MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ジャイアントキリング 427話ネタバレ画バレ&428最新情報 GIANT KILLING

      2017/03/02

ジャイアントキリング ネタバレ画バレ一覧

ジャイアントキリング 427話 ネタバレ&428話最新情報ジャイアントキリング 427話 ネタバレ 428話  画バレ 確定 最新話 速報

・ジャイアントキリング最新427話確定ネタバレ画バレ
・428話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは、

持田「じゃあ同志ってことで平泉さん。俺のワガママ一つ聞いてよ。
今まで散々遠回りしてきたんでね・・・
俺はその分の遅れを一分一秒でもピッチで取り返したいわけ。

コンディションなんかテメエで決める。フル出場させてくれ。
もしも途中でベンチに下げようもんなら、いくら平泉さんとはいえ

ジャイアントキリング426

平泉監督、ピッチを走る持田を見ながら
(いいだろう。その代わり・・・

ジャイアントキリング426

ジャイアントキリング 426話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

達海「その答えは、もうお前らの中にあるよ・・・・

ジャイアントキリング427

ジャイアントキリング 427話 ネタバレ 最新 確定

持田にPKを決められ、突き放されたETU。
王者を相手に挽回なるか。

ピィーーーッ

笛が鳴り、前半終了。

1-3、ヴィクトリーリードで折り返し!!

ハーフタイムの使い方が勝利への鍵となる!

ジャイアントキリング427

俯いて引き上げて来るETUの選手たち。

ブランの通訳
「うーん・・
互角に始まったように見えた前半も終わってみればこのスコア・・・

つーよりももう完全に・・・
持田劇場って感じの45分でしたねー。

まさかこれほどまでに決定的な仕事を連発するとは。

ジャイアントキリング427

ブラン
「そんな評価だったにも関わらず彼は・・
僕から選択の自由を奪い去るほどの結果を示してみせた。

長い監督生活の中でも・・・
モチダほど僕の想像を大きく飛び越えた選手はいないよ。

キャラクター的には好きじゃないけどねー。」

通訳
「またまたぶっちゃけましたね。」

ブラン
「しかしゲームは半分終わっただけ。
僕の期待にまだ応えていない選手は後半にどう巻き返すのか。
このハーフタイムは重要だよね。」

 

記者たち

ジャイアントキリング427

藤澤
(この重要な一戦・・・
不完全燃焼の前半となったか、椿。
さぞかし・・・!)

ジャイアントキリング427

藤澤
(・・・あれ?
なんだか・・・思ったよりも・・・)

ETUの控室

清川は脱いだユニフォームを叩きつけて
「くそっ

ジャイアントキリング427

黒田
「ただでさえ厄介な連中だってのに、あの1点で余計乗せちまったじゃねえか。」

村越は通夜に参列しているかのよう。
「・・・」

世良
「キヨさんだけのせいじゃないっスよ。
せっかく作ってもらったチャンスを俺が決めきれなくて、
そこからカウンターを招いて失点しちまったんだ。」

世良は手足をバタつかせて
「バカタレ俺ー!
いつまでヘマこいてるつもりだよ!」

スポンサーリンク

赤崎
「いやホントだぜ世良さん。
後ろはビビらずにライン上げてサポートしてくれた。
問題はその頑張りに報えなかった攻撃陣の方だろ。

ジャイアントキリング427

黒田
「んーだぁ!?コラァ!!」

赤崎
「2点ビハインドだ。
リスクを負って攻めるやり方はかえらんねえ。

でも次ぎ取られたら終わるぞ。
しぬ気で抑えてもらわねえと困るからな。」

ジャイアントキリング427

杉江
(そう。赤崎の言ってる事が全てだ。
とはいえ・・・そう簡単な話ではない。

タイトルに向けて後が無いヴィクトリーは過去2戦とはピッチ上での迫力がまるで違う。
なにも俺達だってやれてなくはない・・・
いやむしろ昔に比べれば十分に戦えてる。

しかし・・差が縮まれば縮まるほど・・
タイトルをもぎ獲ってきたクラブの勝負強さを、
間近で見せつけられてる気になってくる・・・!

・・・・
埋められるのか・・!?
この差を・・・残り45分。前半と同じやり方で・・・!)

村越もジーノもずっと黙っている。

ここで達海たちが入ってくる。

ジャイアントキリング427

有里
「な・・・何読んでんの達海さん。」

達海
「あ?向こうの10番についての記事。
実は今こそがキャリアで最高の状態なんじゃねえかってさ。」

皆が注目する。

達海は続ける
「ケガで散々離脱を繰り返しながら敵とはいえアッパレだねえ。
ま、相手の事はどうでもいいさ。
けどこういう情熱を敵の選手から教わるってのも情けねえ話じゃないかい。」

ジャイアントキリング427

達海
「お前らはどう感じたよ。
やっぱりさすがは腐っても王者・・・
相性の悪さを拭い去るのは簡単じゃない・・ってとこか?

けどそんなこと言ってたらいつまでも強者と弱者の関係は変わんねえことになるぜ?
そんなわけがねえ。

んなもんいくらでも歴史が物語ってる。
じゃあ俺達は何をもって・・・
相手の優勝した経験や植え付けられてきた勝者のメンタリティとの差を埋めるのか。」

ジャイアントキリング427

達海
「その答えは、もうお前らの中にあるよ。」

ジャイアントキリング427

阻め、持田劇場。
不敵な笑みと共に、反撃の狼煙があがる!

~以下ジャイアントキリング ネタバレ 428話 に続く~


スポンサーリンク

ジャイアントキリング 428話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・428話ネタバレ画バレはこちら

ハーフタイム

達海の話の続き。

達海
「俺達は何をもって・・・
相手の優勝した経験や、植え付けられてきた勝者のメンタリティとの差を埋めるのか。

その答えは、もうお前らの中にあるよ。
ヒントはコレ(持田の記事)だ。」

選手たちはわからない様子。

達海
「ピンとこない?正解は、モチベーションだよ。」

選手たちの表情

ジャイアントキリング428

黒田
「あ?それが答え?」

達海
「そう。俺達の武器はモチベーション。
そんだけだ。」

黒田
「んだよ!精神論かい!」

・428話ネタバレ画バレはこちら

ジャイアントキリング ネタバレ画バレ一覧

 - ・GIANT KILLING