MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ワンピース 809話確定ネタバレ&810話最新情報

      2016/12/19

ワンピース809ネタバレ ワンピース810最新ネタバレ情報

 

・最新ワンピース強さランキングはこちら
・サンジ出生の謎とMr.プリンスとの関係性はこちら
・エースが生きている?エース考察まとめはこちら
・黒ひげの謎に迫る!黒ひげ考察まとめはこちら
・ゼフが元ロジャー海賊団?ゼフ伏線考察まとめはこちら

・ワンピース最新809話確定ネタバレ
・ワンピース810話最新情報一覧まとめ(未確定予想含む)

化学兵器によって滅ぼされた街

ワンピース 809話未確定ネタバレ

麦わら一味と、イヌラシア公爵&ワンダ
この島は毒ガスでやられたと話すチョッパー

ルフィ
「シーザーの”毒ガス兵器で”!?」

そのとき側では、イヌアラシ公爵がヨダレを垂らしながらブルックを見ている

それに気がつくブルック

ブルック
「はっ よだれ」

ワンダ
「わかります♡ 彼も恩人です」

イヌアラシ
「何てうまそうな恩人だ」

ヨダレを垂らしながら話すイヌラシア公爵
ワンダ
「今はまだ身体に触りますから、、後で」

ブルック
「後でもやですよ」

ロビン
「シーザーが作り・・・ドフラミンゴが密売し・・・カイドウにまで兵器は届いていたのね・・・」

おかんむりのルフィー

ルフィ
「シーザ~~っ!」

イヌアラシ
「まァ敗北の話より・・・ゆガラ・・・”麦わら帽子”がよく似合うな」

ルフィ
「ん?」

イヌアラシ
「私も昔・・・あー・・・誰だあの猫の・・・」

ワンダ
「ネコマムシの旦那ですね」

イヌアラシ
「”それ”と共に海に出ていた時期があってな・・・」

「今や”四皇”の海賊・・・シャンクスが昔そんな帽子を・・・」

ルフィ
「えー おっさんシャンクス知ってんのか!? 何で!?」

「この帽子おれシャンクスから貰っ」

イヌアラシ
「ぐーーー・・・」

いきなり寝だす公爵!
ルフィ
「寝たァーー!?」

代わりにワンダが答える。

ワンダ
「もう午後6時を回ってる」

ウソップ
「まだ6時だろ! 子供か!」

ワンダ
「さっきも話したがモコモ公国は常に2人の王によって治められている・・・正式な国の王はイヌアラシ公爵だが 代々神聖な”くじらの森”を守るネコマムシの旦那にも同等の権利があるのだ」

ウソップ
「それが今寝たのと何の関係があるんだ!?」

ワンダ
「2人はとても・・・仲が悪い」

ウソップ
「」
驚くウソップ

ワンダ
「顔を合わせると殺し合いをし兼ねない程にな」

ウソップ
「え!? 何で!?」

ワンダ
「理由は知らない・・・昔は親友だったらしいが・・・ケンカをしても力は互角・・・」

「あまりにいがみ合いすぎて顔も併せたくない2人は『太陽と共に朝6時から夕方6時まで』そして『月と共に夕方6時から朝6時まで』と・・・生活時間を分割して暮らすようになった」

ウソップ
「うお いつの間にか医者達もネタ──っ」

ワンダ
「この砦の人々もみんな寝ている」

確かに周りのみんなも寝ている

シシリアン
「私も眠くなってきたガルル」

フランキー
「ん? お前・・・」

シシリアン
「シシリアンだ 全力のな」

「昼夜逆転は我々にも影響している 『町』の者達は昼に活動を 『森』の者達は夜行性だ」

「先の戦いにおいてもそうだった・・・」

眠りつつ戦いのことを思い出すシシリアン。

シシリアンの回想
町でおかまい無しで暴れるジャック達
町はどんどんと壊されてゆく

叫ぶミンク達

「やめてくれー」「家を壊さないでー」

「銃士隊が来たぞォー」「よかった 彼らに任せろ 町人は下がれー」

そこにミンク昼の部隊「銃士隊」が現れた!

