MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ハイキュー 247話ネタバレ画バレ&248話最新情報

      2017/03/30

ハイキューネタバレ画バレ一覧

ハイキュー 247話 ネタバレ&248話最新情報ハイキュー 247話 ネタバレ 248話  画バレ 確定 最新話 速報

・ハイキュー最新247話確定ネタバレ画バレ
ハイキュー 248話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは、

大会2日目

シード校参戦

ハイキュー 246話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

hk247_04

烏養
「もうな
今更現実は変わんねえから言うけど

相手はIH準優勝チーム
兵庫県代表の稲荷崎高校

hk247_05

まあ あのアレだ
優勝候補ってやつだ」・・・・・・・

ハイキュー 247話 ネタバレ 最新 確定

『2日目』

「この全国の舞台で、【もう一回】が無い試合を
春高はいよいよ2日目へと突入ッ!!」

「春高前の秋」

10月末 宮城代表決定戦後

烏養が一繋じいさんと
酒を飲んでいる

烏養
「『ゴミ捨て場の決戦』
俺が見してやるぜ!わはは!」

一繋
「ゴミ捨て場の決戦なあ」

烏養
「?」

hk247_01

一繋
「――俺は他人に教える真似事を
始めてからしばらく

選手に“俺と同じ事”或は
“俺がやろうと思ってできなかった事”
をさせようとした

でもある時 奴らは
どう考えてるのか気になった

奴らじゃ俺じゃ無ぇし
俺の駒でも無え ・・・
その当たり前の事に気付いて」

烏養「・・・」

一繋
「その日から教える事が
真似事じゃなくなったんだ

これがまぁ難しいのなんのなあ
・・・」

hk247_02

懐かしむかのような、遠い目の一繋

一繋
「おめぇはその点デキが良い」

烏養
「!」
一繋
「バレー自体のデキが悪いだけある」

烏養
「あ”あ!?」

一繋
「わはは!」

烏養
「『ゴミ捨て場の決戦』が
じじい孝行のためだと思ってんのかよ?」

hk247_03

烏養
「今一番音駒の連中を倒したいと
思ってんのはウチの野郎共だぞ?

負けまくってるからな
もう“昔の”因縁の相手じゃ
なくなってるんだよ」

一繋
「!・・・」

烏養
「だから“ただ”楽しみに待ってろよっ」

一繋は満足そうに笑う

hk247_17

【回想終わり】

電話している烏養

烏養
「――じゃあ取りあえずは
大丈夫なんだな」

『うん でも調子は
あんまり良くないからじいちゃんが

そっちに行くのは
やっぱり無理かもねえ』

烏養
「――うん」

『でも本当に 心配は無いから』

烏養
「・・・ハイ ――じゃあ」

電話を追え、
トーナメント表を取り出す烏養

hk247_18

烏養
(お互い2日目を勝ち抜けば
3回戦で 対 音駒
“勝ち抜けば”)

