MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

弱虫ペダル 437話ネタバレ画バレ&438話最新情報

      2017/03/07

弱虫ペダル ネタバレ一覧はこちら

弱虫ペダル 437話 ネタバレ&438話最新情報 弱虫ペダル 画バレ 確定 最新話 速報

・弱虫ペダル最新437話確定ネタバレ画バレ
弱虫ペダル 438話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

青八木「前に追いつけばいいか?どれくらいの力で踏めばいい?チームに戻れると思うか?聞かせてくれお前の作戦を」

手嶋「ああ青八木 まずは追う80%の力で引け。下り区間は60%までおとして休んでいい敵が見えたら100%まで上げろ 勝負となれば120%だ。息をかいくぐり本体までたどりつく!!」

手嶋「大丈夫だ いける いけるさオレたち2人なら」

手嶋「オレはキセキを信じる」

青八木「・・・・・・!!わかった純太!!」

弱虫ペダル 436話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

今泉
「けど”2人”でだ 知らねぇかイキリは
昔あの人たちはチーム組んで走ってたんだ”チーム2人”でな
闘った 強かった・・・・・・

弱虫ペダル 437話 ネタバレ 最新 確定

『チーム2人』

この道の先で待つチームのもとへ・・・キセキを届けろ!!

手嶋
「いける いけるさオレたち2人なら オレはキセキを信じる」

青八木
「わかった純太!!」

観客

「うおっ速えあの2人 総北だ!!」
「わぁっ何かあの今の2人の選手動きが揃ってた!!」

息を合わせてコーナーを曲がる青八木と手嶋

「シンクロみたい」

手嶋
「替わる!!うしろで2分休め」

青八木はこくっと頷く

手嶋
(やっぱ 共に進むってのは”力”だ!!
こんだけピンチだってのに力湧いてくんだ
あれだけ絶望味わったってのに

希望湧いてくんだ!!
見てるかよ・・・・・・
見てるかよ「インターハイ」!!
もしもインターハイに人格があって俯瞰でオレたちのこと見てるんだったら言いたいぜ

オレは1年の時心底”おまえ”におこがれた
胸を焦がした

2年の時全力を尽くしたが”おまえ”にこばまれた
届かなかった

そして今―――――― 3年になって
オレは”おまえ”の道の上にいる!!

戦い 挫折し 克服して

もがいて たどり着いたんだ

この道に

来たぜ”インターハイ”
青八木一と共にこの最高の舞台まで!!
オレたちは!!この魂のシンクロストレート ツインで!!

青八木
「2分だ 替わる」

手嶋
「! ああ頼む」

青八木
「ふるえているのか純太」

手嶋
「! ああこの状況に胸高鳴ってな  ピンチだってのにどうかしてるけどな」

青八
木「・・・・・・・・・・・・
オレと同じだ 純太!!」

青八木は手を上げる

手嶋
「ああ!!いくぜ青八木!!」

がしっと手を握り合う手嶋と青八木!

手嶋
「この道の果てに このジャージを届けに!!」

鳴子
(手嶋さん 青八木さん・・・・・・!!)

