MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

トーキョーグールre 122話ネタバレ画バレ&123話最新情報

      2017/05/06

トーキョーグールre 122話 ネタバレ 123話  画バレ 確定 最新話 速報

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら
・東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

・東京グールre 最強クインケランキング
・東京グール強さランキングはこちら

・東京喰種re最新122話確定ネタバレ画バレ
東京喰種re123話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

金木
「そういえばトーカちゃん 話したいことって?」

トーカ
「ああアンタ童貞?」

コーヒーをドバーっとこぼす金木

tg121_37

ずっと、ききたかったこと。

トーキョーグールre 121話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

トーカ
「・・・今度は、私がそんな感じ」

tg122_23

金木
「・・・」・・・・・・

トーキョーグールre 122話 ネタバレ 最新 確定

tg122_01

誂(あつら)えて、私だけの華

『何時にする?』

「芳しい焙煎香に包まれた、
二人だけの時間斟酌のない言葉が、

褐色の浸出液より先に、
その身体を奪ってゆく・・・?」

トーカ
「童貞なの?」

コーヒーをボタボタと
こぼしたままの金木

トーカ
「床・・・拭いといて、
コーヒー」

金木
「・・・わかった」

コーヒーを飲む金木

金木
「ふぅ・・・」

tg122_31

トーカ
「で、そうなの?」

顔を赤らめ戸惑う金木

金木
「・・・どうしたの急に・・・」

トーカ
「いや、そうなのかなって」

tg122_18

金木
「・・・」

金木
(なんでそんな質問を
するんだろう・・・

僕がど・・・女性経験が
あるかどうか・・・?

トーカちゃんが
なにを考えているか
僕にはわからない・・・

その質問にどんな意味が?
単なる雑談?

逆に恥ずかしくないのか
トーカちゃん

助けてくれ、万丈さん
アヤトくんでもいい)

思考を巡らしつつ
コーヒーを飲む金木

トーカ
「・・・カネキ
【死ぬ人】の顔してる」

金木
「・・・」

ト―カ
「この中でアンタが死んで
いいなんて思ってるの

・・・アンタだけだから・・・
いざとなったらヤらせてあげる」

顔を赤らて戸惑う金木

金木
「・・・やっ」

金木
(何を言っているんだ
この子は・・・)

金木
「それってつまり・・・」

金木
(トーカちゃんと・・・
僕が・・・!?)

金木
「・・・」

金木
(そもそもトーカちゃんこそ・・・
いや、やめよう・・・)

金木
「げ、下品だよ表現が・・・
ダメだよ大事にしないと・・・」

トーカ
「もう一つ聞きたいんだけど」

金木
「・・・なに?」

tg122_03

トーカ
「なんでニシキや月山達は
連れて行くのに私は置いていくの?」

金木
「・・・覚えてる?
リョーコさんの事があって・・・

君が一人で捜査官に
復讐しにいった時の事・・・」

tg122_19

金木
「【あんていく】の裏で君は怪我してた
その時、君に言った言葉・・・」

トーカ
「・・・【私が死ぬのは悲しい】
ってヤツ?・・・」

金木
「うん、初めて君は
僕の名前を呼んでくれた

あの時、僕は側にいる人を
守れるだけの力が欲しかった

tg122_20

だけど・・・ヒナミちゃんが
いなくなった時も
月山さんと戦った時も

トーカちゃんはどんどん
先に行っちゃって・・・
・・・僕はいつも君の背中を見てた」

tg122_21

金木
「・・・アオギリに囚われた時も
君は僕を助けにきて・・・

一人で戦う・・・
いつだって君はボロボロで・・・
・・・怖いんだ

トーカちゃんは僕より
ずっと行動力があるから

僕の知らないとこで
死んじゃうんじゃないかって」

tg122_22

トーカ
「・・・今度は、私がそんな感じ」

金木
「・・・」

tg122_23

トーカ
「私よりアンタは
・・・もっと消えそう

・・・いつも考える
アンタが【どっか】に
行かない方法」

金木
「【さっきの】って・・・
もしかしてそんな理由で・・・」

顔を赤らめる金木

トーカ
「・・・【そんな理由】?・・・」

クスッと笑うトーカ

tg122_32

トーカ
「アンタが【白鳩(ハト)】だったとき
たまに一人でお店に来てたでしょ

tg122_24

席に座って本を開いて
でも・・・」

その時の佐々木が本読んでいる

佐々木が読んでいる『おいしいコーヒー』本

佐々木
【へー『の』の字をね・・・】

tg122_33

トーカ
「視線はこっち向いてて
私、その目に見憶えがあった

・・・アンタが
【リゼを見ていた目】だった」

tg122_34

金木
「・・・・・・・・・」

tg122_35

金木
(綺麗だと思った)