烏養は選手たちを集める

烏養
「よし
じゃあ明日の話だ」

hk247_04

烏養
「もうな
今更現実は変わんねえから言うけど

相手はIH準優勝チーム
兵庫県代表の稲荷崎高校

まあ あのアレだ
優勝候補ってやつだ」

hk247_05

烏養
「まずポイントゲッターは
4番の尾白アラン

hk247_19

高さもパワーもあって梟谷の
木兎同様『全国3本指』に

最も近い・・・というか
調子さえ良ければ
それも超える可能性がある

対ウシワカと同じく
“止める事”と“拾う事”を
切り離して考えない事

トータル・ディフェンスで
捕まえる」

hk247_06

烏養
「それとMB(ミドルブロッカー)
10番 角名倫太郎

hk247_20

身長はMBにしたら低い方だけど
センスの塊って感じの奴

攻撃にはしつこく食いつけ
こっちの速攻にも確実に

“慣れて”くる スペースを
広く使って攻撃してくれ

稲荷崎の“手砲”はこの2人
で やはり厄介なのは」

主砲2人を含め
全スパイカーを絶妙に使い分ける

セッター 宮侑
影山はユース合宿で会ってるな」

hk247_07

『“おりこうさん”よな』の
台詞を思い出す影山

影山
「ハイ」

菅原
「高校No1セッターって
言われてる奴だよな・・・」

No.1セッターその言葉に
反応する影山

hk247_21影山
「『スパイカーが上手くなったと
錯覚するセットアップ』らしいです

確かに凄え打ち易いっス
ブレない 乱れない」

焦る田中

田中
「影山が言う程かよ・・・」

烏養
「宮(そいつ)が厄介なのは
セットアップだけじゃなくてな」

影山「サーブ」

ビデオを見ている一同

東峰
「うお
確かに強烈だな・・・」

澤村
「でも 今までと同じく
全く取れないって事も無い」

hk247_08

影山
「宮さんは少し前から
スパイクサーブと
ジャンプフローターの二刀流です」

澤村
「!?」

西谷
「どっちで来るか ギリギリまで
わかんないって事か」

田中
「レシーブの陣形が
組み辛いっスね・・・」

影山
「中総体とIH(インターハイ)で
ベストサーバー獲ったことあるそうです」

落ち込む東峰

東峰
「・・・その情報
聞きたくなかった・・・」

影山
「?サーセン」

烏養
「で 今回はローテーションの
コンセプトを変えようと思う」

hk247_09

真剣な表情で作戦会議に臨む
選手たちを、後ろから見ている谷地

谷地
(さっき勝ったばかりなのに
もう皆さんの顏が恐い・・・)

烏養
「――いいか?」

「「ハイ」」

谷地
(第2シード・・・
この沢山のチームの中で

2番目に強いチームと
戦わなきゃいけないんだ・・・)

しかしただ1人
興奮している日向

日向
「全国の1番と2番
両方とも戦えるって事かぁ・・・!!」

hk247_10

烏養
「!」

困惑の澤村たち
「!?」

影山
「第1シードの井闥山が
決勝まで来れば だろ
反対側のブロックだから」

日向
「そっか でも井闥山に
勝った奴居たらそこが1番じゃん」

スポンサーリンク

影山
「・・・そうか ・・・そうか?」

菅原
「ハァ~!慣れない!慣れないわ~!
お前等のその変な自信!」

日向 影山
「「!?」」

烏養
(『じじい孝行じゃない』
うそだよ

見せたくて何が悪い
待ってろじじい)

「1月6日(大会2日目)AM7:20」

会場の周りを走っている烏野

澤村
「烏野ォーファイ!」

烏野一同
「オイ!」

昨日のミーティングでの
烏養の言葉

hk247_15

烏養
【明日の朝も
最重要はアップだ

俺達は第2試合
体育館が開くのが朝8時

第2試合のチームが
最初に30分のコート練習を
する事になってる

会場と同時に
この『30分』は始まってる

不慣れなチームの場合
荷物置きだなんだと
モタついているうちに

時間はあっという間に
過ぎちまう

ウチみたいに少人数なら尚更
役割分担・移動をスムーズに】

その烏養の言った通りに、
テキパキ動いて
アップに入る烏野一同

武田も控え選手と一緒になり
荷物を運んでいる

主力メンバーはコート練習へ

武田の元に現れる稲荷崎のコーチ
【大見 太郎(おおみ たろう)】

大見
「次スパイクで
良いですよねっ?」

武田
「エ”ッ!」

ギョッとする武田

hk247_12

大見に圧倒される武田

武田
「え~っと・・・」

武田
(うう・・・!
溢れ出る場慣れ感・・・!)

