MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

はじめの一歩 1170話ネタバレ画バレ&1171話最新情報

      2017/02/14

はじめの一歩 ネタバレ画バレ一覧

はじめの一歩 1170話 ネタバレ&1171話最新情報はじめの一歩 1170話 ネタバレ 1171話  画バレ 確定 最新話 速報

・はじめの一歩最新1170話確定ネタバレ画バレ
・1171話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは!

実況「両者コーナーに分かれた! 世界戦のゴングが―――」

一歩「うわっ 始まった!」

観客「行けえ南雲ぉっ!」「ベルト奪れぇ~~っ!」

南雲は間合いをはかり速い左を王者に撃ち込む

一歩(うんっ調子いいっ! やっぱり強い!)

宮田は指でトントンとタイミングをはかるように言う

宮田「一、ニ」

はじめの一歩 1169話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

宮田
「壊れてないか? お前・・・・・・

はじめの一歩 1170話 ネタバレ 最新 確定

『リズム』

宮田
(トン トン トン)

南雲は左ジャブで王者を牽制する

宮田
(トン トン トン)

一歩
(?? なんだ!?その『トントン』・・・って?)

王者は右手をにゅっと出すが止める

一歩
(! 今・・・王者が何かを躊躇した?
いや何かをやろうとして・・・やめた?)

南雲はジャブで王者を牽制し続けるが
王者はまた右手をにゅっと出すが止める

観客
「いいぞぉっスピード乗ってるよ~~っ」

観客
「打って離れて様子見ろぉっ」

一歩
(今も何かやろうとした
左左――右のつなぎ目にパンチを合わせようとしているのか?)

宮田
(トン トン トン)

一歩
(宮田くんは知っている!?)

一歩
(指通りのリズムだ 宮田くんにはわかっている!)

一歩
(・・・でも でも・・・ リズムが読めていたなら
どうしてスパーでやられたんだ?

宮田君ならカウンターを合わせられたハズだ!)

王者は身体を左右に揺さぶりながら南雲に近づいていく

一歩
(進行方向を塞ぐように踏みこんできた
世界クラスは相手のクセを見つけるのが異常に速い)

観客
「まだ打ち合うの早いぞ―――っ!!」

観客
「左出して距離をとれっ!!」

一歩
(そうだ!踏み込ませるな!!」

宮田
「一 ニ 三」

宮田は南雲の左左右に合わせてタイミングを取るように数える

宮田
「一 ニ 三」

宮田が三と言った直後、
王者は南雲の右に合わせて右カウンターを打ってくるが南雲はかろうじて左でガード

観客

「うわ―――っ危ねえっ!油断ならねえ!」

「南雲ぉっカウンターに気をつけろ!!左で距離を作れ~~っ」

「来たぞ~~っ」

王者は右を振りかぶり打ってくるが南雲はそれに合わせて左ショートカウンター!
クリーンヒット!

観客

「あ・・・・・・ああ―――っ」

「今度は南雲南雲のカウンターだ!」

「得意の左ショート!」

一歩
(呼び込んで内から小さく鋭く合わせる
アレを見せられるとおいそれてお飛び込めない)

宮田
「一・ニ ん 三」

一歩
(え・・・・・・)

観客

「王者が出るうっ」

「カウンターが怖くないのか!?」

「さすがに勇敢だぜ!」

「迎撃しろ!」

「またお見舞いしてやれえっ」

宮田
「一 ニ」

王者の右に南雲は左カウンターを合わせようとする

観客
「よしっ ドン・ピシャ!」

宮田
「三」

バクンッ!!!

しかしマッドに膝をついたのは南雲だった!

一歩
(ど どうして・・・)

観客

「た・・・倒れた!? 何が起こった!?」

「読まれていたんだあ~~っ!!」

一歩
「宮田くんわかっていたでしょ?
全部・・・どうして・・・?
・・・もしかしてスパーの時・・・・・・」

一歩
「・・・手を抜いたの?」

スポンサーリンク

レフェリー
「1! 2! 3!」

宮田
「お前は本当に南雲さんに・・・・・・ アレにやられたのか?」

一歩
(やはり手を抜いていたんだ!)

