MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ベイビーステップ 431話ネタバレ画バレ&432話最新情報

      2017/04/25

ベイビーステップ ネタバレ一覧はこちら

ベイビーステップ 431話 ネタバレ&432話最新情報ベイビーステップ431話 ネタバレ432話  画バレ 確定 最新話 速報

・ベイビーステップ最新431話確定ネタバレ画バレ
ベイビーステップ 432話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは、

悔しさを噛みしめる渡邊

浅野
(渡邊くんはかなり長い停滞期間(スランプ)の中にいる・・・
それだけに今の丸尾くんとの対戦は試練だが、
乗り越えれば得るものはある)

いつものようにブツブツ言いながら
ノートに書き込んでいる栄一郎

ベイビーステップ 430話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

渡邊はバックハンドでストレートへ打つ

栄一郎がそれをボレーで返して決める・・・・・・

ベイビーステップ 431話 ネタバレ 最新 確定

『分岐点

ファーストセットを6ー0で栄一郎が獲る

チェンジコート中

渡邊
「(バカだな・・・長いスランプの理由なんて
試合中に考えることじゃない・・・

そんなことより今はこいつを
何とかすることを考えねえと・・・)」

いつもの様にノートに書き込む栄一郎

渡邊
「(しかしチェンジコートの度に
よくそんなノートに書くことがあるな・・・

ノートを使う奴はたまにいるが、
普通は気づいたことをメモるくらい・・・

あれが何かの役に立ってるとすれば・・・
重要なポイントを体感した直後にデータベースにして、

後で戦略を立てるのに使うってことか?
要は緻密な分析・・・
確かに俺に足りない部分かもしれない

でもそこは強みの違いでもある・・・

俺の武器はフィジカルとテクニック
身体を管理して鍛え、技を磨くことに
関しては同じように徹底してきた

だからって戦略をないがしろにはせず、
コーチを頼りにカバーしてる

なのに・・・これはいくら何でも
やられすぎだろ)」

栄一郎
「(渡邊さんは多分、
こっちの戦略への迷いや

メンタルの乱れでいつもより
パフォーマンスが落ちてる

セカンドセットの出だしも
このままいければ・・・いや・・・

難波江くんにもらったデータを見れば・・・
俺が渡邊さんから
このまま逃げ切るなんて甘すぎる!

