MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

トーキョーグールre 109話ネタバレ画バレ&110話最新情報

   

トーキョーグールre 109話 ネタバレ 110話  画バレ 確定 最新話 速報

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら
・東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

・東京グールre 最強クインケランキング
・東京グール強さランキングはこちら

・東京喰種re最新109話確定ネタバレ画バレ
・110話ネタバレ画バレはこちら

前回のラストは

カネキ「しつこいですね」

20170114155228687

(腱を狙って足を止めようか)

20170114145019f55s

(・・・・・・いや・・・ちょうどいい)

一方、

ヨロけるドナート
「ああ 思い出した 私を捕えた忌まわしい捜査官」

20170114150244178

ドナートの背中から伸びた赫子が瓜江を貫いていく。血を吐き倒れる瓜江。

2017011415192458bs

ドナート「瓜江幹人 貴様の父親だった」

トーキョーグールre 108話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

「オークションぶり 糸切れ人形くん・・・・・

201701211323383a9

トーキョーグールre 109話 ネタバレ 最新 確定

■かつての“孤児院”いて・・・!!

ドナートにクインケを突き刺す瓜江父

ドブっと血を吐くドナート。

瓜江父
「イワ!!」

20170121131529bc3

黒磐がクインケで壁に押さえつけられた
ドナートの両腕にすかさず手錠をかける。

注射器のついた特製の手錠は
自動でドナートに中の薬剤を注入していく。

2017012113153217b

すぐに距離を取り、様子を見る2人。

ボロボロとドナートの赫子が崩れ落ちていく。

ドナート
「こう・・・た・・・・・・ろう」

2017012113153008b

キィ・・・・・・

孤児院を探索した瓜江父と黒磐、
部屋に隠れた亜門を発見する。

亜門はまるで助手のような恰好でうずくまっていた。
その隣には血塗れ&拘束具つきのベッドも。

瓜江
『・・・瓜江班
孤児院地下の施設にて 12歳前後の少年を発見・・・
こちらで保護します──』

回想終わり

20170121131533637

倒れる瓜江

瓜江
「げぼぉ」

腹からはどぷどぷと血が流れ出している。

「ぴーっ ぴーっ・・・」

ドクドクドク・・・

「はっはっ はっ はっ」

瀕死の瓜江の髪をわし掴みにするドナート。

瓜江
「ふぐっ」

そのまま瓜江を引きずり、窓ガラスをぶち破る。
割れた窓枠に押し当てるように瓜江をどんどん引きずっていく。

ザリザリザリ・・・とガラスに抉られるイヤな音が響く。

「オッ オッ オッ」

2017012113570866a

(痛すぎて)

「オッ オッ」

(逆に痛くねーっ)

端まで引きずり終えると、今度は瓜江を乱暴に放り投げる。

投げられた先には死体が。

(あ・・・髭丸のおじさん
死んドル 俺も こうなるのか)

なおも腹部からの出血は止まらない様子。

回想

20170121131946449

父親を呼ぶ幼い瓜江の姿。

『パ・・・』

『パパ!』

振り向いた父が瓜江を抱っこしている。

瓜江父
『そらっ』

『僕 大きくなったらね』

『パパみたいな捜査官になりたいの』

『お前と一緒に操作するのが楽しみだよ、久生』

回想終わり

瓜江
(・・・父・・・しゃ・・・ん・・・)

(ドナート)

(父さんがつかまえた“喰種”・・・
せっかく父さんがつかまえたのに)

