MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

TOP_kari

マギ 332話ネタバレ画バレ&333話最新情報 Magi

      2016/12/29

マギ ネタバレ一覧はこちら

マギ 332話 ネタバレ&333話最新情報マギ   画バレ 確定 最新話 速報

マギ 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

・マギ最新332話確定ネタバレ画バレ
・333話ネタバレ画バレはこちら

前回のラスト!

モルジアナ「アリババさん、結婚式をあげましょう・・・!死ぬ前に!一緒に死んで、来世で夫婦になりましょう!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20331e8a9b1332e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-6

アリババ「絶対に嫌だ・・・皆の願いの為に戦わないのか?俺の願いの為だけに戦うか?戦うに決まってんじゃねーか!!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20331e8a9b1332e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-2

「たとえ世界に否定されても愛する人と考えを違えていても自分自身を曲げられない・・・魂と誇りを取り戻す為の・・・アリババの決断!!」

マギ 331話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-2

ジュダル「この気持ち悪ィ世界をぶち壊すんだろ!?俺達抜きでは行かせないぜ!」

マギ 332話 ネタバレ 最新 確定

※随時更新中!

『誰よりも大きな【王の器】』

「アリババは知っている
愛する人がどんな人間であるかを!
だからこその、アリババが選ぶ決断!」

アリババ
「俺はシンドバッドさんと戦うぞ!
モルジアナ!!」

モルジアナ
「でも・・・世界の皆がルフに還りたがっているんですよ!?」

アリババ
「うるせー!俺の好きになったモルジアナは
ルフに還りたいなんて死んでも
言わねぇ女だったはずだ!」

モルジアナ
「ア・・・アリババさん・・・!?」

アリババ
「お前にそんなこと言わせてる
シンドバッドさんが俺は許せねーんだよ!!

何百、何千、何億年後の世界の幸せが
シンドバッドさんの夢なら・・・
俺の夢は、今をお前と幸せに生きる事だッ!!

文句あるかバカヤローッ!」

モルジアナ
「!!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-3

アリババ
「だから、俺の帰りを家で
うまい飯でも作って待ってろ!!」

モルジアナ
「嫌です」

アリババ
「!?」

モルジアナ
「冗談じゃありません!!
アリババさんが行くなら
私も戦いに行きたい!!

床をダンダンと足で踏みつけ
地団駄を踏むモルジアナ

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-100
アリババ
「ごっ、ごめんなさい!!」

モルジアナ
「なのに…
どうして踏み出せないの…!?」

アリババ
「そりゃ、ルフが
書き換わっているからだ
お前のせいじゃねぇよ」

背景にはモルジアナが体を鎖や
鉄球の足枷で縛られている描写
(シンドバッドの洗脳イメージ)

モルジアナ
「そんなの・・・私・・・悔しいわ・・・」

アリババ
「!!」

『マギ』332話 「誰よりも大きな『王の器』」【ネタバレ・感想】_198382

その後、アリババがアラジンと合流

アリババ
「俺が必ず世界中の奴等の
心の自由を取り戻す

世界の為の正義かどうかは
分からんくていい

自分の頭で考えて
正しいと信じた事をやる

それが小さい事でも
大きい事でも関係ねぇ

それが俺の答えだ
そう、モルジアナに言ってきた」

アラジン
「そうかい
僕は君の【マギ】だから
君の答えを聞いておきたかった」

アリババ
「…」

突然、アラジンの両肩に
両手を置くアリババ

アラジン
「えっ、何!?」

アリババ
「お前もお前だアラジンーッ!」

アラジン
「!??」

アリババ
「他人事みたいに言ってんじゃねーっ
お前もこの世界の一員だろうが!!

俺はお前をマギだとか、
アルマトランのなんだとか、
思った事は一度もねぇ!

お前はただのアラジンだろ!?
もっと…自分の事のよーに考えろ!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-12

アラジン
「!!」

アリババがアラジンから離れる
前方を歩いて行くアリババを
呆然と見ているアラジン

アラジン
「…」

アラジン
(そういえば僕…
アリババくんに【マギ】だからとか
言われた事ないなぁ…)

アラジンがアリババの
過去の言葉を思い返す

アリババ
【俺とお前に違いなんかねぇ!!

てめぇの汚ねぇ酒で、
人の命が買えるのか馬鹿野郎!!

シンドバッドさんも俺と同じ
ただの人間だからですよね!

奴隷も罪人も皇族も関係ねぇ!】

アラジン
(君は本当にそう思っているんだね
世界中のどんな人達の事も
その気持で包み込んでしまうんだね…)

スポンサーリンク

ハッとするアラジン

アラジン
「!」

アラジン
(そうか、今、分かったよ
アリババくん君は…だからこそ…

君は、誰よりも大きな
僕の【王の器】だったんだね!)

