MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

キングダム 509話ネタバレ画バレ&510話最新情報

      2017/03/26

キングダム ネタバレ一覧はこちら

キングダム 509話 ネタバレ&510話最新情報 キングダム  画バレ 確定 最新話 速報 

・キングダム 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

・キングダム最新509話確定ネタバレ画バレ
キングダム 510話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

kingdum508_14

崇原「うちには信がいる!」

雷花の目の前に巨大な矛が迫っていた

雷花「ん?・・・へ?」

雷花に王騎の矛を振るう信

雷花「ちょ!」

雷花を一撃で仕留める信

kingdum508_16

キングダム 508話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!


「ぐっ、くそっ!
こっ・・・このクソ矛重すぎだろ!!」

尾平達
「クソ矛って言うなー!
何てことを」

kingdum509_08

ドドドドド・・・・・・・

キングダム最新509話確定ネタバレ

『矛の継承者』

「ついに戦場で放たれた
強大なる武力!!

信の手によって再び振るわれた
【王騎の矛】の威力や如何に!?」

次々と兵士を
吹き飛ばしていく信

その様子を呆気に
とられた様子で見ている尾平

趙兵
「な・・・何だこいつは・・・
何だこいつはァっ」

kingdum509_01

一振りごとにまとめて数名の
兵士達が斬られ

弾き飛ばされていく
干斗ら新兵だけでなく

崇原もその様子に
見入ってしまっていた

kingdum509_02

尾平
「す・・・凄ェ」

趙兵
「ぎ」

尾平
「あ・・・あれが・・・
あれがっ・・・っ・・・
王騎将軍の矛の威力・・・!!」

kingdum509_03

「受け継がれた意志と矛」


「ルアアアア」

kingdum509_04

尾平
「すげェ信の奴あっさりと
将軍の矛を使いこなしてるぞ」


「マジかよあいつ」

尾平
「むっ、無敵だー!
そのまま一人で全員
ぶっ倒しちまえ信ー!!」

そこへ瘣が現れる


「あれのどこが使いこなしてる」


「え!?」

尾平
「あっ、羌


「よく見てみろ」

尾平
「へ?」

飛信隊
「?」

kingdum509_05

信と趙兵が互いに
馬に乗ったまま、
正面から一騎打ちに

趙兵士
「フォォ」

同時に矛を振るうが、
(ゴス)・・・と脇腹に一撃を食らう信

一瞬遅れて兵士を矛で
豪快に斬り落とす信

kingdum509_06

さらに別の趙兵、

(ゴス)

反対側の脇腹に矛の一撃を
食らいつつも、
その兵士を返り討ちにする信

尾平
「え・・・まさか・・・」

(ゴス)

またやられる信

尾平
振り遅れてる?」


「ああ・・・豪快にな」

(ゴスゴス)


「ぐあ」


「・・・」


「・・・」

尾平
「・・・」

kingdum509_07

力ずくで趙兵士を
蹴散らす信


「オラァ」

趙兵
「ぐほォ」

ドクドクと血が流れ出した
脇腹を押さえる信


「ぐっ、くそっ!
こっ・・・このクソ矛重すぎだろ!!」

尾平達
「クソ矛って言うなー!
何てことを」

kingdum509_08

ドドドドド


「ん!?」

ドドドド

尾平
「あっ、山の民達も入って来たっ
すげェ数だぞ」

入って来た山の民が
圧倒的な刀捌きを見せ趙兵を倒す


「シュンメンか」

飛信隊
「つ、強い」

見とれている信に
我呂が叫ぶ

我呂
「オイ信
ボケっとしてると連中に
手柄全部持ってかれるぞ」


「ざけんな
城門落としてもらっといて

仲間でやられたら
飛信隊が加わった意味がねェ!」

kingdum509_09


「行くぞてめェら
中を制圧して

城主とっ捕まえて
俺達が列尾を落とす!」

飛信隊
「オオ!!」

しばらく経ち、
列尾に玉鳳隊が到着

そこで見たものは
次々に城へ入っていく秦軍と、

次々に秦の旗に
差し替えられる趙の旗

王賁
「!」

kingdum509_30

玉鳳隊兵士
「ん?・・・な・・・れっ列尾が・・・
落ちてる!?

