MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

テラフォーマーズ 新章36話ネタバレ画バレ&新章37話最新情報

      2017/01/22

テラフォーマーズ ネタバレ一覧はこちら

テラフォーマーズ 新章36話 ネタバレ 新章37話  画バレ 確定 最新話 速報

・テラフォーマーズ マーズ本当の強さランキングはこちら
・テラフォーマーズ かわいいキャラ一覧はこちら
・ラハブ考察まとめはこちら

・テラフォーマーズ最新新章36話確定ネタバレ画バレ
・新章37話ネタバレ画バレはこちら

前回のラスト!

20161224193236a89s

サムライ「・・・・・・っ どっかで習ったの? それ」

201612241934222a1s

「あんたが“隙が無い”構えをしようと関係ない。殺すと言ったら死んでも殺す
そのために本名(なまえ)も祖国も捨てた。さっさと来い」

一方、レーダーを見ている六嘉。

「・・・・・・まだ千匹近く生きてる・・・!!日本中の手術済みの人材をかき集めても流石にカバーしきれないか・・・!?」

20161224193424b90s

六嘉
「紀伊半島を中心に押され始めている」

テラフォーマーズ 新章35話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

「彼は日本で唯一“治療のために”M.O.手術を受けた人間
彼は常に過剰変態で闘う」

20170106212146569

テラフォーマーズ 新章36話 ネタバレ 最新 確定

空の病床、残された痕跡──。

ナレーション:
西暦201X年―――
とある宇宙開発機構の研究員は語っていた

『もし――――』

『もしアポロ11号の時代の規模の資金がいまだ宇宙に投じられ続けていたなら』
『今頃とっくに有人(ヒト)が火星に着いていただろう』と・・・・

しかし米政府がNASAに投じる予算は その後数十年で七分の一近くに減少する
劇的に景気が悪くなった訳ではない・・

“代わりに増えた費用がある”のだ

『防衛費』である

駆逐艦からミサイルが、双翼ヘリから砲撃が、
そして白兵部隊がテラフォーマーを蹴散らしていく。

アメリカ兵の上を、中国軍の戦闘機が通り過ぎていく。

米兵
『やるじゃねぇのブルース・リーくん』

中国兵
『フン』
『貴様らもな・・ベーブ・ルースども』

自衛隊
(あ・・あいつら・・笑ってやがる・・!!)
(・・・・“野蛮”?)
(・・違う―――)

(『戦争(たたかい)が楽しい』んじゃあない)
(『報われて』いるんだ)
(彼らは 今 『報われている』)

(少なくともアメリカにとって国を背負う様な闘いはずっと無かった)
(ずっと不毛な資源戦争の象徴とされていた彼らが・・)
(今は もう迷わない!!)

(『仕事がある』!!!)
(己を鼓舞するためでもあるだろう)
(強壮剤や戦闘状態による興奮もあるだろう・・・・)

(しかし―――人間(ヒト)が本当に心から自信に満ちた表情(わらい)を出せる時は・・・・)
(それは“人に必要とされている”という事を)
(実感できた時なのだろう―――・・)

倒れた風邪村の前に立ち、
他のオニヤンマゴキに指示を出す6本腕ゴキ。

逃げ惑う人々の姿

「逃げろ 逃げろ」
「負けた・・!!」

「あの護衛官だっていう人・・・・」
「あんなに・・・・!! 大きい人が・・」

風邪村
「ハァ・・・・ハァ・・」
「痛ぇ・・・・痛ぇよ・・・・」

モニターには、紀伊半島・四国を中心にテラフォーマーが上陸している様子が
モニターに映し出されている。

20170106212149a40

七星
「――やはり・・無理があったか・・・・!?」

本郷
「・・・・」

日向
「各国から軍が押し寄せている・・」
「火星では飽き足らず 次の戦場を求めて・・!!」
「“IT(前回)革命”の基盤・・『インターネット』が元々はミサイルのために造られた事は周知の事実」

「忌々しいが争いは技術を発展させる元にもなる」
「そしてその恩恵を第一に受けるためには 当事者として参加する事が必須・・特に“今回”は・・・・だ」

「何故なら」
「斉藤くんの話によると中国軍は既に“もう一つの研究”」

「―――即ち“A.E.ウィルスを使ってM.O手術の成功率を大幅に上げる技術”を手にしている」
「元々はドイツ人が開発した技法だが “神奸達(スニーカーズ)”つながりでローマ→中国へと渡ったんだろう」
「そして米軍もかなり近い水準まで達しているはずだ」

「となれば次に欲しいのは数と材料!」
「今日本に来て 殺せば殺すだけ手に入るって訳だ」
「テラフォーマー(やつら)の体内にある『免疫寛容臓(モザイク・オーガン)』が!」

倒れている風邪村の元にやってきた白衣姿の中年女性。

20170106212143864

「・・・あ・・・・・・」
「イッキちゃ・・・・風邪村くん」

「病院へ戻りましょう」
「あなたは休職中だし とても闘える体調(じょうたい)ではないわ」
「ここに来て暫く足止めしただけでも充分よくやったわ これ以上は・・・・
誰もあなたを責めない」

風邪村
「海老塚先生・・・・」
「“それ”・・親父に言わされてる?」

女性
「いいえ私の台詞よ」
「私は医者だから」

風邪村
「・・・・そっか じゃあ・・・・」
「“エビちゃん”に訊くよ」
「聞こえるかい・・・・?この無数の羽音とエンジン音が」

スポンサーリンク

「もうじき ここが戦場になる」
「大急ぎで来ている どこの国のかも分からない攻撃機が・・・・」
「キレイにテラフォーマーの胸だけ撃ち抜いてくれるとは限らない」

「奈良が狩り場になり・・・・京都が火の海になる・・・・」
「風邪村家の男が・・・・それを見捨てて逃げる訳にはいかないんだ」
「勝てる 勝てないじゃない 職務でもないんだ・・・・」