悔しそうな表情を浮かべた瓜江が立ち上がっていく。

「ぐ ぎ」

バキバキ・・・と赫子が腹部の傷を覆っていく。

20170121131948c0d

ドナート
「ほう まだやるか」

再びマスクをつけるドナート。

「指遊びにしてはいい余興だ」

顔を上げた瓜江の両目は赫眼になっていた。

2017012113570398b

「お れ つ」

ラボ

カネキ
「ごめん待たせて」

201701211333332f1

アヤト
「遅ェんだよ」

溜息のクロナ
「もう行くとこだったぞ なにやってたんだ」

カネキ
「電車に乗ってた」

クロナ
「ハァ!?」

20170121135706225

マスク姿で電車に乗る姿を想像して戸惑うクロナ。

アヤト
「いいから行くぞ」

移動する一同

カネキ
「・・・タキザワさんは?」

クロナ
「・・・!」

アヤト
「そこ」

滝澤
「おう 来たか」

傍らには気絶して泡を吹いた警備員が。

その警備員の目を突き出して網膜認証を突破した一同。

アヤト
「開いた」

滝澤
「開くんだよ」

20170121131949922

クロナ
「Rc抑制剤ってどこにあるんだ?」

カネキ
『場所が変わっていなければ研究室』

2017012113195066c

万丈
「アキラさん 早くRc抑制剤を・・・」

スポンサーリンク

クロナ
「・・・・・・こういう場所は嘉納(アイツ)を思い出す」

研究員とすれ違う4人だが、全く疑われる様子はない。

研究員
「お疲れ様です」

滝澤
「うす」

クロナ
「アイツはお前を手放したのを惜しんでた
正直嫉妬したよ
命を懸けて施術を受けたのに
私たちは失敗作扱いだ」

金木
「・・・・・・・・・失敗してないよ
レストランで戦ったときかなり焦った

君をないがしろにする人間に
君を評価する資格はない」

立ち止まるクロナ

「・・・憐れみでもありがとう」ボソッ

研究室

アヤト
「ねぇぞ」

金木
「大量に備蓄があったはず でもどこかへ移動したのかも・・・」

(研究員の日報か・・・)

パラパラとページをめくっていく。

「・・・『第四研究施設』ここだ」

「行こう————」

本局・鈴屋班

次々にピエロを仕留めていく鈴屋班。

半井
「・・・鈴屋さん・・・お気づきですか?」

鈴屋
「ええ」

ナイフをピエロの肩に突き刺し、
倒れこんだところにジェイソンを振るう。

パクンっとマスクが真っ二つに割れて落ちていく。

ピエロ
「・・・・・・」

顔を上げたピエロは、口を縫われて話せない人間だった。

「モゴ モゴ」

20170121135705dab

鈴屋
「“人” ですか」

ドッ

ピエロ
「!」

背後から首を刺されて絶命するピエロ。

「やあ」

「オークションぶり 糸切れ人形くん」

201701211323383a9

鈴屋
「いいですよ お顔を描いて際あげましょう」

20170121132339d3a

”ノーフェイス” VS ” CCGの異端児・・・・!!!”

~以下トーキョーグールre ネタバレ 110話 に続く~


スポンサーリンク

トーキョーグールre 110話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・110話ネタバレ画バレはこちら

生くる為に、殺める為に・・・!!

両目が赫眼になった瓜江

ドナート
「ほぅ、赫眼」

ドナートが今までよりも巨大な十字架の赫子を出す

ドナート
「不屈・・・いや違うな 死にぞこないと言うべきか」

瓜江
「オオオオパァァア」

瓜江が触手のような赫子で胸部の傷を完全に塞いでいく

ドナート
「ふぅ・・・不思議なものだ・・・君は我々とは
何も違わないのにな 違うのは【身分】だけ」

瓜江
「オォオオオオオオオオ!!」

ドナート
「CCGという肩書きだけで喰種を捕まえ幽閉する

君達は神の化身にでもなったつもりか?

