MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガの考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・のマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

銀魂 570話ネタバレ&571話最新情報

      2016/12/19

銀魂570ネタバレ銀魂571最新ネタバレ情報

銀魂 強さランキング 最新最強決定版はこちら

・銀魂最新570話確定ネタバレ(肚(はら)の深淵(そこ))
・銀魂571話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)
・571話ネタバレはこちら

いよいよ銀時と馬董の因縁の対決!

しかしお互いの回想に若干誤差がある様子。

銀時は分かるとして、馬董も意外と天然キャラか?

そしてやきそばパン補給係のパクヤサとは・・・?

 

銀魂 570話確定ネタバレ

対峙する銀時と馬董

 

斬り進む!

 

~攘夷戦争の時の回想~

——戦場を駆る姿はまさしく夜叉(おに)

戦場の中独り座る馬董の前に現れる白夜叉。

白夜叉
「お前が大将か・・・
白夜叉どうやらアタリ引いたのは俺らしい
ようやく会えたな・・・」

馬董
「フッ 侍 名は」

フードをはずす馬董 飛びかかる白夜叉。

夜叉 翔ぶ——

 

白夜叉
「白夜叉(パクヤサ)」

bf76ce6b-s

引用:matome.naver.jp

馬董の前に現れたのは小杉的な白夜叉だった・・・。

~回想終了~

銀時
「いや
違うねそれ」

馬董
「・・・え」

銀時
「いやそれ俺じゃないよね」

馬董
「とぼけるな 他の誰の目を欺けても
この俺の覚眼(め)だけは欺けんぞ
パクヤサ」

銀時
「パクヤサじゃなくてシロヤシャだね 俺」

馬董
「・・・・・・
確かに名は聞き間違ったかもしれん
だが目も耳も塞がっていようと俺にはこの覚眼(め)で全てが見える
お前のその たるんだ二重アゴもそのアイダホ訛りも間違いなく白夜叉(パクヤサ)のもの」

銀時
「いや 間違いだらけだよね
まるで別人だよね
何を見てんのその目」

馬董
「そしてお前の心(なか)に あの頃と変わらず一人の人間がいることも
それは・・・師か
それとも友か敵か」

~パクヤサの回想~

戦うパクヤサと馬董。

パクヤサ
(負けられねぇ
あの人の元へたどり着くまで
俺は他の誰にも負けるワケにはいかねぇんだ)

場面は変わり 古びた建物の前でシロヤシャの前で頭を下げるパクヤサ。

シロヤシャ
「弟子になりてぇ?
悪いがそんなもん募集した覚えはねぇ
どうしても弟子になりてぇなら
焼きそばパン買ってこいよ」

先程の戦闘シーンのパクヤサのアップの描写。
胸元には焼きそばパンが詰め込まれている。

パクヤサ
「このパンを届けるまで
俺は負けるワケにはいかねェ!」

~回想シーン終わり~

銀時
「いや それ
俺だね」

馬董「・・・・・・」

銀時
「昔 俺の所に弟子になりてぇっておしかけてきた若造がいたんだが
戦に出たら即死すると思って補給担当にしたんだ
格好ばかりの奴でな みんなから白夜叉(パクヤサ)って呼ばれてた」

そうか どうにも話が噛み合わねぇと思ったら お前が10年捜してたのって
あのやきそばパン補給係だったんだな

アイツだったら全く剣のセンスがねぇんでスグに戦から退場して
地球で「白い鬼人」って菓子屋やってたんだが
どっかから訴えられて

次は「白いパンスト」って店開いたら公然ワイセツでつかまって
結局今はグレーな仕事やってるよ」

と言って紙切れを差し出す銀時。

銀時
「ここに住所書いといたから 会いてぇなら・・・」

ドッ

剣を振り下ろす馬董 銀時の前の地面は粉々。

馬董
「この星芒剣王が
お前の舎弟如きをしとめられず10年捜していたと
だとすれば俺に剣士としての命を奪われたあの男はそれ以下の虫ケラだな」

背景には坂本の描写が。

馬董
「見えているといったはずだ」

パクヤサの住所を書いた紙切れを握りつぶす銀時。

銀時
「・・・見えちゃいねぇさ
お前はまだ侍のちょんまげの先っぽすら見ちゃいねぇ
知りたきゃその目玉でのぞいてみな
俺の肚の深淵(そこ)まで 一度のぞけば戻ってこれねぇ底無し沼でもしちゃしねぇが」