例えば武器(ダウンザライン)を攻略されたら、
それだけでこの程度の差は一瞬で詰まってしまう
まだ瀬戸際なんだ・・・)」

審判
「タイム!」

セカンドセット第1ゲーム

サーブ位置についた渡邊は大きく一息吐く

渡邊
「(間を取って心を整える・・・
最低限いつもの力(パフォーマンス)を出すことが先決)」

渡邊のサーブはサイドへ
クロスにリターンする栄一郎

渡邊
「(考え過ぎず、戦略はシンプルに・・・
やられる前に先制の一打を!)」

強烈なフォアをクロスに決める渡邊

15ー0

盛り上がる観客席

栄一郎
「(速攻・・・!武器を出す間もない・・・
やっぱりこのままじゃダメなんだ)」

栄一郎は下がって構える

渡邊
「!」

観客達
「おっ?かなり後ろで構えたぞ」

渡邊
「(前じゃなく後ろ・・・なぜそうくる?
確かにそこなら俺の先制攻撃に対する守備力は高まる

でも同時に前で打つ武器(ダウンザライン)は
出しづらいし、何より
後方(ベースライン)はパワーがモノを言うエリア

ここまでの積極策からして、
急に守備的になるのも考えにくい

そこからどうダウンザラインを出すのか・・・
見せてみろ!)」

渡邊のサーブはワイドへ

栄一郎
「(ここは渡邊さんが
絶対落とせないゲーム・・・

かなり厳しい先制攻撃がくるのは間違いない
相手サーブのここは、

まずそれを凌がなけきゃ・・・
せっかくの武器が使えない

その為の後方守備・・・
だけどそれだけでも勝てない・・・)」

渡邊
「(その位置から積極策でくるなら・・・
この位置へのコントロールショットか・・・)」

しかし・・・栄一郎はクロスへ強打

渡邊
「!?(強打!?)」

そして栄一郎は守備位置を前にする
返す渡邊

渡邊
「くっ(そしてここで一歩前に・・・
不意打ちか!?その程度の球威でやってくれるな)」

返す栄一郎

栄一郎
「(深い・・・でもほぼ互角にまで持ち込んだ)」

渡邊
「(やっぱりそこでダウンザラインを
出す機会を窺うつもりか

次から次にあの手この手と打ってきやがる
だがまだ互角・・・
出せるもんなら出してみろ!)」

栄一郎が前に出る

 渡邊
「!?(さらに前だと!?)」

ショートクロスを打つ渡邊

渡邊
「くっ」

反応してボレーを決める栄一郎

栄一郎
「だっ」

15ー15

栄一郎
「よしっ」

渡邊
「(なぜ今ネットに出る・・・
ベースラインからのダウンザラインで

セットを奪っておきながら・・・
それを使える状況を
敢えて今作っておきながら・・・)」

少し考え込んでハッとする渡邊

栄一郎はまた下がって構えている

渡邊
「(・・・またその位置か
こっちサーブだ・・・
今のリターンをケアして先手!)」

渡邊のセンターへのサーブはフォールト

渡邊
「(焦るな・・・)」

スポンサーリンク

栄一郎は前に出て構える

渡邊
「(今度は逆に
そんな前だと・・・だったら・・・)」

渡邊はスピンのかかったサーブをセンターへ

栄一郎
「(弾むスピンサーブは・・・
上から思いっ切り叩く!)」

渡邊
「(連続でパワー勝負!?)」

前に出る栄一郎

栄一郎
「(強打は本来不利だけど・・・
ファーストセットを戦略で奪っての
セカンドセットの頭だけなら・・・

多少の効果はあるはず・・・
そしてダウンザラインじゃなく・・・
ネットに出て反応勝負!)」

渡邊はバックハンドでストレートへ打つ

栄一郎がそれをボレーで返して決める

15ー30

渡邊
「(反応がいい・・・
だから前で勝負ってことか・・・

ってことは攻略できてない
武器が2つに・・・まずい・・・)」

ガッツポーズする栄一郎

~以下ベイビーステップ ネタバレ 432話 に続く~


スポンサーリンク

ベイビーステップ 432話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

ベイビーステップ 432話ネタバレ画バレはこちら

『均衡

渡邊
「(ダウンザラインと反応勝負・・・
こっちが攻略できてない武器が2つ・・・

1つの武器で足止めされてるのに・・・
そこを2つ目で攻撃されたら効果は単純に倍じゃ済まない)」

栄一郎
「(やった・・・
無理してでも成功させたかった理想の展開!)」

渡邊
「(セカンドセットの立ち上がりに
用意していたかのような戦略・・・

新人が俺を相手にダンゴ(6ー0)で圧倒しても、
少しも油断や戸惑いが見られない・・・
ここまでは想定できたってことなのか!?)」

 ダウンザライン(強)が有効なうちに
強打で撹乱して反応勝負に持ち込む

これは栄一郎が渡邊を倒すために
描いたベストの筋書き(ビジョン)だった

これは全てが思い通りにいくことで
初めて実現していた

更に、渡邊が逆転するにはキープが
必至のこのタイミングで、
2つ目の武器を出せた意味も大きかった

渡邊は、ここで多少無理してでもダウンザラインを
攻略してキープできれば、
圧倒されたファーストセットを断ち切れた

フォアでクロスに返す渡邊

栄一郎
「(ここで・・・勝負!)」

フォアでダウンザラインに決める栄一郎

栄一郎
「っし」

15ー40

しかし逆に圧倒された武器の効果が跳ね上がる

渡邊がこの状況を変えるのは、
ファーストサーブから一気に押し切る必要があった

しかしそれができず、ストローク戦になると
渡邊は何がどこへ来るか知れないショット(武器)を
考慮して守備位置を下げなければならなかった

下がった渡邊

渡邊
「(どっちだ・・・?)」

下がればその分、
どっちの武器を出されてもカバーできる可能性は高まる

その反面、これは渡邊の武器である
球威を自ら殺す苦肉の策だった

渡邊
「(ダウンザライン?
それともクロスから前?それ以外・・・?)」

栄一郎
「(その位置なら・・・)」

栄一郎は渡邊が後手に回ったことを見逃さなかった
ドロップショットを打つ栄一郎

前に走り出す渡邊

渡邊
「くっ」

渡邊は何とか返すも、
前に詰めていた栄一郎がボレーを決めてブレイク

栄一郎
「よし!!」

続く栄一郎のブレイクにざわつく観客達

観客達
「マジかよ!
セカンドセットも丸尾のブレイクで始まった!」

「ウソだろ・・・このままいくのか・・・?」

苦しい表情の渡邊

渡邊
「・・・」

観客達
「頑張れ渡邊っ!」

「まだイケるぞ!」

「ここから!諦めるな!」

デ杯で緊張していた時、
吉道にかけられた言葉を思い出す渡邊

“いや、確かめたかったんだよ・・・
ちゃんと日本中に見られてる意識があんのかをな

ちゃんと意識できてんならそんな顔すんなよ・・・
それこそ日本中が心配しちまうぞ?”

渡邊
「(観られてることを忘れるな・・・
俺はナショナルチームだ)」

少し落ち着きを取り戻した様子の渡邊

続くセカンドセット、
第2ゲームは栄一郎のサーブ

サーブから武器2つを駆使した攻撃で、
栄一郎は有利に展開した

しかしここを渡邊が守備に徹して粘り、
最悪の混乱状態から徐々に抜け出す

だがそれでもブレイクには至らなかった

そして続く渡邊サーブの第3ゲーム
渡邊の後方からの粘りが、功を奏し始める

栄一郎のダウンザライン(強)の効果が薄れると同時に
この戦い方はここぞという時の球威がモノを言う

渡邊の強打に対し、ネットにかけてしまう栄一郎
ついに渡邊がこの試合初めてのキープ

渡邊
「(まだ間に合う・・・立て直す!)」

圧倒的リードも、
1つのブレイクが命取りの現状に栄一郎は

武器の効果を更に高めるために、
守備位置を限界まで前へ

これで両者の攻守はある意味
バランスが取れた状態となり・・・
互いがキープし合う展開となる

渡邊
「(長引いての体力勝負は望むところ
1つ取り返せば逆にこっちが有利になる)」

膠着状態に渡邊は、逆転を狙い、
時折守備位置を定位置に戻そうと伺う

しかし
栄一郎はその度に2つの武器で命懸けの阻止

ベイビーステップ 432話ネタバレ画バレはこちら

ベイビーステップ ネタバレ一覧はこちら

 - ベイビーステップ