君の父親に捕まった時、私はー・・・ドナッ!」

一瞬でドナートの懐に飛び込み、ドナートの胸部を貫いた瓜江
吐血するドナート

ドナート
「ルドッ!」

瓜江
「ウリィイイイイイイ!!」

ドナート
「・・・ダッ!」

瓜江
「グッ・・・!」

ドナートの赫子が瓜江の腹部を貫く

そのまま赫子で瓜江を引っ張り、思いっきり壁に叩きつける

瓜江
「ダッ・・・!」

ドナート
「・・・飛び込みは父親譲りか・・・」

瓜江
「パ・・・パ・・・パパパパパパパ!!」

瓜江の赫子がいつの間にかドナートを横に真っ二つにしていた

ドナート
「!?」

ドナートの上半身が地面に落ちる

研究所

部屋の入り口に【第四研究所】の表示

アヤト
「ここか」

扉の前には小さい文字でセキュリティーレベル4の文字

カネキ
「セキュリティーレベル4・・・厄介ですね」

滝澤
「チッ」

クロナ
「・・・」

カネキ
「特別な許可を持った人物のみが入れる

CCGの初期研修でも
セキュリティーレベル3までの
施設しか入らなかった・・・」

ドアを見ているクロナ

クロナ
「力づくで破れない事はなさそうだが・・・
騒ぎになると面倒だな」

滝澤
「確か・・・このレベル4の施設は
コクリアと同じ耐赫子壁構造になっていたはずだ」

クロナ
「ほぉ・・・お前にしては物知りだな」

滝澤
「バカにすんなよ!これでもアカデミーじゃ
優等生だったんだぜ」

クロナ
「それで・・・どうするんだ?」

カネキ
「セキュリティーカードを見つけないと・・・」

アヤト
「安心しろ既に用意しといた」

カードを取り出すアヤト

アヤト
「正面突破だ」

滝澤
「なんだ
セキュリティカードがあんなら話は早いぜ」

第四研究所に潜入した一同

中では白衣の研究者達が忙しく動き回っている

カネキ達が怪しまれずに通路を進み、
大量のカプセルが保管された
ドームのような場所に到着する

カプセルの中には死んだはずのハイル、エト、キジマの姿

更にカプセルの横では亜門が腕立て伏せをしていた

滝澤
「亜門さん!」

亜門
「滝澤、俺が死んだと思ってたか?
バカやろう、お前もアキラも残して
一人で死ねないだろ」

滝澤
「亜門さん・・・(涙」(グスン

本局~外~

鈴屋の前に出る半井

半井
「班長」

鈴屋
「いえ、ここは自分がそれより増援を」

半井
「増援・・・?」

鈴屋
「ピエロが人間と分かった以上
無差別に殺せないでしょう」

他のSⅢ班の面々達もピエロが人間だと気付き
動きに迷いが生じている

六月だけは平然と倒している
それを見つめる鈴屋

鈴屋
「・・・」

その時、一部のピエロが赫子を出し攻撃してくる

安浦
「!!」

腕を赫子で抉られる安浦

安浦
「むぅん!!」

負傷しながらも安浦がグールを叩き斬っていく

半兵衛
「気合い十分」

ミズロー
「チッ・・・攻撃しずれェ・・・
悪趣味なやり方しやがって」

司令室

司令室に情報が入る

一部のピエロの正体が人間という情報

政率いるS2班も同じ状況の様子

通信員
「旧多一等・・・どうしたら・・・」

机を思いっきり叩く旧多

通信員
「!!(ビクッ」

悔しそうな表情の旧多

旧多
「なんて卑怯な・・・!!
まさか人間を囮に使うなんて・・・」

通信員
「旧多一等・・・」

旧多
(この演技・・・
アカデミー賞もんでしょう!
俳優フルタ迫真的演技!!)

声を振り絞る旧多

旧多
「・・・最低限の人員を残し援護に、
戦闘は彼らに任せて、人命救護に回って下さい!」

通信員
「はっ!」

奮い立った捜査官達が現場に向かい始める

捜査官達
「なんか・・・旧多一等って・・・
・・・吉時局長に似てるよな
ああ、【器】がある
政特等よりよっぽど・・・」

司令室に残ったのは5人だけ

旧多
「さーて邪魔者もいなくなったところで・・・」

通信員
「?」

旧多
「皆殺(おしごと)しましょうか♡」

赫子を出す旧多

通信員
「!!きゅ・・・!!」

次々に捜査員達を貫く旧多

通信員
「ウギ!あっ!!」

最後の通信員が壁際に追い詰められる
ガクガクと震える通信員

旧多
「バイバ~イ」

その時、旧多の赫子を
政がクインケで止める

通信員
「!!」


「・・・」

旧多
「えっ!?(汗
ここで何してるんですか」


「・・・」

旧多
「あなたの持ち場は!?」


「問題ない ピエロ姿は【全員殺せ】と
命令してある」

旧多
「・・・そういえば、あなたそういう人でしたね」

冷たい目線で政を睨む旧多

旧多
「あなたの目的は僕を殺し
CCGの指揮官を取り戻す・・・ですね?」


「いや・・・」

旧多
「?」


「俺の目的は瓜江を手に入れる事だ」

旧多
「!?」

・110話ネタバレ画バレはこちら

・ピエロと宗太(フルタ)の目的は!?ヒデの登場も間近?徹底考察!

・東京グールre 最強クインケランキング!
・東京グール強さランキングはこちら
東京喰種re 伏線考察一覧はこちら

東京喰種:reネタバレ一覧はこちら

 - ・東京喰種:re