そう言う銀時の顔はうすら笑いを浮かべている。

馬董はビームサーベルを伸ばし銀時を壁に叩きつける。

馬董
「見てやるさ その腹をかっさばいてな
芝居はよせ
すんでの所で俺の剣を弾き 致命傷は避けた 次にお前がとる行動は 階下(した)」

銀時の次の行動を読んでいく馬董。

馬董
「半身をひねり深手を避けその勢いのまま反撃
回し蹴りによる追撃の牽制 死角からの攻撃」

再び壁に叩きつけられる銀時。

馬董
「どうした これが侍の深淵(そこ)か
これならば昔のお前の方が
いやお前の舎弟とやらの方が余程やりごたえがあったな」

銀時をまっ二つに斬る馬董。

しかし上半身の銀時が馬董に斬り掛かる。

馬董
「・・・・・・!」

そして背後から銀時が馬董のもとへ。

その銀時もまっ二つに斬る馬董 しかし次から次へと銀時が現れる。

馬董
(これは 殺意の投影
心理さえ映すこの覚目(め)の特製を利用し殺気だけで俺を圧迫している
いずれも実体と違わん研ぎすまされた殺意
この感覚はあの時の・・・)

銀時
「目が良すぎるのも考もんだな 目に映るもん全てを拾っていたら目移りしてる間に本当に見てぇもん見落としちまうぜ」

背後から銀時の声 すぐさま馬董が斬る。

馬董
「・・・そうか
あの時俺が戦ったのは
やはりお前の舎弟などではない」

攘夷戦争の時の事を思い出す馬董。

「その背後(うしろ) お前がぶつけた殺意」

パクヤシャの後方にて銀時が次々と敵を斬っていく描写。

馬董の周りを囲んだ何人もの銀時が馬董を刺す。

馬董
「あの時は 血気に逸ったお前の舎弟の雑念が入り交じり
お前を見失ったが」

馬董のもとからパクヤサを助け出す銀時。

馬董
「此度は見逃さんぞ
お前の狙いは剣士の腕(いのち)」

手を斬られた時の坂本の描写。

馬董の手の甲を突き刺す銀時。

馬董
「俺の狙いは本物(おまえ)だ」

銀魂570話 ネタバレ 画バレ 最新3

引用:matome.naver.jp

10年を経て 剣 交わる——!!

以下571話へ続く



・571話ネタバレはこちら

銀魂 571話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

馬董の周囲を何人もの銀時が囲み、刀で突き刺している。
しかし本当の銀時が差していたのは腕だった。

馬董
「此度は見逃さんぞ お前の狙いは 剣士の腕(いのち)」

背景には、腕(いのち)をやられた坂本の描写。

馬董
「本物は お前だ」

本物の銀時を見破り、偽物のイメージを吹き飛ばす馬董。

決着、近し——!?

銀時が目を見開く。
銀時の剣は馬董に刺さったまま全く抜ける様子がない。

そこに馬董の剣が迫る。

馬董
(——自分の死を悟った時 剣士は何を思うのか)

(最期の瞬間(とき)何を思い 剣士は死んでゆくのか)

(俺はこの「覚眼(め)」でそれを何度も見てきた)

馬董は過去に倒してきたある侍を思い出す。
死にゆくその侍の眼は真っ白のままだった。

馬董
(剣の閃きと共に死にゆく剣士達は その心に悲しみも後悔もたたえる暇すらない)

(そこには)

(何もない)

(「死」という不条理を受け入れる為に 剣士はただ空になる)

首を刈られる侍と、同じく首を刈られようとしている銀時の姿が重なる。

馬董
(本当の絶望とは絶望という言葉すら絶えた「虚」)

(ゆえに俺は敵にその「虚」を見た時 実感する)

(勝利と)

(己の生を)

馬董の剣は銀時の首もとへ

銀時の心を読む・・・が

銀時
(明日の朝飯 目玉焼きにしよう)

銀魂571話 ネタバレ ジャンプ 最新

引用:matome.naver.jp

銀魂 強さランキング 最新最強決定版はこちら

 - ・銀魂