔しかったからなぁ)

会場に響き渡る白鳥沢の大声援に、
冴子達の大声が掻き消されてる

冴子
(でもアタシ達の役目は
相手の応援に勝つ事じゃない

坊主共の背中を押す事も
できないかもしれない
だって奴らは勝手に進む

だからアタシ達はちょっとだけ
空気を整えられれば良い)

サーブ位置についた日向
烏野応援団の太鼓の音が
後ろから響いて来る

日向
(なんか凄えサーブが
打てそうな気がする・・・!)

日向を見ている星海

星海
(稲荷崎のアオリに対して
烏野10番は動揺の色無し
微かに笑っている様にさえ見える

サーブは何だ
スパイクサーブかジャンフロか)

普通のサーブを放つ日向

星海
(普通だ)


「アラン!」

尾白
「あいよ!」

前衛2人がアタックへと
走り込んでくる

『ダブル・クイック』

宮侑のトスはセンターの選手を
通り越してレフトへ

「銀!」

アタックへ動く銀島
リードブロックする澤村と月島

日向
(サイドからはやい攻撃(やつ)
月島クロス締める)

一瞬の読みから
ストレートの方に動く日向

そんな日向の動きを見て
目を輝かせた感じの西谷
ブーたれた顔をする星海

しかし日向はボールに
身体が追いつけず、
ボールが腕をすり抜ける


アタックは日向の方へと
一直線に飛んでくるが・・・

腕を構えるのが遅れ、
ボールは日向の足先に
当たって上がる

日向
「!?」

銀島
「!」

審判
「・・・」

武田
「ん!?」

潔子
「落ちてません
足に当たりました」

宮侑と尾白と黒須
「なんやねん!!」

ミカ
「アレってアリ!?」

大将
「ルール的にはアリ
ただ・・・多分恥ずかしい」

赤面する日向

日向
(空ぶってしまった・・・!)

観客
「またアイツだ!手で取れってば」

観客の笑い声に更に赤面する日向

西谷
「良い位置取りだぜ翔陽!!」

攻撃へと走り出す日向

日向
(名誉挽回!!)

影山がトスを放つ跳ぶ日向

日向
(ウシロ・マイナス!!)

だが影山のトスは
日向ではなくライトの澤村へ

日向
「あ”っ!?」

少し出遅れた様子の
稲荷崎前衛2人

稲荷崎
「!」

烏野メンバー
「大地さん!」

ブロッカーが遅れた所へ
澤村がストレートに決める

烏野応援団
「!!」

冴子
「!!」

澤村
「ッシ!ナイストス!」

日向
(くっ・・・!
心の中でウシロマイナスって
叫んじゃった・・・!)

烏野応援団
「いいぞいいぞ大地!
押せ押せ大地」

実況
『ライトから澤村ー!
正直今回も日向翔陽かと
思ってしまいました』

解説
『稲荷崎も日向君を
警戒しすぎましたかね~

しかしその気持ちは
非常~によくわかりますよ・・・』

実況
『烏野の空気が
戻ってきました!』

勝負はこれから!!

~以下ハイキュー ネタバレ 253話 に続く~


スポンサーリンク

ハイキュー 253話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

ハイキュー 253話ネタバレ画バレはこちら

『追い討ち

主将(大地)の一撃!

日向を囮にして、
ライトの澤村が決めた

烏野応援団
「いいぞいいぞ大地!
押せ押せ大地!」

澤村
「ッシ!」

影山と大耳が視線を合わせる

影山
(今のは日向に
跳び付いたと思ったのに
踏み止まりやがった・・・)

大耳
(意図的に【釣りに】来たな)

2回戦第1セット激闘!!

