MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

はじめの一歩 1173話ネタバレ画バレ&1174話最新情報

      2017/03/13

はじめの一歩 ネタバレ画バレ一覧

はじめの一歩 1173話 ネタバレ&1174話最新情報はじめの一歩 1173話 ネタバレ 1174話  画バレ 確定 最新話 速報

・はじめの一歩最新1173話確定ネタバレ画バレ
はじめの一歩 1174話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

一歩(中途半端・・・・・・)

木村「ここでいいよ 荷物持ちありがとな」

一歩は木村に荷物を渡す

一歩「は はい」

木村「なあ」

一歩「?」

木村「半端者が絶対にやっちゃならねえコトってわかるか?」

木村
「真っ直ぐ前向いている人間の邪魔だけはしちゃいけねえんだよ」

木村の言葉が一歩の胸に突き刺さる

一歩(・・・・・・中途半端・・・・・・)

ドンドンドンドンドン
ドンドンドンドンドン
ドンドンドンドンドン

鷹村は会長と激しい音を立ててミッド打ちをしている

鴨川「次 小僧!」

一歩「はいっ!」

はじめの一歩 1172話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

ドンドン ドンドン ドンドン
(サンドバッグを黙々と打っている鷹村と一歩の音)

鴨川
「うむ」

八木
「幕之内一歩の再起戦――!!」

月刊ボクシングファンの記事・・・・・

はじめの一歩 1173話 ネタバレ 最新 確定

『孤高』

再起に向け、本格的なトレーニング開始!

一歩
「お願いします!」

ビ―――ッ
(タイマーがスタートする音)

鴨川
「来い」

一歩
「はいっ」

ドンッ!

渾身の強烈な左!

鴨川
(踏み込みが ――鋭い!
加えて――ミットに感じる拳の小ささ

偏にキレ 拡散されず一点集中し
めり込む 破壊力!!
枷をつけて過ごした日々の賜物か)

ドンドン ドンドンドン
ドンドン ドンドンドン

一歩はひたすらミット打ちを続ける

板垣
「毎度信じられない
あの歳でアレに耐えるなんて」

青木
「人間じゃねえんだよ」

鴨川
「一分休憩してサンドバッッグ
さぼるなよ!」

一歩
「はいっ」

鷹村
「おう」

青木と板垣は鴨川の後ろ姿を見つめる

青木
「二人の方が疲れているんじゃねえか?」

板垣
「妖怪ですね・・・」

会長室

鴨川
「げほっ げほ
げほっ げほっ」

八木
「会長! 無茶しすぎですよ
あの二人のミット連続で取るなんて・・・」

鴨川
「寿命が縮むとでも言いたいか?」

八木
「・・・・・・」

鴨川「まあ確かに連続はキツい
身長差があるから角度が違う
その切り替えが大変じゃよ」

八木
「心配なのはミットを取る技術ではなく体力です
会長の身体が――」

鴨川
「鷹村は上から 小僧は下から
両者生意気な拳じゃ

生意気な拳じゃがアレを受けておると
寿命が延びるわいミット越しに熱が伝わってくる

若さを叩きつけてくるまるで
この老いぼれに魂を分け与えてくれているようじゃ」

八木
「会長が若返るのなら何も問題はありませんがね
彼らに問題は?」

鴨川
「無い!」

八木
「では当初の予定通り発表しましょう
2ヶ月後――

メインイベント鷹村守 セミファイナルは・・・」

ドンドン ドンドン ドンドン
(サンドバッグを黙々と打っている鷹村と一歩の音)

鴨川
「うむ」

八木
「幕之内一歩の再起戦――!!」

月刊ボクシングファンの記事

伊達
「話題には事欠かねぇな鷹村は」

仲代ジム会長
「派手すぎて下の写真が目立ちませんね」

千堂
「そうこなくちゃ アカン」

宮田
(幕之内・・・・・・)