バカな、まだ開戦一日で・・・
いや恐らく半日と経っていないぞ」

城の中から
「秦軍万歳」の声が響く

関常
「ん?・・・若・・・
望楼の上のあれは・・・」

王賁
「・・・ああ」

城のてっぺんには
飛信隊の旗を持つ信の姿

王賁
「あのバカだ」


「カカカカ」

飛信隊
「オイ信、もう下りて来て
傷の手当てしろーワハハハ」

kingdum509_10

「趙の旗は全て焼けっ
秦の旗をかかげろっ
今からこの城は秦のものだ」

「趙国門 列尾 陥落
秦軍連合軍 入城」

楽華隊

蒙恬
「いやー何もしてないのに
入れてもらって申し訳ないねー」

兵士
「さすがに出番回ってくると
思ってましたが・・・」

桓騎軍

「お頭ァ、先に入った奴が言うには
城内の住人は皆財産もって
とっくに逃げちまってるらしいぜー」

桓騎
「・・・マジかよ」

雷土
「ケッ」

飛信隊


「重傷者の手当てを
早急に
動ける人間を

信と羌
楚水の所に集めて」

兵士
「今ですか?」


「今すぐ!」

尾平
「一息ついたばっかだぞ
このままもう宴だろー」


「何言ってんの、列尾は
【ここからが忙しい】んだよ!」

尾平
「ここから?」

kingdum509_11

ゴッ巨大な馬の蹄音
フッと影がかかる貂

隣に現れたのは王翦

kingdum509_12


「!!」

尾平
「!!」

その存在の大きさに
圧倒される貂たち

王翦がギョロギョロっと
城内を見渡す

王翦
「司陸、南の区画を調べろ」

司陸
「ハ!」

王翦
「黄楽、四方の城壁の高さと長さを
正確に測って報告せよ」

黄楽
「ハ!」

王翦
「田近、城門の作りを
細かく解明して報告せよ」

田近
「ハ!」


「・・・」

尾平
「怖・・・」

王翦軍
「貴様ら飛信隊か」

尾平
「!!はっ、はいィっ」

王翦軍
「ご苦労だったな
【後】は我々がやる

指示があるまで
待機しておれ」

尾平
「は・・・はい」


「・・・後?」


「・・・そう、後だ
言っただろここからが忙しいんだって」

kingdum509_13


「秦軍(オレ達)は今この時から
この列尾を秦の城として

しっかり守りきらなきゃいけない
その為にはこの列尾城の全容を

隅々まで把握して一刻も早く
この城のクセを
つかまないといけないんだ」

kingdum509_14

尾平
「城のクセ・・・」


「・・・」


(王都圏への突破口【列尾】を
うまくこじ開けたけど

【鄴】攻めが本命の秦軍には
この【列尾】が今度は

【呼吸口】となる
ここを確保し続けないと

兵站が断裂して
鄴攻めどころでは
なくなるんだ・・・)

kingdum509_15

荒野

場面変わり、荒野を進む趙の大群

赤馬丘~列尾までおよそ半日

kingdum509_31

先頭を駆ける将軍に伝令が

趙兵
「将軍、急報です!
列尾陥落!陥落です!」

兵士達
「!なっ、何だとォ!?
もう落ちたのか!?

列尾が一日で・・・えェい構わぬ
このまま突っ込んで取り返すまでだ

しかし入城されているのなら
攻城戦になるぞ

そこまでの戦力は大丈夫だ!
奴らはまだ城を手なずけていない

行きましょう将軍
公孫龍将軍」

公孫龍
「全軍停止!
さらに反転だ!!」

兵士
「!?!?」

公孫龍
「前線を陽土まで退げて
布陣する!」

兵士
「な・・・し・・・将軍っ
列尾を見捨てるのですか!?」

kingdum509_16

公孫龍
「案ずるな、落ちたら落ちたで
奴らを【術中にはめる】までだ」

兵士
「!?えっ!?
じ・・・術中にはめる!?」

kingdum509_17

公孫龍
「・・・ああ・・・あの列尾には
【李牧様の施された策が
秘められている】のだ」

kingdum509_18

兵士
「えっ!?」

「そして、その時列尾では
正に公孫龍が口にした

【李牧の施した秘策】の存在に
王翦だけが気づいていた」

王翦

城壁から列尾を見下ろす王翦
ぐっと城壁を握る王翦

kingdum509_19

王翦
「・・・そういう事か・・・
李牧・・・」

「王翦はこの時、昌平君が
練り上げた鄴攻めの戦略が

音を立てて崩れていくのを
感じていた」

kingdum509_20

 「秦軍でたったひとり・・・
李牧がめぐらせた秘策が

胸を刺す王翦趙王都圏攻略の行方は!?
列尾陥落の夜に・・・!?」

以下キングダム510話へ続く



キングダム 510話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

キングダム 510話ネタバレ画バレはこちら

「烈火の早さ列尾城を
落とした秦軍であったが・・・

そこには李牧による恐ろしい
罠が仕掛けられていた

それに気付いたのは
総大将王翦ただ一人

列尾落城の歓喜も
さめやらぬ中、

秦国軍各隊の幹部が
本陣に集められた」

【王翦軍本陣】

王翦
「楊端和、列尾城攻略
見事だった」

楊端和
「有難く、だが余りにも軽い・・・
ここには何か予感がする」

王翦
「・・・察しの通り
我らはこれより列尾城を放棄、
次の目的地を目指す」


「えっ?」


「ええーっ?
ここはギョウ攻略の為の

最重要地だったはず・・・
ここを放棄する事はギョウ、

ひいては趙侵略を放棄すること
正気ですか?将軍!」

王翦
「・・・ここには他国に
侵略された場合に備えた
李牧による仕掛けがある」

信と貂
「仕掛け?」

楊端和
「やはり・・・その仕掛けとは?」

王翦
「この地は、黄河の氾濫域
元々、幾多の洪水被害を

被ってきた土地
隣接して流れる黄河の

こちら側一帯には氾濫を防ぐ為の
堤防や水門が整備され、

この城も洪水を防御する
仕掛けが施されている」

王賁
「・・・そうか、治水整備が
整っているという事は、

洪水を引き起こす事も
容易という事・・・
その整備は壊せば・・・」

王翦
「その通りだ」


「しかし、城に洪水を
防御する装置があるのなら、

それを利用すれば
洪水を凌げるのでは?」

王翦
「その装置は既に
破壊されている

城壁と城門の水密性を確保し、
城門を閉めれば場内への

洪水の流入は防げる
実際、この城は

その様な造りとなっている
しかし、城門に設けられた

門の浮き上がりを防止する
開穴が閉塞されている

これでは、門を閉めても
城門は浮き城内へ水が
流れ込むのは必至」


「水なんかどおってことねぇ!
俺達で趙国が攻めてきたら
返り打ちにしてやる!」

王翦
「水が恐ろしいのはその水流や
水量ではない疫病にある」


「疫病?」

キングダム 510話ネタバレ画バレはこちら

・キングダム 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

キングダム ネタバレ一覧はこちら

 - ・キングダム