烏養が走ってきて答える

烏養
「サーブ多めで
お願いしたいです!!」

大見と烏養の間に
バチバチと火花が散る

日向回想

昨日の作戦会議の続き

日向
「セッターのミヤアツムが
チョースゲー奴なら

セッター狙って返球すれば
良いっスよね!?」

hk247_11

西谷
「おお!翔陽賢いぜ!!」

烏養
「待て待て」

日向
「?」

烏養
「今、最初に観たのは
この前の代表決定戦の
録画だが

その時、オポジットの奴が
万全じゃなくて
出てなかったらしいんだ」

谷地
「オポジット・・・
セッター対角・・・

澤村さんやウシワカさんと
同じポジション・・・」

隣で頷く潔子

烏養
「今回はその本来のオポが
出て来る可能性が高い」

【回想終了】

影山がじーっと
相手コートを見つめる

日向
「うお・・・!」

日向が目をごしごしと擦り、
相手コートを見直す

日向
「【ミヤアツム】が2人・・・!!」

hk247_13 hk247_14

「稲荷崎高校2年
【宮 侑(みや あつむ)】
【宮 治(みや おさむ)】」

菅原の回想の言葉が入る

菅原
【月バリで読んだ事ある・・・
たとえ宮侑を崩しても
双子の【治】が補完する

高校バレー界 最強ツインズ
『宮兄弟』・・・!!】

hk247_16

宮侑
「東京勢に
デカい顔させんのは
もう終いやで」

宮治
「・・・」

菅原
「ミヤアツムスペック
盛りすぎ問題・・・」

東峰
「【双子】はスペックと
違うだろ・・・」

澤村
「フゥ~・・・(深呼吸」

「立ちはだかる壁!!」

~以下ハイキュー ネタバレ 248話 に続く~


スポンサーリンク

ハイキュー 248話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

ハイキュー 248話ネタバレ画バレはこちら

『格差』

春高2日目!!

会場外の大会パンフを広げるカップル


「今日最初ドコ見る?」


「ん〜新山女子まだだから〜・・・
やっぱ稲荷崎かな、宮兄弟!

お、稲荷崎の相手アレじゃん
昨日のトンデモ速攻チームじゃん
トリ・・・じゃなくてカラスノか」

hk249_01


「ああ〜!あたしあのチーム結構好きだったのに〜!」


「負け確定かよ(笑)」


「だって稲荷崎は去年のIH・春高で3位
今年のIHはあのキリュウ倒して2位だよ?

決勝でも井闥山からセット獲ってるし
今1番ノってきてるチームじゃん!宮兄弟かっこいいし♡」

男「ハンッ」

会場内

カメラの前でインタビューを受けている

稲荷崎高校・3年主将の北信介(WS・175cm)

女子アナ「稲荷崎は今日が初戦となりますが、チームの調子はどうでしょうか?」


「・・・ハイ
どんなチームも初戦というのは恐く、重いものですが

皆、落ちついていますし
調整も問題無いので良い雰囲気だと思います」

女子アナ
「ズバリ今大会の目標は!」


「勿論、優勝です」

hk249_02

近くを通りかかる烏野メンバー

山口
「アレ、町野アナじゃない!?
インタビューこっちにも来たらどうしよう!?
どうする!?」

日向
「誰!?」

月島
「 “強豪に” 密着デショ
心配しなくてもコッチには来ないよ」

しゅん・・・とする山口

山口
「ダヨネー」

日向
「山口!ピース!ピースしに行こ!」

そわ・・・とする山口

月島
「やめろ。」

hk249_03

日向の方を見る山口

山口
(俺まで怒られた!)

新山女子

コート横を歩く天内とその友達

友達
「いい?アンタはね、
自分で自覚している以上にハイスペックなのよ
顔もボディも!!」

天内「???」

友達
「 “龍ちゃん” に彼女が居るワケじゃないんでしょ!?
じゃあ押せ!!押せばオトせる・・・!!」

天内
「・・・でも・・・」

小学校の時の事をふと思い出した天内

天内回想

田中
「なんだ叶歌、どうした!」

天内
「・・・サーブが全然入らない・・・
できない・・・どうすればできるの・・・?」

考える田中
「・・・」

考えた田中が何かを閃く

田中
「・・・!!
できるまでやればできる!!」

天内
「! ・・・うん!」

【回想終了】

天内
「そうだね!」

友達
(たぶん私の思ってる感じと
違うけど・・・まあいいや!!)

そこに通りがかる田中

田中
「あっ、叶歌!」

思わず赤面する天内

天内
「あっ」

素早くその場から離れる友達

田中
「昨日は急に変な事言ってスマンかった!忘れてくれ!」

hk249_04

天内
「! ううん!
こっちこそ従兄ちゃんが急に ごめん」

田中
「エッッ?お前兄貴居たっけ?」

天内
「こっち(東京)に住んでる従兄なの
こっちで試合の時はいつもお守りとか差し入れとか
持って来てくれて・・・」

田中
「ヘェー!良い従兄ちゃんだな!
(・・・ん?て事は カン違いがカン違いで・・・?)」

天内
「あのね、私ね 龍ちゃんのお陰で猫背が治ったよ」

田中
「?」

天内
「私、上手くなったから見ててね」

田中
「!」

ハイキュー 248話ネタバレ画バレはこちら

ハイキューネタバレ画バレ一覧

 - ハイキュー!!