銅橋
「見えてきたぜ泉田さん!!
集団の一件があったから”ようやく”って感じだ!!」

銅橋
「ようやく先頭に追いついたぜ!!」

鏑木
「今泉さん!!小野田さん!!」

今泉
「イキリ!!」

小野田
「鳴子くん!!」

泉田
「待たせたね拓斗!」

新開
「しゃあ!!来た!!」

葦木場
「塔ちゃん・・・・・・ユキちゃん・・・」

小野田
「チームが追いついた!!」

今泉
「遅っせーんだよ鳴子!!」

葦木場
「来たね」

新開
「遅いすよ!!いつまで待たすんですかァ!!泉田さん!!
これで6人揃いましたよォ!!全開で加速しましょう!!泉田さん!!」

新開の言葉に気まずい顔をする銅橋達

泉田
「まて 悠人」

小野田
「え・・・手嶋さん・・・・・・が」

鏑木
「そうなんです オレが気づいた時には・・・うしろいなくて
いやもう集団が凄かったから加速に必死で・・・・・・」

小野田
「集団・・・・・・・・・」

今泉
「マジ・・・・・・なのか鳴子」

鳴子
「・・・・・・ああ大マジや」

箱学メンバーは総北の方を見つめる

泉田
「彼らが落ちつくまでせめて待ってやれ
非常にいきたいところだが 集団の足を止めることができたのは手嶋くん――
彼が犠牲になったお陰・・・ではあるのだから」

スポンサーリンク

小野田
「そ それで青八木さんまで・・・」

鏑木
「そうなんすよ オレは止めたんすマジで ムリです青八木さんって」

鏑木
《あ 何する気ですか ちょっ・・・下がって連れ戻すつもりですか!?》

《ムリだ青八木!!》

鏑木
「青八木さん・・・1回こうっていうときかないから・・・」

小野田
「・・・・・・青八木さんと・・・・・・・・・」

今泉
「手嶋さん・・・・・・」

鏑木
「せっかく先頭に・・・チームに合流したっていうのにヤバイんじゃないですか!?
箱根学園は6人フルメンバー!!こっちは4人すよ!!

せめて青八木さんが残ってれば5に人・・・
ゼッケン獲りまくってる箱根学園の6人と4人っで闘うって・・・

分が悪すぎすよ ああ・・・・・・・・・!!」

小野田と今泉は笑みを浮かべている

小野田
「青八木さん と ・・・・・・・・・・・・・・・」

今泉
「手嶋さんか!!」

鏑木
「え?あれ!?何笑ってんすかヤバイんすよ!?
絶望的じゃないすか!?
もう2人は戻ってこないんすよ!?」

鳴子
「戻ってこんと思うかスカシ カッカッカ」

今泉
「常識で考えりゃあムリだな」

鏑木
「ですよね――!!」

今泉
「けど”2人”でだ 知らねぇかイキリは
昔あの人たちはチーム組んで走ってたんだ”チーム2人”でな
闘った 強かった」

今泉達は手嶋さん達は必ず戻ってくると信じた顔をしている!

今泉
「その強さはオレたちが一番よく知ってる!!」

小野田
「うん!!」

今泉
「希望はまだ捨てるな あの人たちならきっと戻ってくる
総北は ギリギリまで2人を待つ!!」

小野田
「うん!!」

鳴子
「カッカッカ」

鏑木
「え は はい!!」

先頭から離れた場所から手嶋と青八木は走っている

手嶋
「チームに追いつくぞ青八木!!」

青八木
「ああ純太!!」

手嶋
(待っていろ 今泉 鳴子 鏑木 小野田!!)

青八木
「見えた 前に選手がいる!! 数名!! あのジャージは!!」

青八木達の前を走る広島!

手嶋
「・・・・・・・・・!!広島!!」

浦久保は青八木達に気付き言った

浦久保
「んお?なんじゃ・・・総北 カワシマくん・・・?
そんなとべないヒヨドリ連れてどこ行くつもりじゃ?」

眼前には因縁の広島!!簡単にはいかない・・・!?

~以下弱虫ペダル ネタバレ 432話 に続く~


スポンサーリンク

弱虫ペダル 438話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

弱虫ペダル 438話ネタバレ画バレはこちら

『広島の鮫』

進み行くチーム2人の前に
立ちはだかる相手は・・・・・・!?

浦久保
「ドコ行くつもりじゃ?
総北のォ・・・・・・カワシマくん」

手嶋
(広島!!)

浦久保
「そんな・・・
とべないヒヨドリ連れてのォ!!」

青八木
(広島キャプテン――浦久保優策!!)

前を塞ぐは強敵・浦久保!!
このまま進めるか・・・!?

浦久保
「公園に散歩かのォ!!公園なら
さっきいい広いのがあったぞ!!引き返せ!!」

青八木
(スタート前は予想もしなかった
集団のうしろにいたはずのこの男が
この段階でこの位置にいるなんて!!)

浦久保
「おとなしくまびかれとけば
よかったものを・・・
何をのこのこあがってきとるんじゃ」

手嶋
「悪ィな もうちょっと育ちそうなんでね
先急ぐんだちょっと道譲ってくんねェか」

広島は左右に広がり道幅いっぱいに開ける

手嶋
(え!?譲った!?道を!?)

浦久保
「どうした?
何そげなびっくりしとんじゃ

昨年のインターハイ覇者様が
譲れいうたからあけたんじゃ
ど う ぞ?」

手嶋
(敵に・・・!?
どういうつもりだこいつ!!)

青八木
「・・・・・・・・・
気をつけろ純太」

手嶋
「!」

青八木
「ヤツは頭の回る男だ」

手嶋
「わかってる!!
そっきからその感じ伝わってる!!
代わる青八木!!」

青八木と位置を変わり
前に出る手嶋

弱虫ペダル 438話ネタバレ画バレはこちら

弱虫ペダル ネタバレ一覧はこちら

 - ・弱虫ペダル