MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

テラフォーマーズ 新章35話ネタバレ画バレ&新章36話最新情報

      2017/01/06

テラフォーマーズ ネタバレ一覧はこちら

テラフォーマーズ 新章35話 ネタバレ 新章36話  画バレ 確定 最新話 速報

・テラフォーマーズ マーズ本当の強さランキングはこちら
・テラフォーマーズ かわいいキャラ一覧はこちら
・ラハブ考察まとめはこちら

・テラフォーマーズ最新新章35話確定ネタバレ画バレ
・新章36話ネタバレ画バレはこちら

前回のラスト!

日向「・・・何を仰います、七星役員 ウチにいる連中は殆どそうです
学齢があるヤツも無いヤツも男も女も考えるより体が動く!仲間と決めたら誰でも護る!!
絶対幕僚とかになっちゃいけないタイプの生粋の【傭兵】共です」

e38386e383a9e38395e382a9e383bce3839ee383bce382bae696b0e7aba020e3838de382bfe38390e383ac2034e8a9b135e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-10

回想終了

e38386e383a9e38395e382a9e383bce3839ee383bce382bae696b0e7aba020e3838de382bfe38390e383ac2034e8a9b135e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-12

サムライソード「お前らみたいな奴を」

ナレーション
「サムライソード(自称)カナダ
23歳 ♀ 167㎝ 62㎏
ジャンパンランキング 7位
M.O.手術 昆虫型【ツムギアリ】』

テラフォーマーズ新章 ネタバレ 34話35話 最新画バレ画像-13.jpg

・テラフォーマーズ 新章34話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

「あんたが“隙が無い”構えをしようと関係ない」

「殺すと言ったら死んでも殺す」

「そのために本名(なまえ)も祖国も捨てた」

201612241934222a1s

テラフォーマーズ 新章35話 ネタバレ 最新 確定

20161224193003bc8s

『ビーバー (castor canadensis)』

北米大陸に棲む「害獣」。
1匹で年間200本の樹木を齧り倒す。

かつては毛皮の売買がカナダ先住民の生活を支えており、
それによって西洋から武器や鉄製品がもたらされ、カナダ建国の基盤となる。

カナダ神話ではメジャーなシンボルであり
家紋やトーテムポールに多く用いられる。

『独創性』『工芸』『防衛』
『固い意志』『奪還』」の象徴とされる。

ナレーション:
脇差し・小太刀は『差す』『帯びる』(携帯する)と書くが
太刀・大太刀は『佩(は)く』と書く

語源は『穿く』と同じで“下半身に巻きつける”事を意味する

サムライソードの戦いを見ている人々。

「・・・・・・なっ」

「なんで・・・」

「“当たるんだ”」

2016122419295706es

自分の体よりも大きな刀を振り回すサムライソード。

201612241752413b3

ナレーション:
“7位”専用武器
対人・対テラフォーマー滑車式大太刀『ジャスティス・ビーバー』

新種合金『金剛丹』製
刀渡り 2メートル45センチ
重量77キログラム

大太刀自体は鎌倉時代からあるが
“当然”使いこなせた者は少ない

まず超重い
そして槍や矛と違って端っこを持たなければならないためバランスも悪いのである

ではそれを使いこなせた限られた人物とはどの様な者か?
一つは体格が良かった者

20161224192959075s

もう一つは太刀術を修めた者!

それも老人になるまで練習していたのでは合戦に出る体力はもうない

夢のない話だが『運動神経の良い人間』に限られる!!

20161224193000d93s

『重量挙げ』でトップレベルまで行く人間は『筋肉バカ』ではない!!!

“いかに最小限の動きで”
“いかに素早く”

いかにして
“自分より大きなものを制するか”

それこそ若くして合気道の達人のような『戦闘センス』がなければあの重量は挙らないのである

オニヤンマゴキが次々に現れ、人々が逃げ惑う。

「わっ わっ こっち来る!!」

「やっぱあの人ひとりじゃムリだよ!! 10匹近く居るもん!!」

がしかし、いつの間にか張り巡らされていた糸に捕まるオニヤンマゴキ。

20161224193231ff7s

ナレーション:
東南アジアの森林部に棲むヤマアリの一種『紡蟻』

地中に巣を造らず樹上生活をし
糸を出して葉を縫い合わせる事で大規模な巣を造る

だから“紡ぎ蟻”

特筆すべきはその『獰猛さ』と『下半身の構造』である

20161224175236619

“蟻の筋力”が優れている事は幾度も触れたが
いくら何でも“これ”ではバランスが悪すぎる

このあと一体どうやって歩くつもりなのか―――!?

答は足の形状にある

2本の固い爪が木に突き刺さり
間の付け根の部分がモチモチした滑り止めの様になっている


だから踏ん張る力は“最小限”で済む

ツムギアリは獰猛だが筋肉バカではないのだ

『いくらデカくてもヤツらの木に近づいたら殺される』

おかげでカンボジア北部の森では“ツムギアリに擬態する生き物が続出”

森に居る全員が知っているのだ・・・・・・

201612241930013e9s

『こいつは小さいが』――
『関わっちゃいけないヤツだ』と・・・!!