銃士隊
「被害を最小限に」
「武器の奪取につとめよ」
「はっ」

ワンダ、キャロットも銃士隊の一味のようだ

海賊を蹴散らしていくワンダ

ワンダ
「奇妙な戦士たちがいる・・・」「知らぬ種族か!?」

「”黒い角”の者たちに気を付けろ」

すると黒い角の海賊が左手を狼に変えていく。

「”ウルフグリップ”」

ワンダ
「手が狼にっ」

ミンク
「ワンダっ!」

斬られようとした瞬間、その海賊が他の誰かに斬られる!

「ギャン」
「うおァ」
と海賊、狼が同時に叫ぶ。

『ゆガラ達後方へ』

ワンダ「!」
驚くワンダ

現れたのは3人のイヌアラシ三銃士。

ワンピース 809話ネタバレ 画バレ (3)
引用:matome.naver.jp

「うお~~『三銃士』だァ~~!」

シシリアン
「身軽な銃士は町人達を森へ誘導せよ」

ジャック
「何だあいつら!」

『ジャックと言ったか!?』

そこに登場したイヌアラシ公爵。

「あ」「イヌアラシ公爵~~!」

イヌアラシ
「すぐに破壊と暴力をやめろ 神に誓ってゆガラ達の探し人はこの国にはいない」

「無意味 無益な戦いだ」

イヌアラシの強そうなオーラを感じるジャック。

ジャック
「この国の・・・王か・・・・・・!?」

しかし公爵はその場で武器を捨て出した

驚くミンクたち
「え!?」「公爵様なぜ剣を」

イヌアラシ
「この国中 いや島中 “その侍”を好きなだけ探すといい抵抗はしない だから破壊をやめろ」

「歴史ある国なのだ」

ジャック
「断る」

そう言うと大きな鼻でミンク達を一掃する

ワンダ
「公爵様逃げて~~!」

ドゴオオン

叫ぶミンク達
「キャーーッ」
「公爵様ァーー」

op209-3

引用:matome.naver.jp

イヌアラシ公爵は片腕でジャックの巨大な鼻を止める。

驚く海賊達

海賊達
「うおおいおい」
「何だあの犬ゥ~~!」

「ジャック様の攻撃に耐えた~!」

ジャック
「・・・・・・・・・」

海賊
「こんなに強ェ奴いんのかよ」
「モコモコメルヘンの国じゃねえのか!?」

「冗談じゃねェ・・・我らがボス ジャック様は新世界に知らぬ者ない大海賊」

「その首にかけられた賞金金額は・・・ “10億ベリー”だ!」

ワンピース 809話ネタバレ 画バレ (2)
引用:matome.naver.jp
海賊達
「そこそこの腕っぷしで図にのるなァ?」

ミンクたち
「えェっ!?」

ジャック
「ペラペラとうるせェ部下だ」

イヌアラシ
「・・・頼む とんだ濡れ衣だ」

ジャック
「・・・はっきり言っとこう・・・ “侍”がいれば攻撃はやめる」

「”いねェ”のは”罪”だ!」

イヌアラシ
「」(ムチャクチャだ・・・)

まともな交渉が出来ないと判断した公爵は、落ちていた剣を拾う

ジャック
「もう一つ言っとこう おれァ破壊が好きだ」

イヌアラシ
「まさに災害」

そして激しい戦闘になる
時刻は夕方6時をまわっていた

『ゴロニ”ャ~~~ゴォ』

くじらの森に響き渡る声。

ミンク
「え!?」「ネコマムシ旦那の雄叫び!」

イヌアラシは満身創痍の状態

「”夜の王”のお目覚めだ・・・ ハァ・・・」

「ハァ・・・退くぞ銃士隊」


隊士
「え!?」「共闘しないので・・・!?」

イヌアラシ
「いや 昼夜交代は有効だ・・・敵を休む間もなく攻めたてられる」

「ハァ ジャック・・・・・・ゆガラだけが話の通じぬ男だと思うな」

ジャック
「?」

「ニ”ャー」

森を駆けるミンク族の影

イヌアラシ「
どんな土地にも・・・”バカ”はいるものだ」

 

