MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

トーキョーグールre 119話ネタバレ画バレ&120話最新情報

      2017/04/09

トーキョーグールre 119話 ネタバレ 120話  画バレ 確定 最新話 速報

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら
・東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

・東京グールre 最強クインケランキング
・東京グール強さランキングはこちら

・東京喰種re最新119話確定ネタバレ画バレ
東京グールre120話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

亜門
「・・・」

tg118_24

マリスステラ
「にゃご」

亜門
「・・・ひさっ・・・
久しぶる・・・・・・ぶりだな」

tg118_25

「良かった、愛猫がいてくれて
次号、必要な会話」

トーキョーグールre 118話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

金木が亜門と向き合う

tg119_06

金木
「・・・亜門さんならいけると
思ったんですけどね元上司だし」

亜門
「悪いな、力及ばずで・・・少し話すか」・・・・・・

トーキョーグールre 119話 ネタバレ 最新 確定

『クルス』

「その瞳の色を知る事は
無いと思っていたのに」

tg119_01

「【フロッピー】亜門鋼太郎予期せぬ帰還」

アキラ
「どうやって忍び込んだ?
・・・私の家に」

tg119_02

亜門
「・・・窓を・・・その・・・」

アキラ
「・・・器物損害、家宅侵入か
正義の上等捜査官が・・・ああ【元】か、君も」

マリスステラ
「ニャーン」

tg119_03

亜門
「・・・アキラ・・・まずはお前に
なにも告げずにいたこと詫びさせてく─」

亜門の言葉を遮るアキラ

アキラ
「マリスステラをありがとう
・・・私は・・・

君が【死んだもの】として
この数年を生きてきた

色々な感情(おもい)は白紙に
職務に邁進してきた・・・

今更なにを話せばいい詫びなどいらんよ
今は【喜ばしい】も【腹立たしい】もない
ただただ困惑している」

目を伏せながら言うアキラ

tg119_04

亜門
「・・・」

アキラ
「すまない亜門【元】上等」

亜門
「いや、いいんだ」

ベッドから立ち上がる亜門

亜門
「・・・俺は・・・しばらくここに身を寄せる
なにかあったら頼ってくれ・・・待っている」

部屋から出ていく亜門
アキラがベッドに横になる

アキラ
「・・・嘘はついてないついていないが・・・
本当の事はなにも言えてない感じだ・・・
今更・・・どんな顏をすれば良い?・・・」

tg119_05

屋上

亜門が屋上にやってくる
そこには金木がおり街を眺めていた

亜門に気付いた話しかける金木

金木
「どうでしたか
・・・会いに行ったんでしょう?
・・・その様子じゃ・・・僕と一緒かな・・・」

金木が亜門と向き合う

tg119_06

金木
「・・・亜門さんならいけると
思ったんですけどね元上司だし」

亜門
「悪いな、力及ばずで・・・少し話すか」

tg119_07

金木
「ええ」

地面に座った2人が
街を見つめながら話す

亜門
「・・・アオギリの樹から
抜け出した後、俺は身を隠した

嘉納の追っ手を避けるために
【赫包】が身体に馴染まず食事も不十分

俺には奴ら一人を追い払う事すら
出来なかっただろう

・・・そうして身を隠しながら
俺は自己流で赫子の扱いを身につけていった」

金木
「・・・僕は恵まれてました
トーカちゃんから色々教わったから」

目を閉じる亜門

亜門
「ラビットか不思議なものだ
お互い命の奪い合いをしてきた者達が
こうして肩を並べている」

金木
「・・・僕はあなたが殺そうとしているようには
思えなかったけど・・・初め以外は」

亜門
「それほど俺には衝撃だったんだ
あの状態で捜査官を見逃す

【喰種(グール)】なんて
聞いた事が無かった」

tg119_08

金木
「更にピエロ戦のおかげで
より一層【喰種(グール)】の
立場は貶められた・・・」

亜門
「ああ、そして【CCG】の新体制・・・
ヤツは【喰種(グール)】を
一方的に弾圧するつもりらしい・・・」

旧多の事は耳に入れている様子の亜門

亜門
「眼帯、お前はどうするつもりだ?」

金木
「・・・僕の立場は変わりませんよ
【喰種】の為に戦うそれだけです」

tg119_09

亜門
「・・・1つ気になっていたんだが
元は人間のお前がなぜそこまで

