MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

進撃の巨人 90話ネタバレ画バレ&91話最新情報

      2017/03/07

4・進撃の巨人 強さランキングまとめ
進撃の巨人 伏線考察一覧はこちら

エレンとジークは兄弟!?ミカサの頭痛の理由!83話考察伏線まとめ!

・進撃の巨人最新90話確定ネタバレ画バレ
進撃の巨人 91話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは、

e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2089e8a9b190e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-13

エレン(あの事は・・・まだ話してない。母さんとハンネスさんを殺したあの巨人が・・・親父の前妻だったかもしれないなんてこんな事・・・)

エレン
(何よりこんな事を話したら・・・ヒストリアは・・・王家の血を引く者を巨人にして俺が摂取すれば・・・【始祖の巨人】の力を扱える・・・かもしれない・・・とにかくこんないい加減な事・・・ここで言うべきじゃない・・・)

そして回想

クルーガー「家族を持て。壁の中に入ったら所帯を持つんだ」

グリシャ「・・・何を言ってる?俺にはダイナがいる・・・それに巨人になる前の記憶はもうなくなるんだろ?」

クルーガー
「そうとは限らん。後で誰かが見てるかもしれん。妻でも子供でも街の人でもいい。壁の中で人を愛せ。それが出来なければ繰り返すだけだ。同じ歴史を同じ過ちを何度も。ミカサやアルミン、皆を救いたいなら使命を全うしろ」

グリシャ「ミカサ?アルミン?誰の事だ?」

クルーガー「・・・さぁ?分からない誰の記憶だろう」

e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2089e8a9b190e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-14

進撃の巨人 89話ネタバレ画バレはこちら

そして今回はどんな展開に!

エレン
「海があって海の向こうには

1486364875575

自由がある ずっとそう信じてた・・・・・・

進撃の巨人 90話 ネタバレ 最新 確定

『壁の向こう側』

会議の続きから

ピクシス
「ならば・・・我々にはなんの大義があって
レイス王から王冠を奪ったのだ?」

一同
「・・・」

ヒストリア
「公表しましょう」

新聞や掲示板で本当の事を知り
世界の真実を知る人々
皆がその内容に驚愕している

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA2090E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC2091E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-35

ハンジ、リヴァイたち

スーツ姿のハンジ、リヴァイがロイ、ピュレの所を訪れている

建物の2階の部屋の窓から新聞を手に持つ人々を
リヴァイが見下ろしている

4人が椅子に座りお茶を飲みながら話す

ピュレ
「人類を脅かす 人喰い巨人の正体は人間であり、
我々と同じ祖先を持つ民族 【ユミルの民】だった

我々の王は100年前にこの壁を築き、巨人の力で民衆の記憶を改竄し
壁の外の人類は 滅亡したと思い込ませた

だが人類は滅んでなどおらず、
我々【ユミルの民】をこう呼んでいる

悪魔の民族と

近い将来、敵はこの土地の資源獲得を口実に侵攻を開始する
それが5年前から始まった超大型巨人らの襲撃であると・・・

もう記事は世に出た後ですが一連の話の信憑性は?」

ハンジ
「少なくとも、我々がずっと抱いていた疑問とは辻褄が合ってる
そりゃ信じたくないですよ・・・そんな話・・・
それで・・・街の反応は?」

ロイ
「・・・様々です
そのまま受け取る者、笑い飛ばす者、
未だ兵政権に異を唱え陰謀論を結び付け吹聴する者、

あなた方が危惧した通りの混乱状態です」

ハンジ
「あぁ・・・でも仕方ないよ 調査報告が我々の飯代だ
情報は納税者に委ねられる
そこが前の王様よりイケてる所さ」

ハンジがお茶をズズッと飲む

ハンジ
「ああ・・・」

ロイ
「あなた方を誇りに思います、
同じ壁に生きる者として、または・・・働く者として」

ハンジ
「・・・どうも」

リヴァイ
「あぁ・・・今度は調査兵団を担いで記事を書くといい」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA2090E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC2091E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-36

ロイ
「・・・私達はこれからどうなります?
私達が巨人を恐れ、憎み、どうかこの世から消えてなくなれと
願ったのと同じように、

世界中の人々が我々を人ではなく
有害な化け物とみなしたその結果
あの地獄が繰り返されるのだとしたら・・・」

ティーカップに添えたロイの手が小刻みに震えている

ロイ
「我々が死滅するまで地獄は・・・終わらない」

そう言って俯くロイ

授与式

ヒストリアの授与式の準備を待っているエレン達
そこへヒッチがやってくる

ヒッチ
「やぁ、壁の英雄達よ」

E68E88E4B88EE38195E3828CE3819F2090E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC2091E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-33

ジャン
「・・・ヒッチ、来てたのか」

ヒッチ
「あんた達が勲章もらうの見に来たんだよ
一応、私も政変の立役者の一人なんだからね」

ジャン
「そうか・・・」

気まずそうな顔のエレン、アルミン、
ミカサ、ジャン、フロック

ジャン
「・・・・マルロは、最期まで勇敢だったよ」

ヒッチ
「・・・うん」

ジャン
「そうだろ、フロック話してやれ」

フロック
「あぁ・・・ マルロ・フロイデンベルクは
オレと同じ急募入団の新兵で・・・
その中でも俺達をよくまとめてくれた

・・・現場は絶望的で調査兵団は全滅寸前まで追い詰められた
みんな怖気づいてどうにもならなかった時も
あいつだけは仲間を鼓舞し続けた」

ヒッチ
「・・・へぇ」

虚な目のヒッチ

フロック
「あいつは凄い奴だったよ」

ヒッチ
「知ってる・・・だから私の言う事なんて
聞かないんだろうね」

フロック
「・・・」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA2090E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC2091E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-40