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-4-29d05

前方を歩くアリババが振り向く

アリババ
「どうした?アラジン」

絨毯に乗ったアラジン達が
街の上空を飛んでいる

アラジン
「僕も考えたよ、アリババくん
【聖宮】を壊すべきだと思う」

アリババ
「ええ!?どういう理屈だよ?」

アラジン
「悪いのは誰かじゃなくて

【聖宮】のシステム
そのものだって事さ!

【聖宮】がルフを管理するから
ルフが白と黒にワケられてしまう

【堕転】や黒いルフが
悪いわけじゃないんだ」

アリババ
「…なるほどな」

アラジン
「そして【聖宮】があるかぎり、
誰かがルフの管理者であり続ける

それがシンドバッドおじさんでも、
僕でも、ソロモン王でも、
そしてウーゴくんでもだめなんだ

間違わずにいられる人間など
どこにもいないのだから…」

アリババ
「…そうだな…
でも【聖宮】が壊れるとどうなる?
命が生まらなくなったり
するんじゃねーのか?」

『マギ』332話 「誰よりも大きな『王の器』」【ネタバレ・感想】_198385
アラジン
「そんな事はない
この世界は【暗黒大陸】のように
なるだろう」

アリババ
「【暗黒大陸】!?」

アラジン
「そうさ!あそこはまさに
【大いなる力】の影響が及ばない
世界だった

僕は黒いルフを白いルフに
戻す方法を探していたけれど

【暗黒大陸】のように
白と黒の差がない世界が
いいんじゃないかと思うんだ!」

アリババ
「そうか…そのルフの管理者がいなくて
白と黒もなくなるってのは
凄くいいとおもうけどな!」

アラジン
「うん…でもそれを望むのは世界中で
もう僕達2人だけかもしれないね…」

アリババ
「!」

『マギ』332話 「誰よりも大きな『王の器』」【ネタバレ・感想】_198386

 

街を見下ろすアラジン、アリババ
背景には紅玉達の姿

紅玉達
「シンドバッド様と共に!!
シンドバッド様と共に!!」

アリババ
「誰にも望まれていなくても…
必ず取り戻すよ
皆の本当の心を…」

アラジン
「…」

2人視線を下げて
寂しそうな顔をする

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-52

 

その魔法陣から飛び出てくる
白竜、ジュダル

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20332e8a9b1333e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-14

アリババ
「は、白竜ッ!?」

アラジン
「ジュダルくん!?」

白竜
「黒いルフは【大いなる流れ】のはみ出し者らしい
俺も一度、堕転して規格から外れてしまったようですね」

ジュダル
「な~?
堕転しといて良かっただろ?」

マギ ネタバレ 332話333話 最新画バレ画像-2.jpg

ジュダル
「この気持ち悪ィ世界をぶち壊すんだろ!?
俺達抜きでは行かせないぜ!」

アリババ
「・・・はははっ!」

アラジン
「良かったね
僕達だけじゃなかったよ!」

「最後に頼れる存在と、いざ聖宮へ!」

※随時更新中!

~以下マギ ネタバレ 333話 に続く~


スポンサーリンク

マギ 333話 ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

・333話ネタバレ画バレはこちら

天山山脈~国際同盟本部~

最強の仲間、白竜とジュダルが合流!
いざ、聖宮へ!その前に・・・金属器を回収です

モルジアナに言った言葉をアリババが思い返す

アリババ
【俺はシンドバッドさんと戦うぞ!
世界中の奴等の心の自由を取り戻す!】

アリババ
「その為にはやっぱ、
このアモンの剣がなくっちゃな」

金属器を回収するアリババ達

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20333e8a9b1334e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-2

金属器を回収した後、アラジンが防壁魔法を
国際同盟本部に張り出す

アラジン
「【防御魔法(ボルグ)】!!」

白龍
「げっ!!これは玉艶の技!!(汗」

ジュダル
「悪趣味だぞ、チビ!!(汗」

アリババ
「違うだろ・・・」

アラジン
「【八ツ首防壁(ボルグ・アルサーム)】!!」

国際同盟本部に結界が貼られる

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20333e8a9b1334e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-4

アラジン
「これは誰に破れないよ
アルバさんでも、シンドバッドおじさんでも
きっとソロモン王でも!」

ジュダル
「このチビ、大きく出やがったな」

白龍
「いや・・・もしアラジン殿が
旧世界と新世界の魔法を極めたのだとしたら・・・

その実力は既に、
ソロモン王をも超えている!!」

アラジン
「さあ、行こうか!」

・333話ネタバレ画バレはこちら

マギ 強さランキングまとめ 最新最強決定版はこちら

マギ ネタバレ一覧はこちら

 - ・マギ