【喰種(グール)】の為に行動する?
俺は・・・この身体になっても

【では喰種のために戦おう】
・・・とはならない
・・・彼らに特別な想いがあるのか?」

tg119_10

金木
「似てるんです
社会から孤立して【偏ったもの】しか
摂取できない【喰種】たち

・・・僕みたいだ

僕は自分が心の優しい人間だと
信じ込んでいたんですがどうも違ったみたいです

人間にも大切な人はいたけど
多くの人間は僕にとってどうでもよかった

僕は目に見えない誰かの為じゃなく
身近な人の為に戦いたい

それが僕の場合、【喰種(グール)】に
多かっただけです・・・」

ゴートの面々を思い浮かべる金木

tg119_11

金木
「・・・だからこうして
戦って【みてます】

・・・結構弱い動機なんですよ

・・・って率いる側が
これじゃダメですよね・・・はは」

亜門に笑顔を向ける金木

tg119_12

亜門
「・・・そうか・・・いや
腑に落ちた気がするよ」

唇が薄っすらと笑う亜門

金木
「亜門さんはどうするんですか?
これから・・・」

亜門
「分からない
・・・が捜査官だった頃の想いは
今も変わらない」

tg119_13

立ち上がる亜門

亜門
「俺は自分が正しいと思った事をする
・・・今はこの世界がどうなるか
見定めたいと思う・・・」

以前の金木の言葉を思い返す亜門

金木
【・・・『この世界は間違っている』?】

亜門
「・・・眼帯・・・もしも・・・・・・
失ったはずの・・・知人や友が
お前の元に帰ってきたら・・・」

金木
「・・・」

亜門
「お前はどう感じる?」

金木
「恐いでしょうね」

亜門
「・・・恐い?」

金木
「またいなくなっちゃうんじゃ
ないかって・・・」

tg119_14

金木を見つめる亜門

亜門
「・・・そうか・・・そうだよな・・・」

オッガイ

大量のコンテナが置かれている場所を
数人のオッガイが歩く
(少なくとも5人はいる様子)

オッガイ
「本当なのかな【べー】の隊長は
半分までいったって」

オッガイ
「さあ?」

クンクンと鼻を鳴らしつつ
周囲を捜索しているオッガイ

オッガイ
「【あー】が1番だよ」

オッガイ
「ぼくらの隊長は
もう半分いったもん」

オッガイ
「はじめ」

はじめ
「急かすな待て」

鼻をクンクンするはじめ

はじめ
「・・・」

ピクッと反応するはじめ

はじめ
「8番目だ」

tg119_15

8番目のコンテナにオッガイ達が来る

コンテナの扉を蹴破ると
中には母娘が隠れていた

母娘
「ッ・・・!!」

オッガイ
「ビンゴォさっすが」

オッガイ
「軽口不要、即刻【駆逐】」

母が娘を守ろうと赫子を出す

tg119_16

オッガイ達
「あっ!

やべーやべー!赫子だした!
あはは

ははははははは
ははははははは

あはははははははは
はははははははははは

はははははははははは
はははははは

歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯
歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯」

オッガイ達が赫子を出して
コンテナを突き破りながら
母娘も吹っ飛ばしていく

母娘はオッガイ達の赫子により
上半身と下半身に切断される

tg119_17

旧多

カプセルの中のリゼに
話しかけている旧多

旧多
「Qsを【CCG】に増員するってのはつまり
【嗅覚に優れた捜査官】が増えるって事で

時間さえあればどんどん【喰種(グール)】を
発見できちゃうわけ

しかも【オッガイ】は君ベースで
あんしんの【嘉納式】だから

つまり100人ぐらいカネキケンを
つくっちゃったってワケなのよねぇ
さて、どうしよ・・・♡」

tg119_18

アキラ

アキラをじーっと見ているマリスステラ

アキラ
「・・・どうしたマリスステラ
そんなに見て」

その時、コンコンと
入り口の壁がノックされる
そこに居たのはトーカ

トーカ
「身体治ったんでしょ
顔貸してよ、真戸アキラ」

tg119_19

「もう、【待つ側】でじゃいられないだから、動く
次号、女達の戦い・・・!?」

~以下トーキョーグールre ネタバレ 120話 に続く~



トーキョーグールre 120話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

トーキョーグールre 120話ネタバレ画バレはこちら

tg120_01

『う・つ・わ』

アキラを外に連れ出すトーカ

先を歩くトーカの後ろを付いていくアキラ

tg120_02

「ずっと探していた親の仇
その後ろ姿は、1人の女性」

アキラ
「・・・・・・」

tg120_03

アキラ
(内股に力が入らない・・・
別人の身体みたいだ)