エレンがアルミンに言う

エレン
「オレには分からないな正しい選択なんて
未来は誰にも分からないハズだ

大体・・・お前は見たのかよ?壁の外を・・・
壁の外には何があるんだ?」

アルミン
「・・・海」

エレン
「・・・そうだ・・・海がある でもまだ見てないだろ?
オレ達はまだ何も知らないんだよ
炎の水も、氷の大地も、砂の雪原も

可能性はいくらでも広がっている!
きっと壁の外には自由が・・・」

だがその時、エレンの脳裏にフェイ(グリシャ妹)が犬に
食い殺された記憶が流れる

エレン
「・・・」

固まってしまうエレン

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA2090E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC2091E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-18-4dfaa

その時、リヴァイが言う

リヴァイ
「オイ、ガキ共、 時間だ、並べ」

王宮に大勢の人たちが集まっている。

1486363828474

エレン達は女王さまの前に膝まついている。

1486363828474

自由の翼の絵入りのループタイをヒストリアが手に取る

生き残った調査兵団に授与していこうとする

一番最初のループタイはハンジの首に賭けられる

ハンジは授与された後、ヒストリアの手の甲にキスをする

授与が進む中、エレンが思考する

エレン
(地下室にあったものは何だ?
希望・・・だったのか?それとも絶望か?

敵は果てしなく強大だったこのまま何も変わらなければ
またあの惨状が繰り返される

何かを変える事が出来るなら自分のいのちぐらい幾らでも
捧げてやるのに)

エレンの隣のリヴァイがヒストリアの手の甲にキスをする

エレンの前に来るヒストリア
ヒストリアの顔を見上げるエレン

エレン
(ヒストリアを犠牲にする覚悟が無い・・・
どうすればいいこんな事・・・誰にも・・・)

ヒストリアがエレンの首にループタイをかける

ヒストリアの手の甲にエレンがキスする

その時、グリシャの記憶がエレンの中に流れ込んでくる

グリシャ記憶

礼拝堂にいるレイス一家をグリシャが訪れた時の描写

グリシャ
「私は壁の外から来たエルディア人
あなた方と同じユミルの民です
壁の王よ!!
今すぐ壁に攻めて来た巨人を殺して下さい!!
妻や子供達が!!壁の民が食われてしまう前に!!」

グリシャの話にフリーダは最初冷や汗を浮かべていたが
次第に冷たい目で見始める

記憶終了

女王の手を取るエレン。

その表情がこわばる。

1486363949886

海にいるエレン達

あの壁外調査から6年後
再び壁外調査に出かける調査兵団

そして、あの壁に到着し・・・エレン達が海に到着する

洗い物をしているミカサとアルミン。

ミカサ
「ひっ」

1486364573396

ミカサの表情を見て、
心が和むアルミン。

1486364573396

アルミンがエレンに話しかける。

アルミン
「ねえ・・エレンこれ見てよ
壁の向こうには・・・」

エレン
「海があって
海の向こうには」

1486364875575

エレン
「自由がある
ずっとそう信じてた・・・」

1486364875575

みんなエレンの言葉に耳を傾けている。

海を指差して言うエレン。

エレン
「自由になれるのか?」

1486363496392

夢見るだけの輝ける時間はもう終わった。

アルミンの手には貝殻が・・・

1486363496392

以下91話へ続く



進撃の巨人 91話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

進撃の巨人 91話ネタバレ画バレはこちら

『海の向こう側』

「叫びを上げる少年のいる場所から
物語は始まる・・・」

singekikyojin91_01

戦場に倒れているマーレ兵達
そこに【ファルコ】も倒れていた

遥か上空を飛んでいる鷹に
手を伸ばすファルコ

singekikyojin91_18

ファルコ
「おーい、ここはあぶねぇぞ・・・
飛んで行け・・・どこか・・・

遠くに行けせっかく羽
ついてんだから・・・」

その時、ファルコの元へ
駆けつける【コルト】

コルト
「ファルコ!!生きてるのか!?
オイ、怪我は!?」

ファルコ
「あれ?兄さん・・・どうしたの?
その格好・・・」

singekikyojin91_02

自分の帽子を取って
ファルコに被せるコルト

コルト
「よし・・・掴まれ、
口をきけりゃ上出来だ」

ファルコを背負うコルト

その時、近くの要塞の壁穴から
マシンガンの散弾が飛んで来る

コルト
「!!クソッ!!」

必死に走って逃げるコルトや
周りのマーレ兵達

singekikyojin91_03

地面に掘られている穴に
飛び込むコルト

他のマーレ兵達も続々と
穴の中に飛び込んでくる

黒髪メガネ
「ファルコ!!」

黒髪女
「ケガを見せて!」

その時、【マガト隊長隊長】が
コルトに話しかける

マガト隊長
「コルト状況は!?」

singekikyojin91_04

コルト
「榴弾の直撃で前方の戦士隊は
吹っ飛びました!!」

マガト隊長
「塹壕(ざんごう)は?」

コルト
「これ以上、掘り進めるのは
無理です!!」

マガト隊長
「無理?それは命令か?
エルディア人が私に命令するのか?」

進撃の巨人 91話ネタバレ画バレはこちら

エレンとジークは兄弟!?ミカサの頭痛の理由!83話考察伏線まとめ!

・進撃の巨人 強さランキングまとめ
進撃の巨人 伏線考察一覧はこちら

 - ・進撃の巨人