トーカ
「・・・・・・違う?」

手で目頭を押さえる金木

金木
「・・・・・・琲世・・・
僕・・・馬鹿みたいだ」

tg122_36

トーカ
「嬉しかった私は、
もっと馬鹿みたい?」

tg122_37

その言葉を反応する金木

背中を向けたままのトーカを
じっと見ている

金木
「・・・」

tg122_25

その時、店のドアを勢い良く開け
飛び込んで来る月山

月山
「カネキくん!!
ハァ・・・ハァ・・・
とても大変だよ・・・」

旧多

街中で喰種の死体を山積み、
串刺しにする旧多、オッガイ達

オッガイ達が喰種の頭を
手に掲げている

その山積みの死体の上に
立っている旧多、宇井

tg122_10

旧多
「ごらんあれ!【お山分】
世界は平和になりました!

【喰種】は間違いしか
起こさぬ怪物・・・!

これまでと違い
僕は彼らを野放しにはしない!

全ての喰種を駆逐し・・・
【間違いなき世界】を目指します!!」

冷めた目をしている宇井は
ハイルの件があるからか黙って静観している

tg122_26

この旧多の演説は
テレビで報道されていた

キャスター達
『対策局新局長
和修吉福氏による

街頭パフォーマンスは
38分に及びました

いかがでしょう
彼はかなり過激で行動家だと
思われますが・・・

しかし【喰種】の脅威が
取り除かれるのであれば

これ以上頼りがいのある
局長はいませんね

しかも若く端正な見た目
中高生の間では
彼のファンクラブもあるとか・・・

ファンクラブ!
それは前代未聞ですね!』

テレビには旧多のうちわを手に
女子高生の姿が写っている

女子高生達
「キチさん!
キチ様~♡」

キャスター
『彼の今後の動向が
非常に楽しみです・・・』

tg122_12

そのテレビの報道を見ていた金木達
テレビを消す金木

金木
「やられたのは【黒山羊(ゴート)】の
第3アジトのメンバー

隠伏中というのに
襲撃を受けた・・・情報が漏洩した?」

ミザ
「わからない・・・
だが連中の動きすら予測できなかった」

tg122_27

アヤト
「【その日に捜査し】
【その日にアジトが見つかった】
という感じだ
イメージとしてはな」

金木
「・・・」

金木
(その日に・・・?)

四方
「【黒い子供たち】」

金木
「!」

tg122_38

四方
「・・・赫子をつかう
数は・・・数十・・・100は
居るかもしれない」

金木
(赫子・・・捜査官・・・)

金木
「・・・Qs(クインクス)か
各アジトを解散しましょう

これからは常に
動き続ける必要がある」

ナキ
(海産・・・?)