鴨川ジム

鷹村
「帰れ帰れ
何も言うコトはねえっ!」

鷹村はジムに取材にきた記者たちを追い払ってる

鷹村
「ケチな防衛戦の取材になんざ来るなっ
去れ!散れ!痛い目にあうぞ!シッシッ」

鴨川
「ケチな防衛戦じゃとう?」

記者
「なんで機嫌が悪いんだ!?」

記者
「これじゃ記事にならないよ」

左手を拳を上げ記者たちを威嚇する鷹村

鷹村
「解散!」

記者たちは逃げるように帰っていく

記者
「せっかく盛り上げてやろうと思って
取材に来たのになんだあの態度は!?
つけ上がりすぎなんじゃないの!?」

一歩
「・・・・」

鷹村
「どうして防衛戦なんだちくしょおっ
S・ミドル級に挑戦じゃねえのかよ!?」

叫ぶ鷹村

鷹村
「ちまちまベルト守るなんざ面倒くせーっ
とっとと6階級制覇してえんだよオレ様はあっ」

一歩
「凄いコトじゃないですか統一世界王座の防衛戦なんて
みんな観たいですよ」

鷹村
「不満不満不満~~っ」

一歩
「日本では全部初物づくし記録ずくめの王座戦なんです
不満あんんて言わないで下さいよ」

鷹村
「うるせーなっ」

鷹村
「時間が無えんだよ」

一歩
「時間?」

鷹村
「防衛戦なんて回り道している暇なんざねえ
頂上まで最短最速で行きてえのに」

一歩
「中重量級で世界獲って統一して防衛戦なんて
日本では前人未到なのにそれを回り道だなんて
スケールが違いすぎてピンときません」

鷹村
「とりあえずヘビー級やっつけとかねえと
人類最強と呼ばれねえだろ」

一歩
「全くピンときません」

鷹村
「キサマのような小物にわかるワケがない」

一歩
「・・・分かる人いるんですかね・・・?
だって前人未到なんですよ

少なくとも国内には前例がないワケで
鷹村さんが体感しているコト

感じているコト見ている風景ですらもはや
誰にも理解できないし想像もつかない域に
達しているんじゃないかと・・・」

鷹村
「だからなんだ?」

一歩
「で ですからなんと申しますか・・・
みんなわからないんですから
あんな悪態つかなくても」

鷹村
「うるせえ」

一歩
「イライラせずに目の前のコトを
一つ一つこなしていけば
鷹村さんなら必ず目標に到達できますよ」

鷹村
「うるせえ」

一歩
「味方がいなくなっちゃいますよ」

鷹村
「う る せえ」

一歩
「・・・時々思うんですけど
鷹村さんは・・・ 孤独じゃないですか?」

少しおびえながら鷹村に思いを伝える一歩

一歩
「だって 誰も理解できない立場にいるワケだし
わかってもらえないワケだし」

鷹村
「初めは誰だって何者でもない
オレ様もキサマもスタートラインは同じだ

それが何かのキッカケで歩き出す前へ進む
なんでもねえ平坦な道はある所で厳しい坂になり

どけてどけて頂上を目指す頂上には一人分の足場しかない
最後の邪魔をどけてそこに立つ

辿り着いた者にしか見れない景色がある
それ見るために皆 登る

望んで行った場所だ 孤独と言うな」

鷹村
「孤高と呼べ」

鷹村
「む・・・どうした?
今!”ここう”という漢字は書けるのかなあ?
と思ったな!?」

一歩
「そんなバカな ますますスケールが大きくなって
さらにピンとこなかっただけです」

鷹村
「こうだろ?」

一歩
「狐になっていますよ」

一歩
(想像つかないな
高い所からの景色ってこんなかな?)

一歩
「ビルとか小さく見えるんでしょうね
人間なんて蟻みたいなんですかね」

鷹村
「見えねえよ」

一歩
「え?」

鷹村
「雲の下は見えねえ そのかわり星が近い
やけにギラギラ光っててな星の瞬きは

ルイスやアリやロビンソンのニヤけた面に
よく似てやがる」

一歩
「!!」

一歩
(偉人達の名前・・・
頂上にいながらさらに上を見ているんだ
歴史と戦っているんだ!)

一歩
「なんていうか本当に・・・
ボクなんかには真似できそうにない
いや・・・できない」

鷹村
「できない?」

一歩
「ええ
とてもじゃないけど・・・」

鷹村
「できるできねえってすぐ頭で考える
違うだろ動け」

鷹村
「やるか やらないか
それだけだ!」

 

一歩
(やるか・・・やらないか・・・
やってみよう まずは再起戦だ!!)

宿る決意の炎、いざ復活の時!

~以下はじめの一歩 ネタバレ 1174話 に続く~



はじめの一歩 1174話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

はじめの一歩 1174話ネタバレ画バレはこちら

『サウスポー』

魔術師―――
かつて一歩を苦しめた男――!!

一歩
(フィリピン王者マルコム・ゲドー
距離を操り支配する 伸縮自在の左!)

王者マルコムの左に
カウンターをぶちこむ挑戦者

ダウンするマルコム

一歩
「・・・・・・!」

八木
「1R目にダウン
この後 必死に立て直しを計る・・・

・・・がリズムを失い流れを
手繰り寄せるコトができず

そのまま判定負け
知っての通りゲドーは左の名手

しかし終始刺し負け
左は機能しなかった

左利き(サウスポー)との
相性の悪さを露呈したと言える」

一歩
(左利き(サウスポー・・・・・・!)

鴨川
「相性の悪さだけではない
まだ若いが確固たる技術を持っておる

フィリピンフェザー級新王者―――
アントニオ・ゲバラ

この男がキサマの再起戦の相手じゃ!」

一歩
「はいっ」

はじめの一歩 1174話ネタバレ画バレはこちら

はじめの一歩 ネタバレ画バレ一覧

 - はじめの一歩