MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ブラッククローバー 99話ネタバレ画バレ&100話最新情報

      2017/03/02

 ブラッククローバー ネタバレ一覧はこちら

ブラッククローバー 99話 ネタバレ&100話最新情報ブラッククローバー 99話 ネタバレ 100話  画バレ 確定 最新話 速報

・ブラッククローバー最新99話確定ネタバレ画バレ
・100話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

『血液回復魔法“滅呪の血籠り繭”』

20170216161023b2b

魔女王「私の元にいれば暴れ放題だ」

バネッサ「・・・・・・・・・」(な・・・何てこと・・・!!はじめから女王は反(アンチ)魔法の剣が目的だった・・・!?)

女王「最初の仕事だ この場の者全員オマエの手で殺させてやろう 一人残らず完璧にな」

201702161610245a1

ブラッククローバー 98話ネタバレ画バレはこちら

今回はどんな展開に・・・・

どきどきしまくっているバネッサ。

201702231602037ff

バネッサ
(―――お・・・おおおお・・・男・・・・・・・・

ブラッククローバー 99話 ネタバレ 最新 確定

魔女王、独壇場!!

魔女王
「この場の者全員オマエの手で殺させてやろう
一人残らず完璧にな」

バネッサ
「そん・・・な・・・・・・・・・!!」

魔女王
「さて・・・誰から殺してやろうか・・・
そうだな・・・王族の小娘・・・オマエからだ」

アスタが磔にされたノエルの元へ

バネッサ
「・・・・・やめて―――!!!」

魔女王
「・・・因果なものね・・・
クローバー王国の王族の者が
“ヤツの剣”で死ぬことになるとは―――・・・」

アスタが剣を振り上げる。

ノエル
「・・・・・・・・アスタ・・・!!」

魔女王
「決別の時だ」

ドッ

20170223160206839

黒い魔に覆われていない左腕が、振り下ろそうとした黒い右腕を止める。

魔女王
(コイツ・・・意識は無いというのに・・・!)

バネッサ
「・・・アスタ!!」

ノエル
「――殺させない・・・!!
アンタに私は殺させない!!

待ってなさい・・・!!
こんな弱っちい魔法今すぐ振り解いてやるんだから!!」

魔女王
「この魔法は体内の血液と結びつき縛りつける・・・
どう足掻いても解くことなど出来ん」

バネッサ
「―――お願い!!!
もうやめさせてぇぇぇぇぇ!!!

私はこの森から決して出ない・・・!!!
二度とアナタに逆らわないから・・・
お願い―――!!!」

魔女王
「ダメよ・・・!!
もう馬鹿な気を完全に起こさせないように

コイツらはここで完璧に殺す・・・・・・!!
――“バネッサは私の欲しいモノを呼んでいつか生きてこの森に戻って来る”と占いに出たか・・・

だから無理に捜さなかった
その欲しいモノが反(アンチ)魔法の剣を持った人間だとは思わなかったけど

・・・だがオマエは外に出て何を得た・・・?
不完全な者共とくだらない絆を持ち

結果そいつらに死を呼んだだけ
オマエは私から逃れられない

オマエは私の娘・・・私の家族なのだから・・・
オマエは私のモノなのよ・・・!!」

回想

201702231602003bd

檻に入れられているバネッサ。

塔の外には自由に動き回る同年代の魔女たちが。

「あそこの町のケーキなかなか美味しかったわよ~
で その男がさ~~~^!」

バネッサ
「・・・・・・・・・」

そこに現れる魔女王
「バネッサ」

バネッサ
「・・・女王様!
こんな糸の魔法に女王様が言ってるようなとんでもない力なんて無いわ―――!
ここから出して!!」

魔女王
「・・・いや オマエはいずれ運命を操る力を持つ
これは占いで明らかなのよ

その魔法が発動するまでここから出さない
オマエは私の家族・・・私のモノだ
オマエの運命は私が選ぶ」

数年がたち、バネッサは思春期になっていた。
糸人形をつくるバネッサ。

糸人形
「――『バネッサいいの?ずっとこのままで・・・』
『本当は外の世界に行ってみたいんだろう・・・?』」

バネッサ
「ムリよ・・・女王様には逆らえない」

糸人形
「『う~~んそうだねー 女王様激ツヨだもんね~』
『女王様が望んでる運命を操る魔法を覚えたらここから出られるよー』」

スポンサーリンク

バネッサ
「・・・・・・運命なんて操れっこない・・・
ここで一生を終える・・・それが私の運命よ」

オオオオォォ・・・

(・・・・・・・・・?
何だか外が騒がしいような・・・)