ネコマムシの旦那の登場

 

森を破って出て来る凶暴そうなネコミンク。

『ゴロニ”ャーゴォ!』

op209-4

引用:matome.naver.jp

「月が出たならわしの国じゃき! 侵入者は逃さんぜよォ!」

肩書き
【くじらの森の守護神(夜の王) ネコマムシの旦那】

海賊達を蹴散らしてまっすぐジャックに向かっていくネコマムシ。

「生きてここを出られると思うなァ~~!」

ビビる海賊
「でけェ 化け猫だァ~!」

ネコマムシはジャックの鼻を掴むとそのまま1本背負い

海賊たち
「ジャック様~~!?」

ミンク
「旦那ァ町がァ~~」

ネコマムシ
「気にすな」

「話なら聞いちゅう ワノ国の武人を探しに来たがじゃな!?」

「”侍”なぞわしが1歩も島に入れん もし入って来たら・・・真っ先に咬み殺しちゃるがじゃ」

op209-5

引用:matome.naver.jp

叫ぶネコ旦那
「わしはネコマムシ 世界の夜明けを待つ男!」

とそこでジャックが人間形態(半身シルエットだけ)に戻る。

「・・・ジャック様」

 


スポンサーリンク

 

ワンピース 810ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

ネタバレ①

ジャックVSネコマムシ

ジャックがマンモスから人型に戻る
(姿はシルエットになっている)

ネコマムシとジャックが戦い
ガーディアンズ達が
ジャックの部下達と戦う

その隙にイヌアラシ、ワンダ達は
住民達を非難させ始める

その後、戦いは昼夜を問わず
数日間続くことになる

数日後

日を増す毎にミンク族達が
戦いに優勢になっていく

この戦いに終わりが見え始めた頃、
急にミンク族達が倒れ始める

ミンク族達
「!?」

ジャックが卑劣な手段に出た
それは島に毒ガスを撒くことだった

ジャック
「ワノ国の侍がこの場所に居ないこと・・・
それがお前らの罪だ」

ミンク族の敗北で終わろうとした時、
ジャックに連絡が入る
ドフラミンゴが捕まったという

その後、ジャックは数人の部下を連れ
ゾウを後にしていく

ゾウに残ったギフターズとプレジャーズは、
シープスヘッドを頭とし、引き続き侍を探した

その後、サンジ達ぐるわらが上陸した

ナミの回想 一味たち

シープヘッドをサンジが蹴散らした後、
チョッパーが見つけたミンク族を助ける

更に毒ガスに詳しいシーザーがいた事で、
ゾウの事態は早めに収束していった

回想終わり

フランキー
「で?そのシーザーはどこなんだ?」

ナミ
「ここには居ないの」

ウソップ
「え!?じゃどこにいんだ!?」

ナミ
「今シーザーは、くじらの森の奥・・・
ネコマムシの旦那の屋敷に・・・」

一同
「」

 

ネタバレ②

ネコマムシVSジャック

ネコマムシとジャックが戦う。
人型になったジャックの右腕には斧&顎に鉄マスク。

ビビる海賊達
「ジャック様があの姿で戦うってことは・・・」
「本気ってことだ・・・!!」

「それにしてもあの猫何者だ・・・?
ジャック様の巨体を投げ飛ばすなんて尋常じゃねェ・・・!!」

とそこで飛んできた斬撃が海賊を斬りつける。

海賊
「ぎゃァアアアア!!!」

斬撃を飛ばしたのはジャックだった。

ジャック
「命令だ いま弱音を吐いたやつは頭撃って自害しろ」

「俺の部下に弱卒は要らん」

ジャックはネコマムシの旦那に向き合うと
少し離れた場所から斧を振る。
すると巨大な斬撃がネコマムシへと飛んでいく。
素早い身のこなしで斬撃を避けるも
尻尾の先を斬られるネコマムシの旦那。