tg122_39

ミザ
「常に?・・・
それでは組織の連携が
とれないぞ」

金木
「班長同士は
待ち合わせ場所と時間を
決めて落ち合いましょう

そこでさらに次の場所と
予定を決める

13日の0時にひとまず
【コンテナ】で」

reを後にしていく月山

月山
「8区だね!
皆にはコードを渡しておくよ」

tg122_28

引っ越しをするトーカ達
古間、入見が荷物を運び出していく

古間
「引越しは僕らの
ライフサイクルのひとつだね」

入見
「さっさとする」

トーカ達に声をかける2人

入見
「先行ってるから気を付けて」

古間
「また後ほど!」

トーカ
「・・・」

tg122_40

tg122_41

古間、入身を見送った後、
トーカがreの店を見上げる

トーカ
「・・・気に入ってたんだけどな
店・・・」

tg12242

金木
「トーカちゃん
僕と一緒にきてくれる?・・・」

tg122_29

トーカ
「・・・うん」

金木
「・・・準備しないと店を閉めてくる」

トーカ
「うん」

店のドアノブに手を伸ばす金木

だがその時、
外からガチャッとドアが開かれる

金木
「?・・・」

tg122_43

そこに現れたのは六月

六月
「せんせ♡」

tg122_45

「居なくなったら困るって、
だからあれだけ言ったのに
次号、どうなる【re】・・・!?」

~以下トーキョーグールre ネタバレ 123話 に続く~



トーキョーグールre 123話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

トーキョーグールre 123話ネタバレ画バレはこちら

『ブス』

依子

指には婚約の証

結婚式のドレスを見に
店に来ている依子

依子
「わあ~」

展示されているドレスを
見る依子

依子
「私じゃ
胸空きそうだなぁ」

その時、依子の背後から
声をかける人物


「小坂さん」

依子
「あ・・・」

re

reに現れた六月

六月
「先生・・・」

金木
「六月くん・・・」

六月
「はい・・・!!
信じられません・・・私・・・」

ウルッと涙ぐむ六月

六月
「壇上で処刑されて
首が落とされたはずなのに・・・

でも、やっぱり
信じられなかったんです
死んだなんて・・・

・・・それでこの店に
せんせいが来てた事を
思い出して・・・

寄ってみたら・・・
本当にいるなんて・・・」

金木の服の裾を
ギュっと握り涙を零す六月

六月
「先生、戻ってください
できる事があるなら

何でもします
まだ間に合うから・・・」

涙を浮かべている六月

金木
「・・・六月くん・・・
それは出来ない」

六月と金木のやりとりに
トーカが気付く

トーカ
「・・・!」

カウンターのトーカと
目が合う六月

トーカ
「・・・」

六月
「・・・」

虚ろ目でトーカを見つめる六月

シャトー

ラッピングされた物を
持っている瓜江

瓜江
(六月のだけ
こんな包装紙で・・・
プレゼントみたいだな)

瓜江が二階への階段を登り
六月の部屋をノックする

瓜江
「六月いないのか入るぞ」

瓜江が六月の部屋に入る

六月の部屋の壁には
たくさんの写真

その写真の一枚一枚が
ナイフで刺されていた

瓜江
「・・・」

その写真は六月が武臣から
預かった写真だった

トーカと依子が映った写真

写真のトーカの顔に
ナイフが刺さっている

瓜江
「六月・・・?」

re

スゥ・・・と
店の匂いを嗅ぐ六月

六月
「・・・【喰種】臭い
この店【喰種】臭い

・・・本当に裏切ったんですね
有馬さんを殺して」

金木
「・・・」

六月
「CCG・・・鈴屋さんは、
伊藤さんは・・・Qsは
そして私は・・・何だったの・・・?」

拳をギュッと握る六月

金木
「僕は・・・
あの頃君達が・・・」

六月
「どういう意味?
あの頃って?
今は【喰種】が大事ですか?」

六月が顔を伏せる

六月
「・・・」

そして六月が再び顔をあげ
ニィっと笑みを浮かべる

次の瞬間、ナイフで
金木の右頬を斬る六月

金木
「・・・!!」

トーカ
「・・・!!」

金木が右頬を抑える

金木
「六月く・・・」

六月
「・・・先生は
おかしくなってます」

六月がナイフを握りしめる

六月
「戻って来てください
私が邪魔なものを取り除いてあげますから」

金木
「!!」

六月がナイフを手に取り
クルクルと回しながら
金木の顔を何度も小さく斬りつける

金木
「六月・・・くん!」

金木が顔をひいて
ナイフを避ける

六月
「なんですかせんせ!?
あは♡いいですね
せんせーの声!」

六月が突き出したナイフが
金木の手首に突き刺さる

金木
「ぐっ・・・」

その時、刺さった手首から
液体が入っていく

金木
「・・・!!」
(この匂い・・・!)

次の瞬間、金木が地面に
膝をついてしまう

金木
「ぐっ・・・!」

金木
(抑制剤か!!
クインケに仕込むなんて・・・!)

更にナイフを
振るってくる六月

六月
「先生!」

六月の攻撃を
何とか躱し続ける金木

金木
(このままじゃ赫子が・・・
抑制剤まで準備して

来たという事は・・・
初めから戦うつもりで!?)

六月
「先生 先生」

だが次の瞬間、金木の左脇付近に
六月の赫子が入る

金木
「!!」

金木が店のガラスを突き破り、
外まで吹っ飛んでいく

金木
「ぐっ!」

金木がゴロゴロと
歩道に投げ出される

金木
「ぐあっ!!」

赫子を出しながら
様子を見ている六月

トーカ
「カネキ!!」

六月
「助けてごらん」

起き上がる金木

金木
「ぐ・・・」

その時、金木の背後に
誰かが迫ってくる

金木
「!!」

直後、金木の首に
赫子を振り下ろす人物

金木
「めんこ!」

地面に倒れる金木

金木
「がっ!は!」

赫子を振り下ろしたのは
安浦晋三平だった

晋三平が赫眼と赫子を出し
金木に言い放つ

晋三平
「立て、おばさんと
同じ目に遭わせてやるから」

トーキョーグールre 123話ネタバレ画バレはこちら

・ピエロと宗太(フルタ)の目的は!?ヒデの登場も間近?徹底考察!

・東京グールre 最強クインケランキング!
・東京グール強さランキングはこちら
東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら

 - ・東京喰種:re