ボゴオオオオン

飛んで来た何かが塔を破壊し、檻の中へ。

バネッサ
「――なっ・・・何・・・・・・!?」

煙の中から出て来たのは若かりし頃のヤミ。

20170223160201e58

ヤミ
「オイオイ ただの武者修行中なんだけど
何でこの森男ってだけで追われんの?
つーか強ーな あのヒステリックババァちくしょー」

どきどきしまくっているバネッサ。

201702231602037ff

バネッサ
(―――お・・・おおおお・・・男・・・・・・・・・!?!
初めて見た・・・!この人女王様と戦って・・・)

ヤミ
「あ? 何だオマエ こんなとこで何してんだ?」

バネッサ「え”ッ」どきいっ

「あああ・・・あのっ・・・その・・・
私は・・・・・・女王様にここに閉じ込められてて・・・・
ここから出たことなくて・・・・・・」

ヤミ
「マジか 超ツレーじゃん あ けどよかったね
大穴あいたからそっから出られるよ」

バネッサ
「・・・・・・・・・!!
む・・・ムリよ・・・!女王様から逃げられっこない・・・・・・!
私はココに・・・いなければならない運命なの・・・・・・・・・」

ヤミ
「あ? 私はココにいなければならない運命・・・?
あーハイハイ 運命さんね

オレ そいつ嫌いなんだわ
誰が言う事きくか ブッ潰してでも好きにさせてもらうぜ」

驚きに目を見開くバネッサ。

ヤミ
「けど今のオレじゃアイツに勝てそーにねーな・・・
つーワケでトンズラこかせてもらいます
ほいじゃ」

バネッサ
「! ま・・・待って!!
私はどうしたら――!」

ヤミ
「知らん 自分で選べ」

20170223160204fe3

バネッサは覚悟を決め、ヤミの後を追う。

バネッサーナレーション:
外の世界で私が手に入れたのは―――

20170223160339fea

黒の暴牛での日々が蘇る。

回想終わり

涙を流し、歯を食いしばるバネッサ。

バネッサ
「アンタじゃない・・・!!
私の家族はアンタなんかじゃない!!
黒の暴牛のみんなよ・・・!!」

(その家族が!!今!!
私の目の前で失われようとしている!!

ここを止められなくて!!
何の為に私はいるの!?

お願い・・・!!
本当にそんな力があるのなら・・・
私の魔法よ!!!運命を変えて―――)

バネッサの魔導書に魔法が書き込まれていく。
と同時にバネッサの周囲に糸が。

201702231603413f9

魔女王
「!!!」

糸は集まり、何かを形作っていく。

バネッサ
「―――――・・・・・・」

(な・・・何コレ・・・!?)

しゅる・・・・・・

赤い糸は子猫の形になり、バネッサの頭の上へ。

201702231603425df

魔女王
「・・・・・・運命の・・・赤い糸・・・!!!」

バネッサ、運命の覚醒!!!

~以下ブラッククローバー ネタバレ 100話 に続く~


スポンサーリンク

ブラッククローバー 100話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・100話ネタバレ画バレはこちら

アスタがノエルを真っ二つに…したはずが、なぜかノエルを殺す前の時間軸に戻る。

魔女王「?」

再度ノエルを突き刺すも、バネッサが叫ぶとやはり幻覚のように『ノエルを刺した事実』が消え去ってしまう。

猫本体を斬ろうとするも、空振りに終わったあげく
勢い余ったアスタの剣がアスタ自身にあたり、『傀儡の血潮』が解除されてしまう。

バネッサの力は『運命を操る力』

この猫が触れた人物にまつわる運命を術者の有利な方へ変えてしまうというもの。

そのことに気付いた魔女王はバネッサ自身を操ろうと試みるも、それすらも失敗。

バネッサ「この魔法は私と絆のある家族にしか味方しない」

「私とアナタに」

「絆なんて無い…」

■バネッサ、運命に打ち克つ!!!

・100話ネタバレ画バレはこちら

ブラッククローバー ネタバレ一覧はこちら

 - ・ブラッククローバー