「何さらしとんじゃこのガキぁ!!!」

驚く侠客団の面々
「んなっネコマムシの旦那が・・・!!」
「素早さだけならイヌアラシ公爵をも上回る・・・
ミンク族一のスピードを誇るのだぞ!!」
「あガラ一体何者だ!?」

しかし侠客団(ガーディアンズ)の面々も怯むことなく海賊に立ち向かっていく。
身体を動物に部分変化させる海賊達に手こずりつつも、エレクトロを多用してどんどん蹴散らしていくミンクたち。
日も落ち、夜になっても戦闘は止まらない。
もともと夜専門の侠客団は夜行性の動物が多く
暗闇での戦闘こそが本分。
暗くなって一層戦闘は激しくなっていく。

昼夜交代するミンクと違って戦い続きの海賊達に少しずつ疲労が見え始める。

「ハァ・・・ハァ・・・こいつらどんな体力してやがる・・・!!」
「さすがに今回はやべェぞ・・・!!」

とそこで飛んできた斬撃が海賊を斬りつける。

海賊
「ぎゃァアアアア!!!」

斬撃を飛ばしたのはジャックだった。

ジャック
「命令だ いま弱音を吐いたやつは頭撃って自害しろ」

「俺の部下に弱卒は要らん」

そう言って部下を睨むジャックの背後からネコマムシの旦那が襲い掛かる。

ネコマムシ
「よそ見しちょるが死にたいんかワレェ!!!!」

振りかぶった右足を片腕で止めるジャック。

ネコマムシ
「・・・!!」

ジャック
「舐めてんじゃねェよ・・・俺を誰だと思ってんだ・・・!!」

「俺ァ10億の男だ!!!!」

強烈な斧の一撃がネコマムシの炸裂。
倒れてしまうネコマムシ。

侠客団
「旦那ァア!!!」
「嘘だろオイ!!!」

驚きを隠せない侠客団だが、タイミング悪く一同を眠気が襲う。

「ん・・・もう朝か・・・」

カチ・・・コチ・・・カチ・・・ボーンボーン

朝6時を迎えると同時に
『ワオオオオオオオオオオン』
というイヌアラシ公爵の遠吠えが響き渡る。

海賊達
「今度はなんだってんだ一体!!」

そして現れたイヌアラシ公爵と銃士団の面々。

海賊
「また犬のアイツか!!」
「ジャック様を止めやがった犬野郎だ!!」
「畜生なんだコイツら次から次に!!」

とそこで飛んできた斬撃が海賊を斬りつける。

海賊
「ぎゃァアアアア!!!」

斬撃を飛ばしたのはジャックだった。

ジャック
「命令だ いま弱音を吐いたやつは頭撃って自害しろ」

「俺の部下に弱卒は要らん」

しかし度重なる自害とミンクの反撃で百獣海賊団は3分の1にまで減っていた。

ジャック
「やべェなさすがに・・・」

部下
「えっ!?」

ジャック
「あ”あ”っ!?」

部下
「す、すいません!!」

そしてジャックが懐から取り出したのはシーザーお手製のガス弾。

焦る部下達
「ちょちょっと待って下さいジャック様!!」
「おいお前らマスクを用意しろォ!!!」

ドンっとガス弾が爆発したところで次週へ。
新着情報入り次第随時更新予定!

・最新ワンピース強さランキングはこちら
・サンジ出生の謎とMr.プリンスとの関係性はこちら
・エースが生きている?エース考察まとめはこちら
・黒ひげの謎に迫る!黒ひげ考察まとめはこちら
・ゼフが元ロジャー海賊団?ゼフ伏線考察まとめはこちら

 

 - ・ONE PIECE