木兎と赤葦が見ている

木兎
「今絶対、日向に上がったと
思ったよなー!」

赤葦
「はい、そうですね」

赤葦
(単なる【囮】は
リード・ブロックには通用しない

でも今、ファーストタッチが
コート中央に上がり

角度的に日向にセットすると
見せかけライト(澤村さん)へ

影山は視野が広いって
だけじゃなく

【相手からどう見えているか】も
きっと把握してる
あとは・・・)

木兎
「日向は小っちぇーのに
存在感があるからな!!」

赤葦
「ですね」

日向
(なんか空気的におれに
上がる感じだったじゃねーか
バーカ!影山バーカ)

烏野太鼓応援団
「烏野のバレー部って強かったんだな」

「そっすね」

武田
「IH2位という実績
それに加えてあの
呑まれるような応援団

でも必要以上に相手を
強大なものと思い過ぎて
いたかもしれない

大丈夫、1つずつなら
ちゃんと対処できます」

潔子
「ハイ」

試合は稲荷崎が得点

稲荷崎応援団
「ナイスキーれーん!
飛べ飛べれーん!もう1本!」

実況
『淡々と取り返します
稲荷崎高校』

大耳と侑がハイタッチ
更に試合は進んで行く

稲荷崎応援団
「ナァーイスキー
ひーとーしー!
ナイスキーひとし!

飛べ飛べひとし!もう1本!
ねーらーいうちー♪」

烏養
「フ―・・・(ため息」

烏野 7-9 稲荷崎

ここでサーブは宮侑

滝ノ上
「出たな【二刀流】・・・!」

冴子
「何ソレ、球2個
使ったりすんの?」

嶋田
「違うわ!!
スパイクサーブと
ジャンプフローター・・・

つまり東峰や影山のサーブか
忠のサーブか

直前までどっちが来るか
わかんないの」

冴子
「ウギャ」

嶋田
「そんでその2つは
レシーブの構える位置が
変わってくる

ほんの一歩分の位置差でも
100km超えるスピードの

サーブ相手には
致命的な出遅れになる」

歩みを進める宮侑
烏野メンバー達がその足に注目する

回想

前日、試合へ向けたミーティング

澤村
「宮侑くんのサーブは
二刀流・・・

ではサーブトスの瞬間まで
どっちで来るかわからない
という事ですか?」

烏養
「いや、見分けはできる」

菅原
「!」

烏養
「歩数だ

奴はサーブの時、
ルーンティンとして
毎回歩数で距離を計る

エンドラインから
ジャンフロの時は4歩
スパイクサーブの時は6歩

それで見分ける事ができる」

東峰
「・・・!どっちがくるか
早く分かれば
大分違いますね・・・!」

武田
「サーブ前の動作の全体って
TVではあまり映りませんよね
よく見つけましたね」

親指を立てる烏養

烏養
「チョー探した!
ネットに上がってるヤツから
知り合いの録画やら」

烏野メンバー達
「!!アザース!!」」

【回想終了】

宮侑はエンドラインから
4歩歩く

烏野メンバー達
(4歩、ジャンフロ)

それを見た後衛の
澤村、西谷、田中が前で構える

澤村と西谷と田中
「サッコォーイ!!」

宮治
(歩数(それ)を知っていても
それは単なるスタートラインに
過ぎないんやで)

宮治の強烈な
ジャンプフローターサーブは
西谷の所へ

オーバーハンドで
捉えようとする西谷だが・・・
後逸してしまう

西谷
「!!」

山口と木下
(一瞬で目の前に)

ボールは地面に落ちる

日向
「ヒイッ・・・!」

実況
『!!
またもサービスエース!!

強烈な2種類のサーブを
操ります!!宮侑ー!!』

解説
『いやー良いサーブ!
サーブの強さはチームの強さと
直結しますからねー

これを切らないと
烏野高校は辛いですねー』

観客達
「サーブやベー(笑
さすがだな・・・」

烏野 7-10 稲荷崎

ハイキュー 253話ネタバレ画バレはこちら

ハイキューネタバレ画バレ一覧

 - ハイキュー!!