「エビちゃん・・・・!!」
「ごめんね・・?」
「そのために・・・・来てくれたんだろ?」

「いつも俺の事解ってくれて・・」
「ありがとう」

誰かと話しているエヴァ。

エヴァ
「・・・・なら 今日本に来ている軍人さん達の中にもM.O.手術を受けている人が多く居るんですね・・」

「せめて私の血や・・体の一部と」

「『T.A.(テルムス・アクウァーティクス)』だけでも輸送できれば 死者の数はかなり減らせるかも・・?」

ダン中尉
「いや・・おそらくそれは出来ない」

「君は自分の特性(のうりょく)を過信している 栄養さえあれば無限に再生できるのはプラナリアに完全に適合した“君だけ”だ」

「第一に・・片方の血を打ち込むだけの天異変態は数秒しかもたない その数秒の間に再生できる部位は限られている」

「もう一つは・・内蔵と寿命への“負担”だ」

「再生能力を持たない生物(ベース)の能力者が失った手足を再生するケースが1つだけある “過剰変態”と呼ばれるものだ」

「ただし!コレを体重や体力・内蔵機能が一定水準に達していない者が行った場合・・」

「その場で死亡するケースも報告されている」

20170106212144565

背景にはバグズ2号の乗組員、ティンの姿。

ダン
「“強引に再生させる”というのはそれだけ負担を強いる事なんだ」
「――いずれにしてもカリフォルニア(ここ)にいるメンツはほとんどが直接攻撃型」
「 今すぐ日本に行っても 一対多数の防衛線で役に立てる者は少ないだろう・・」

日向
「チ・・」
「そうなると頼れるのは舜さんか・・サムライソードくらいか・・」
「せめて風邪村さんが現役だったら・・!!」

ダン
「・・・・いや」
「“いる”らしいよ・・風邪村氏・・」

本郷
「!?」
「マジか・・!!」
「大丈夫なのか・・!?」

エヴァ
「えっ・・誰ですソレ・・!?」

日向
「・・・・」
「『ジャパン・ランキング』“元1位”・・・・」
「”人為鵺(マスティコア)”の風邪村 一樹」

背景には矢のようなものに貫かれ、落ちていくオニヤンマゴキの姿。

上空のゴキたちが次々に落下していく。

ダン
「――まさにさっきの話だよ・・・・エヴァさん」
「“強引に身体を再生するのは負担がかかる”」
「“プラナリアに適合した君はラッキーだった”」

「身長2メートル23センチ 弓道8段 剣道5段」
「書道師範 茶道師範 国院大学主席卒業―――・・」
「だが彼の体は難病に冒されていた」

「彼は日本で唯一“治療のために”M.O.手術を受けた人間」
「だが再生能力を持つ生物が適合しなかったんだ」
「そのため病気が悪化する度に手術をくり返した―――・・!!」

「彼は常に過剰変態で闘う」

20170106212147360

風邪村
「医師(エビちゃん)が気に病む必要など何も無い」
「俺は自分の意志で此処に来た」

「俺の名前は風邪村 一樹」
「この大地(くに)本来の護り手だ!!」

20170106222428432s

『風邪村 一樹 日本 奈良
29歳 ♂ 223cm 111kg』

M.O.手術 “複合実験型”
女郎蜘蛛+烏+アナコンダ+コモドオオトカゲ+ヤマアラシ+ムネマダラ+トラカマキリ+モウコノウマ+本土狸・・・・

黄泉還りし神獣の王(カゼムライッキ)、立つ!!

~以下テラフォーマーズ ネタバレ 新章37話 に続く~


スポンサーリンク

テラフォーマーズ 新章37話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・新章37話ネタバレ画バレはこちら

『もう一つの一族』

風邪村の話を始める日向

天皇直属の近衛兵である皇宮護衛官は
22世紀初頭までは警察や自衛隊から
選抜されたエリートだけが務めていた

家柄や出自、思想背景に宗教など、
徹底した素性の調査にパスしたモノしか
入れない皇宮護衛官という聖域

だが【あるモノ】の台頭が、
皇宮護衛官の採用要件を
根本から変えた

それは【A.E.ウィルス】

それは皇宮護衛官に限った話ではなかった
米国における大統領警護(SP)、
露西亜における連邦警護庁(ФСО)、
イスラエルにおけるモサド、

国境を越え、国家要人の警護に関わる
あらゆる組織において重要視されたのが
【A.E.ウィルスに対する耐性】だった

 

DNA配列、ホルモンバランス、
体組織構成、免疫細胞培養適比率

【延べ70億人】

実に世界人口の【4分の3】にあたる人々に対し、
あらゆる疫学的観点からの分析が試みられた
ペスト、AIDS、結核、SIRDS…

過去に世界的規模で巻き起こった、
いかなる疫病の蔓延に対しても
行われる事のなかった
【全人類に対する医学的研究】が人類史上初めて実施された

この年アメリカでは歴史上初めて
【科学関連費】の支出が【軍事費】を
上回った年となっている

導かれた一つの結果(こたえ)
それが【風邪村家】であった

ある人類学者はこう言った

「ニュートン一族は【Clan imitated God】
(神を真似た一族

風邪村家は
【Clan gifted by God】(神に与えられた一族)】だ」

・新章37話ネタバレ画バレはこちら

・テラフォーマーズ マーズ本当の強さランキングはこちら
・テラフォーマーズ かわいいキャラ一覧はこちら
・ラハブ考察まとめはこちら
・ジョセフの手術ベース考察まとめはこちら

テラフォーマーズ ネタバレ一覧はこちら

 - ・テラフォーマーズ