MANGA MANIA / マンガマニア

人気マンガのネタバレ画バレ!ワンピース、東京グールre、刃牙道、進撃の巨人、ダイヤのエース、ベルセルクなど!考察・ランキング・2chまとめ・感想・展開予想・議論・伏線・名言・漫画ネタバレ画バレのマンガマニア!最新情報随時更新中!!!

スクリーンショット_2017-02-08_18_32_29

ブリーチ 664話 ネタバレ&665話最新情報

      2016/12/19

ブリーチ 664話 ネタバレ 665話 画バレ 確定 最新話 速報 664665

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

・ブリーチ最新664話確定ネタバレ画バレ
665話はこちら

 

ナックル戦もいよいよ終盤?

浦原が奥の手、卍解を披露!!

完聖体になったナックルを倒せるのか?

 

ブリーチ 664話 ネタバレ 最新 確定

滅却師完聖体(クインシーフォルシュテンディッヒ)の姿になったナックル。

ナックル「1秒に48回変化する霊圧」

「・・・言い換えれば 1秒で48パターン全て喰らえるって事だ」

「つまり ・・・完聖体(フォルシュテンディッヒ)になって1秒間だけ攻撃を受け切れば 全48種感染完了(コンプリート)」

無言の浦原。

ナックル「あとの解析と免疫獲得に必要なのは時間だけだ」

懐に手を入れる浦原に対し、指を差して制止するナックル

「オット 無駄だぜ」

「そっからそいつの霊圧を更に変化させる方法もあるのかも知れねェが」

「アンタが無駄手間取らなくて済むように 親切心から俺の完聖体の性能を教えとく」

「俺の完聖体【神の毒見(ハスレイン)】は”毒の変質”に適応する」

「毒の表層がどれだけ変化しようが ベースが同じなら免疫の方を変化させて瞬時に無効化できるんだ」

「回りくどい言い方か? ・・・でも解ってんだろ」

「こっから先アンタもそいつもどれだけ霊圧を変化させようが 俺にキズ一つ負わせる事もできねェってハナシさ」

「さぁどうするよ?浦原喜助」

「・・・まさか あんたの打つ手を1から10まで潰したくらいで」

「万策尽きたって訳じゃ無ェだろう?」

ナックルが両手を天に掲げると、空中に現れた光の球から棘が伸びていく。

猛毒濃度急上昇中─!

次の瞬間、球が空中に拡がり、互いがつながって”極上毒入りボール”の表面を包んでいく。

浦原「!!!」

ナックル「そんなビックリすんなよ “念のため”さ」

「”領域(ベライヒ)”を区切った」

「俺はキツい言葉を遣うのが好きじゃなくてね・・・キツい言葉を遣う奴ってのは余裕が無く見えるだろ? 余裕のある男でいたいもんでね」

「その俺が言うぜ」

「この”猛毒領域(ギフトベライヒ)”からは “絶対脱出不可能だ”」

浦原「・・・そんなにアタシ達を逃したくないっスか」

ナックル「当たり前だろ?俺達敵同士だぜ・・・何の確認だよ 」

浦原「こう言っちゃ何ですがアナタは 忠誠心で動いてる様には見えなかったもんで・・・」

ナックル「失礼なこと言うね 忠誠心ならポメラニアンの倍ほどもあるつもりだぜ」

「・・・だが見立ては間違ってねェ 確かにそれが全てじゃ無ェ」

「俺は陛下に興味があるのさ!!」

「興味があるなんて言うと上からに聞こえるか?モチロンそんなつもりじゃ無ェ」

「現世・・・虚圏・・・尸魂界・・・」

「世界を3つも潰してその後に何かを創ろうとしてる・・・そんな人が陛下の他に居るか?」

「例えばここで陛下を逃してその次に誰がそんな奴が出てきてくれると思うか?」

「浦原喜助・・・あんたは物知りだ この世の全てを見てきたってカオしてる」

「そのあんたが・・・思わねえのか!?」

「3つの世界を潰した後に 陛下が何を創るのか・・・それを見たいと思わねえのかよ?」

一瞬で懐に踏み込むと同時に斬魄刀を振るう浦原。

ナックルはそれをかわすと一旦距離を取る。

ナックル「まだそんなスピードで動けんのかよ この猛毒領域の中で大したもんだ」

浦原「・・・思わないっスね」

ナックル「さっきの返事かよ?そりゃ残念だな・・・アンタはてっきりコッチ側だと思ってたんだが」

浦原「涅隊長ならあるいは・・・新しい何かを見たいと言ったかも知れません」

ナックル「涅マユリか」

浦原「だけどそれでもユーハバッハの創ったものを見たい訳じゃないんス」

「誰も見たことのないものを創るなら自分の手でそれが科学者ってもんス」

嬉しそうに笑うナックル。

ナックル「・・・成程ね嫌いじゃねェぜその答え」

「それでも俺は陛下の方を見たいけどな!」

ナックルがチャラチャラつけてた光の腕輪を天に掲げると、その輪が広がる。

ナックル「”猛毒の指輪(ギフトリング)”」

拡がった輪を浦原に投げつけるナックル。
しかし輪が途中で消える。

浦原(消えた─!?)