先を行くトーカを見るアキラ

アキラ
(ラビット・・・私と亜門上等が
ずっと追っていた【喰種】・・・
私の父の・・・)

立ち止まるトーカ

トーカ
「・・・言っとくけど
アンタの父親殺したの私だから」

振り返りながらアキラに言うトーカ

tg120_04

眼を見開くアキラ
そのまま拳を握るが握った拳は震える

アキラ
「・・・病み上がりの
人間を連れ出して
何を言うかと思えば・・・

・・・お前が趣味の悪いヤツで良かった
素直に恨む事が出来そうだ」

睨むように言うアキラ

tg120_05

前に向き直るトーカ

トーカ
「そ なら良かった」

再び歩き出すトーカ

アキラ
(・・・なんなんだ一体・・・)

アキラ
「どこまで
連れていく気だ・・・」

公園

小高い所の下には
公園が広がっていた

tg120_06

公園には3人の子供が
楽しそうに遊んでいる

金髪の男の子、赤髪の男の子、
長髪の女の子の3人

tg120_07

赤髪の男の子
「アハハ」

女の子
「キャハハ」

金髪の男の子
「ハハ」

アキラ
「・・・!」

女の子
「次どっちー?」

金髪の男の子
「僕!」

赤髪の男の子
「え~」

女の子
「じゃあ、私鳥やる」

金髪の男の子
「じゃあ僕犬ー」

赤髪の子供
「僕が【白鳩(ハト)】?」

アキラ
「子供・・・」

トーカ
「【喰種】よ」

アキラ
「!」

トーカ
「【アオギリの樹】に
身を寄せていた
【喰種】のうちの一部・・・

家族を失って
一人で生きていた子供達

アオギリが島で敗けて
その場所もなくなった・・・」

tg120_08

アキラ
「・・・」

その時、トーカ達の後ろから
声をかけるヒナミ

ヒナミ
「お姉ちゃん?」

トーカ
「ヒナミ」

ヒナミ
「来てたんだね」

トーカ
「ちょっとチビ達の顏見たくてね」

ヒナミ
「そっか・・・」

公園を見下ろしているアキラ
アキラの横顔をヒナミが黙ってみている

ヒナミ
「・・・」

tg120_09

その時、赤髪の男の子が
ヒナミ達に気付く

赤髪の男の子
「あーっ!
ヒナミ姉ちゃんだ!」

金髪の男の子
「お姉ちゃん早く早くー!」

ヒナミ
「はいはい」

ヒナミが子供達の元へと
階段を降りていく

アキラ
(・・・フエグチ)

トーカ
「ヒナミはアンタの父親が
最後に追っていた【喰種】・・・

・・・ヒナミもあの子達と
変わらない」

赤髪の男の子
「お姉ちゃん」

女の子
「ヒナミお姉ちゃん」

ヒナミ
「良い子にしてた?」

女の子
「また絵本読んでほしいの」

ヒナミ
「いいよ、沢山もってきたから」

ヒナミと子供たちの様子を
見下ろしているアキラ

アキラ
「・・・」

トーカ
「親を失った身寄りのない子・・・」

アキラ
「・・・【失った】、か
回りくどいな

素直に言えばどうだ?ラビット
私の父が殺した(奪った)、と」

少し笑みを浮かべながら
トーカに言い放つアキラ

tg120_10

トーカ
「・・・そうね」

トーキョーグールre 120話ネタバレ画バレはこちら

・ピエロと宗太(フルタ)の目的は!?ヒデの登場も間近?徹底考察!

・東京グールre 最強クインケランキング!
・東京グール強さランキングはこちら
東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら

 - ・東京喰種:re