刀にずらっと開いた穴にいくつも糸を通すサムライソード。
グルグルと回り、その糸をどんどん引っ張っていく。

「・・・蟻の糸は蜘蛛やミノムシ程の強さじゃないわ」

「テラフォーマーが数秒力を込めれば千切られてしまう」

20161224193232cafs

「でも 衛るには充分」

ギュルっとオニヤンマゴキをひと塊にすると、今度は大刀を空中に蹴り上げる。

「どうせすぐ斬るし」

刀につながる糸を振り下ろすように引っ張り、ゴキたちを一刀両断にするサムライ。

20161224175238e31

「・・・・・・・・・・・・」

201612241932339ffs

「残り・・・・・・」

「1匹・・・・・・」

「いや・・・・・・2匹!」

オニヤンマゴキの上に乗る、武道着姿のテラフォーマー。

投げられた刀でオニヤンマは斬られるが、武道着ゴキは腕で刀を弾いてしまう。

20161224193235977s

サムライ(金剛丹合金で出来た刀を・・・)

地上で向かい合う2人。

サムライソードがまずは糸を繰り出すが、それをスパスパと斬り落とす武道ゴキ。
ノコギリのような特殊な形の刀を取り出す。

20161224175239b59

まるで剣道の心得があるかのように、刀を構える。

20161224193236a89s

サムライ「・・・・・・っ」

「どっかで習ったの? それ」

「言っとくけど 私は武道家じゃない」

201612241934222a1s

「あんたが“隙が無い”構えをしようと関係ない」

「殺すと言ったら死んでも殺す」

「そのために本名(なまえ)も祖国も捨てた」

「さっさと来い」

一方、レーダーを見ている六嘉。

「・・・・・・まだ千匹近く生きてる・・・!!」

「日本中の手術済みの人材をかき集めても」

「流石にカバーしきれないか・・・!?」

20161224193424b90s

がしかし、日本上空。
外国籍の戦闘機がオニヤンマゴキを仕留める。

イスラエル空軍

また、駆逐艦も参戦開始。

インド海軍

その様子をスマホで見ている人々の顔に安堵の表情が。

「世界各国からガンガン支援と援軍が来てるぞ!! 数分前から黒い影が殆ど動いていない!!」

「やるじゃん!仕事したな蛭間首相!!」

「今は違うだろ 蛭間死んだじゃん」

「死んでねーよ」

「次の人もう決まってるんじゃないの?」

「やるじゃん蛭間の次の人!!」

「誰だか知らんけど」

六嘉「・・・・・・くそ・・・!!」

「・・・・・・・・・・・・っ」

「マズイ・・・・・・!!」

すでにゴキブリに倒されていた皇宮護衛官の風邪村(元ジャパンランキング1位)。

六本腕の屈強なテラフォーマーの背後で、全身を糸のようなもので地面に磔にされていた。

「ガハ ッあグ・・・」と苦しそうに血を吐いている。

六嘉「紀伊半島を中心に」

「押され始めている」

■崩れる、守護(まもり)の要!!

~以下テラフォーマーズ ネタバレ 新章36話 に続く~


スポンサーリンク

テラフォーマーズ 新章36話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・新章36話ネタバレ画バレはこちら

倒れている風邪村を後目に、
悠々と歩いていく6本腕のテラフォーマー。
映像で見ている六嘉が戦慄している。

六嘉
(あの体躯(からだ)・・・・)

(おそらくは”クロカタゾウムシ”の特性(ベース)・・・・!)

(だがあの腕は・・!?)

蛭間も横で驚いている。

蛭間
「6本腕の特性(ベース)だと・・!?」

「いったいどこの国のベースだ!?」

六嘉
「少なくともアネックス1号の乗組員にはいないはずだよ兄ちゃん」

「バグズ2号の・・!?」

蛭間
「いや、全員の能力を把握しているが6本腕のベースは一人もいない!」

「信じがたいことだが、考えられるとすれば──・・」

「”腕を移植する方法を身に着けた”」

「”腕そのものを増やすような技術を得た”」

「そして」

「”人間(こちら)とは別に、独自にM.O.手術を行った”」

絶句する六嘉。

蛭間から全国の戦闘員たちに情報が伝えられる。
もちろん米軍・中国軍はじめ、参戦している各国の軍たちにも映像が届けられる。

U-NASA ドイツ支局

6本腕のテラフォーマーの映像を見ている主任研究員ジェシカ・ベルウッド。

ジェシカもまた、蛭間たちと同じような懸念を持っていた。

(腕を生やすとなれば、再生医療にも通じる技術──多大なる設備が必要となる)

(バグズ手術が利用されたことからも、おそらくは”ただの移植”と考えていいだろうが・・)

(独自にM.O.手術を施した可能性もあり得るのか・・?)

・新章36話ネタバレ画バレはこちら

・テラフォーマーズ マーズ本当の強さランキングはこちら
・テラフォーマーズ かわいいキャラ一覧はこちら
・ラハブ考察まとめはこちら
・ジョセフの手術ベース考察まとめはこちら

テラフォーマーズ ネタバレ一覧はこちら

 - ・テラフォーマーズ