次の瞬間、浦原の右目にあの輪が突き刺さり、血が噴き出す。

スポンサーリンク

20160225153828c2a-1

浦原「ぐ・・・ッ」

ナックル「”猛毒の指輪(ギフトリング)”はとんでもなく強くて【致死量】がロクに効かないヤバい奴に使うんだ」

「効果は」

「【致死量】の効果を一点に集中させて ピアッシングした敵の”部位”をピンポイントで”即死”させる」

「致死量を下げてもダメ 手段を全部消してもダメ アンタが強すぎるから悪いんだぜ 」

「それなら 死んで貰うしか手が無ェんだ・・・五臓六腑軒並み潰して・・・」

浦原「・・・仕方ないっスね」

ナックル「?」

浦原「卍解」

「観音開紅姫改メ(かんのんびらきべにひめあらため)」

卍解!! そして押し開く勝利の扉・・・!!

以下665話へ続く


スポンサーリンク

 

 

ブリーチ 665話ネタバレ情報まとめ(未確定予想含む)

以下未確定情報です。

ナックル「・・・あんたも卍解使えたのかよ」

「陛下からの情報にゃなかったぜ・・・」

浦原「でしょうね たぶん数百年ぶりっスから」

浦原の背後に控える”紅姫”はよく見ると菩薩像のように腕や関節部分に切れこみが。

浦原「普門示現 迦樓羅身(ふもんじげん かるらしん)」

そう唱えると同時に紅姫の姿が変化していく。
仮面が現れ、人間というより虚のような容姿へと変化する。

ナックル「さっきの姉ちゃんのままで良かったろ・・・」

浦原「”この姿じゃないと”ダメなんスよ」

そう言って斬魄刀を振るう浦原。
その動きに合わせるように紅姫も腕を振るい、巨大な斬撃がナックルめがけて飛んでいく。

不穏な気配を感じたナックルは斬撃を避けるが、腕に少し掠めてしまう。
血が垂れていく様子に驚くナックル。

ナックル(・・・浦原の霊圧じゃオレにダメージは与えられないはずだが・・・)

(・・・この霊圧はなんだ・・・?)

さらに矢継ぎ早に斬撃を放つ浦原。

全ての攻撃を避けるが、始めにかすめた傷口からはまだ血が流れ出していた。

ナックル(・・・免疫が”対応”してねェってのか・・・?)

浦原「縛道の六十三 “鎖条鎖縛”!!」

紅姫から伸びた鎖がナックルの体を捉える

ナックル(動かねェ・・・!いったいどういう・・・)

浦原「・・・訳が分からないって顔してますねぇ・・・」

ナックル「・・・そりゃそうだろうよ!・・・おれの免疫でこんなチャチな鎖なんかすぐほどけるはずだってのに!」

「・・・それにアンタの攻撃・・・なんで俺の身体にダメージが・・・? 死神の霊圧じゃ俺にかすり傷一つできないはずだぜ!」

浦原「・・・この姿を見てもまだ分からないっスか?」

そう言われ紅姫を改めてまじまじと見るナックル。

ナックル(・・・あの仮面・・・確か情報にあった・・・)

侵影薬を飲んだ日番谷や狛村の姿を思い出すナックル。

ナックル「その仮面・・・虚か・・・!」

浦原「ご名答」

「普門示現は自在に姿形を変える技なんス」

ナックル「・・・筋が通らねえな・・・
いくら姿を変えようと元はアンタの霊圧」

「多少霊圧が変化しようが 完聖体(フォルシュテンディッヒ)になったオレの免疫はすぐに対応する」

浦原「・・・言った通りっスよ」

「普門示現は自由に姿を変えることができるんス もちろん構成する霊圧から何から全てをね」

ナックル「・・・霊圧・・・」

浦原「そう・・・
その傷を負わせたのは僕の霊圧じゃない
紅姫の変化した虚の霊圧なんス」

「いくらアナタの免疫が優れていようと・・・虚に対する免疫はないはずです」

「その事実こそが“滅却師”たるアイデンティティーの根源ですから・・・」

ナックル「・・・霊圧を根本変えるって・・・そりゃインチキだろうが」

浦原「僕からすれば万能免疫の方がインチキですけどね」

「さて・・・・・・」

「夜一サンたちはあまり時間がないんでお喋りはこの辺で」

そう言って斬魄刀を構え直す浦原。

ナックル「オレの免疫すら超えて来るなんてな・・・・・・」

浦原「衆生、困厄を被りて 無量の苦、身に逼らんに」

「観音の妙智の力は、能く世間の苦を救う」

広く智の方便を修して、十方の諸(もろもろ)の国土に 刹として身を現ぜざることなし」

「種々の諸の悪趣 地獄・鬼・畜生。生・老・病・死の苦は、以て漸く悉く滅せしむ」

ナックル「・・・致命的だぜ・・・」

浦原の一撃がナックルを貫く。

665話はこちら

・ブリーチ可愛いキャラランキングはこちら
・ブリーチ斬魄刀ランキングはこちら
・ブリーチ ラスボスは誰?考察はこちら

 - ・BLEACH