一歩
「なんでそんなコトを・・・」

宮田
「質問しているのはこっちだぜ」

観客

「うわ――立ってくれえっ」

「始まったばかりじゃねえかっ」

一歩
「や やられたよ ボクは正真正銘やられた
スピードについていけなくてド真ん中に左を2つ放り込まれて倒されたよ」

深刻そうに黙り込む宮田

一歩
「南雲さんを強いと思った
きっと・・・世界を奪れると思った!」

観客

「ファイティングポーズをとったあっ」

「再開だあっ」

「しのいでくれ南雲ぉっ」

観客
「やる気満々でダッシュしてきやがった!
回復するまで待ってくれえっ!」

一歩
(頑張れ南雲さん!)

南雲は左に力を込めて王者に撃ち込む

観客

「応戦した!」

「大丈夫か!?無理するな~~っ」

南雲は必死に左を撃ち込むが王者の勢は止められず押され始める

観客

「あ~~っやっぱり打ち勝てない」

「勘弁してもう少し待ってくれ」

南雲は王者にクリンチ

「クリンチだ!なんでもいいからここをのげえっ」

「そのまま時間稼いで休め~~っ」

一歩
(そうだ!しのげばチャンスはくる)

観客

「レフェリーブレイク早いよ!」

「もっと休ませてやれってば!」

南雲はブレイク開始直後左二発を王者の顔面にクリーンヒット!

観客

「離れ際 左!いいぞ!」

「まだまだやれるじゃねえか!!」

一歩
「ド真ん中2つ!」

宮田
「それがどうかしたか?」

一歩
「き・・・・・・」(効かない!?)

宮田
「倒れたのかよ?あの左で!?」

宮田
「手を合わせてすぐにわかった
小賢しさはあるが南雲は世界レベルではない

しかしこちらにはムキになる理由があった
感情的になり本気を出したら潰してしまう

世界戦をフイにさせてしまう可能性が大きい
だから手を抜いた」

一歩
「ムキになる理由・・・って?」

宮田
(お前がやられたと聞いたからさ)

宮田
「――同時にショックだった
あの程度にやられたなんてとても信じられない」

一歩
「あの程度だなんて!今だって頑張ってる!
ここをしのげばチャンスは必ずくるよ!」

宮田
「身をもって知っているだろ?」

南雲は左を王者に打つが王者はそれに合わせて左ボディカウンター
南雲のボディに突き刺さる!

宮田
「ぬるくないんだよ」

南雲はマッドに沈む

宮田
「世界は―――」

実況

「悶絶―――ぅ レフェリーが駆け寄る そのまま両手を交差したあっ
終わってしまった! 南雲流次 夢霧散~~っ」

試合後一歩は宮田を走って追いかける

一歩
「宮田くん!! もう帰っちゃうの?
お・・・お茶とか お茶とか」

宮田
「仲良くする「つもりはないと言ったはずだ」

宮田
(・・・・・・ショックだった
真っ先にこの言葉が頭に浮かんだ)

宮田
「壊れてないか? お前・・・壊れているんじゃないのか?」

~以下はじめの一歩 ネタバレ 1171話 に続く~


スポンサーリンク

はじめの一歩 1171話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

『”あとちょっと”の向こう』

宮田
「壊れているんじゃないのか? ――と聞いたんだがな・・・・・・」

一歩は軽い笑みを浮かべている

宮田
「なんだよその面は?」

一歩
「シムでもそう疑われたよ でも合格した
そして出入り禁止の期間鍛えに鍛えたつもりだよ これをつけて!」

そう言って一歩は腕を上げ宮田に見せつける

宮田
「何をつけて?」

一歩
「あ」

(慌てて飛び出してきたから 重りを忘れてしまった)

一歩
「~~っ」

一歩
「と とにかく見せられると思うんだ 再起戦までにさらに鍛えて」

一歩は両手を強く握りしめ言った

「新型を!」

宮田
(新型?何の?決まっているさ)

宮田
「不愉快な野郎だぜ」

(妄想しているのは・・・自分だけだと思うなよ)

・1171話ネタバレ画バレはこちら

はじめの一歩 ネタバレ画バレ一覧

 - はじめの一歩